無料ブログはココログ

« 台湾・埔里鎮付近で地震が発生 | トップページ | インド洋・アンダマンニコバル西方海域でマグニチュード5.1の大きな地震が発生 »

2014年4月 2日 (水)

長野県・御嶽山東方で地震が発生

下記のとおり。

 平成26年04月02日05時03分 気象庁発表
 02日04時59分頃発生
 震源地は長野県南部(北緯35.9度、東経137.7度)
 震源の深さは約10km
 マグニチュードは3.5
 http://www.jma.go.jp/jp/quake/3/20140402050312395-020459.html

 震源地 長野県西部
 震源時 2014/04/02 04:59:28.21
 震央緯度 35.864N
 震央経度 137.643E
 震源深さ 7.9km
 マグニチュード 3.3
 http://www.hinet.bosai.go.jp/?LANG=ja

※ 震源地の近くに「三岳」という地域がある。「御岳」は元は「三岳」で,古代の安曇氏が皇祖三神の御神体として祀ったところに始まっているのかもしれない。近隣に王滝村がある。これは隠し字で,本来の意味は「龍王」だったと思われる。日本の地名で「滝」とあるところの中には,海神である龍王の隠し字であるところが非常に多い。「さんずい」は海と関係することを意味しており,古代の海神すなわち海軍とその陸戦隊を主体とし,軍屯田により領地を獲得・拡張することを任務とする強力な軍事氏族であることを示していると考えられる。この地域では,安曇氏がそれに該当する。おそらく,須弥山を求め,天龍川,木曽川等を上り,伊那や諏訪などで軍屯田を重ねながらこの地まで至ったのだろう。王滝村にある御岳神社里宮では,国常立尊,大己貴命,少彦名命の三神を祭神として祭っている。真の祖神はこの三男神だったと考えるのが妥当で,もしかすると少彦名命は巫女の仮面をかぶり,鈴鏡をかざす神事をとりおこないながら邑人に農耕や工芸の技術を伝授し,女神としてもふるまうことがあったのかもしれないと考えるようになった。すなわち,文化・社会面(民政)を担当する氏族となる。そうなると,国常立尊が大王であることは言うまでもないとして,大己貴命が軍事・政治面を担当する氏族であったという仮説が成立し得るのではないかとも考えられる。神紋は,「入り山形に丸に三つ引」。これは,三神の龍神の山であることを示すものと思われる。源氏系の武士の家紋に多いとされているが,清和源氏は「笹(竹)に龍胆」でやはり龍神を含意する紋章を用いている。いずれも海神(海の軍神)である龍神を祖とするという趣旨だろう。雷神もほど同義と思われる。日本国の法学界における基本的な区分すなわち公法と私法との区別は,このような非常に古い伝統に根ざすもので,それぞれの関連学会を現在でも支配しているのは古代氏族の子孫である人々だと考えるべき余地がある。日本が完全に民主主義の国家となるためには,公法・私法という観念を抹消し消滅させる必要があるかもしれないのだが,それは無理なので,今後何千年経っても基本的な部分に変化が生ずることはない。

[追記:2014年5月23日11:52]

引き続き地震が発生している。

 平成26年05月23日11時01分 気象庁発表
 23日10時57分頃発生
 震源地は長野県南部(北緯35.9度、東経137.7度)
 震源の深さは約10km
 マグニチュードは2.5
 http://www.jma.go.jp/jp/quake/3/20140523110106395-231057.html

[追記:2014年5月24日12:05]

引き続き地震が発生している。

 平成26年05月24日03時37分 気象庁発表
 24日03時33分頃発生
 震源地は長野県南部(北緯35.9度、東経137.7度)
 震源の深さはごく浅い
 マグニチュードは2.3
 http://www.jma.go.jp/jp/quake/3/20140524033729395-240333.html

[追記:2014年7月22日8:46]

引き続き地震が発生している。

 平成26年07月22日01時02分 気象庁発表
 22日00時58分頃発生
 震源地は長野県南部(北緯36.0度、東経137.8度)
 震源の深さはごく浅い
 マグニチュードは3.9
 http://www.jma.go.jp/jp/quake/3/20140722010221395-220058.html

[追記:2014年7月26日5:52]

引き続き地震が発生している。

 平成26年07月26日04時31分 気象庁発表
 26日04時28分頃発生
 震源地は長野県南部(北緯36.0度、東経137.8度)
 震源の深さはごく浅い
 マグニチュードは3.3
 http://www.jma.go.jp/jp/quake/3/20140726043137395-260428.html

 平成26年07月26日05時05分 気象庁発表
 26日05時02分頃発生
 震源地は長野県南部(北緯36.0度、東経137.7度)
 震源の深さはごく浅い
 マグニチュードは2.4
 http://www.jma.go.jp/jp/quake/3/20140726050535395-260502.html

[追記:2014年9月25日6:00]

引き続き地震が発生している。

 平成26年09月23日20時08分 気象庁発表
 23日20時05分頃発生
 震源地は長野県南部(北緯35.8度、東経137.7度)
 震源の深さはごく浅い
 マグニチュードは2.2
 http://www.jma.go.jp/jp/quake/3/20140923200834395-232005.html

« 台湾・埔里鎮付近で地震が発生 | トップページ | インド洋・アンダマンニコバル西方海域でマグニチュード5.1の大きな地震が発生 »

自然災害」カテゴリの記事

地震」カテゴリの記事

危機管理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長野県・御嶽山東方で地震が発生:

« 台湾・埔里鎮付近で地震が発生 | トップページ | インド洋・アンダマンニコバル西方海域でマグニチュード5.1の大きな地震が発生 »

最近のトラックバック

2023年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31