無料ブログはココログ

« 米国・アラスカ州(ノータック国立保護区付近)でマグニチュード5.6の大きな地震が発生 | トップページ | 中国・青海省玉樹チベット族自治州雑多県(杂多県)付近で地震が発生 »

2014年5月 5日 (月)

伊豆大島近海でマグニチュード6.2の非常に大きな地震が発生

下記のとおり(速報値)。

 震源時 2014-05-05 05:18:23
 震央緯度 35.0N
 震央経度 139.6E
 震源深さ 172.5km
 マグニチュード 6.7
 http://www.hinet.bosai.go.jp/AQUA/aqua_eq.php?LANG=ja

[追記:2014年5月5日5:40]

気象庁はマグニチュード6.2とし,USGSはマグニチュード5.8としているので,タイトルを修正した。

 平成26年05月05日05時31分 気象庁発表
 05日05時18分頃発生
 震源地は伊豆大島近海(北緯35.0度、東経139.4度)
 震源の深さは約160km
 マグニチュードは6.2
 http://www.jma.go.jp/jp/quake/3/20140505053129395-050518.html

 M5.8 - 22km ESE of Ito, Japan
 2014-05-04 20:18:25 UTC
 Location 34.895°N 139.317°E depth=155.8km (96.8mi)
 Nearby Cities
        22km (14mi) ESE of Ito, Japan
        31km (19mi) SE of Atami, Japan
        36km (22mi) SE of Yugawara, Japan
        38km (24mi) SW of Miura, Japan
        94km (58mi) SSW of Tokyo, Japan
 http://earthquake.usgs.gov/earthquakes/eventpage/usb000q9sv

※ これまでずっと観察してきた結果によると,マグニチュード6以上の大きな地震になると観察結果が粗雑になり,大きな誤差が生ずる傾向があるようだ。おそらく,システム全体が,非常に大きな地震の発生を予定しておらず,微細な地震の事前キャッチを主眼とするもののために生じている重大かつ地名的な欠陥の1つだと考える。日本中どこでもいつでもマグニチュード8以上の大きな地震がおき,地表部がほぼ完全に破壊されるような事態が発生する可能性を前提にシステム設計がなされなければならない。

[追記:2014年5月5日6:54]

hi-netは,マグニチュード6.3としている。

 震源地 相模灘
 震源時 2014/05/05 05:18:26.46
 震央緯度 34.961N
 震央経度 139.446E
 震源深さ 151.0km  
 マグニチュード 6.3
 http://www.hinet.bosai.go.jp/?LANG=ja

« 米国・アラスカ州(ノータック国立保護区付近)でマグニチュード5.6の大きな地震が発生 | トップページ | 中国・青海省玉樹チベット族自治州雑多県(杂多県)付近で地震が発生 »

自然災害」カテゴリの記事

地震」カテゴリの記事

危機管理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆大島近海でマグニチュード6.2の非常に大きな地震が発生:

« 米国・アラスカ州(ノータック国立保護区付近)でマグニチュード5.6の大きな地震が発生 | トップページ | 中国・青海省玉樹チベット族自治州雑多県(杂多県)付近で地震が発生 »

最近のトラックバック

2023年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31