無料ブログはココログ

« 北大西洋をまたがって連携する巨大低気圧 | トップページ | イラン・ザーボル付近で地震が発生 »

2014年2月16日 (日)

愛媛県・松山市沖で地震が発生

下記のとおり。

 平成26年02月15日22時11分 気象庁発表
 15日22時07分頃発生
 震源地は安芸灘(北緯34.1度、東経132.7度)
 震源の深さは約40km
 マグニチュードは3.1
 http://www.jma.go.jp/jp/quake/5/20140215221133495-152207.html

※ 緯度・経度から計算すると,斎灘付近が震源地となる。

※ 古代の忌部氏と関係すると思われる地名が非常に多い。隋書に記録のある「秦王国」はこのあたりにあったのだろうか?
呉市が近くにあり,古代の呉(三国時代)からやってきた人々が住んだのでこのような地名になったとの説がある。仮にこの説が正しいとして,呉の鏡工人は,邪馬台国時代の東征の後,大和に移動し,田原本町にある鏡作神社付近(孝霊天皇の宮伝承地)で鏡の製造に従事したのではないかと想像したりする。このことは,2月6日に公表した「阿可利薬」の中でも触れた。

[追記:2014年4月1日8:21]

引き続き地震が発生している。

 平成26年04月01日04時47分 気象庁発表
 01日04時43分頃発生
 震源地は安芸灘(北緯34.1度、東経132.9度)
 震源の深さは約40km
 マグニチュードは3.0
 http://www.jma.go.jp/jp/quake/5/20140401044734495-010443.html

※ 「諏訪ノ鼻」など安曇氏との関連を示す地名がある。忌部氏と同族と考えられる。

« 北大西洋をまたがって連携する巨大低気圧 | トップページ | イラン・ザーボル付近で地震が発生 »

自然災害」カテゴリの記事

地震」カテゴリの記事

危機管理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛媛県・松山市沖で地震が発生:

« 北大西洋をまたがって連携する巨大低気圧 | トップページ | イラン・ザーボル付近で地震が発生 »

最近のトラックバック

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31