無料ブログはココログ

« WHO:大気汚染が癌を誘発するとの見解を公表 | トップページ | 三陸沖で地震が発生 »

2013年10月18日 (金)

チリ・ボリビア国境地帯(イルプトゥンク(Irruputuncu)火山西方)で地震が発生

下記のとおり。

 Magnitude ML 4.0
 Region TARAPACA, CHILE
 Date time 2013-10-17 16:08:35.0 UTC
 Location 20.83 S ; 68.92 W
 Depth 100 km
 Distances 431 km SW of Sucre, Bolivia / pop: 224,838 / local time: 12:08:35.0 2013-10-17
        144 km SE of Iquique, Chile / pop: 227,499 / local time: 13:08:35.0 2013-10-17 
 http://www.emsc-csem.org/Earthquake/earthquake.php?id=339591

[追記:2013年10月23日22:08]

引き続き地震が発生している。

 Magnitude mb 4.3
 Region TARAPACA, CHILE
 Date time 2013-10-23 09:32:38.0 UTC
 Location 20.74 S ; 68.85 W
 Depth 104 km
 Distances 420 km SW of Sucre, Bolivia / pop: 224,838 / local time: 05:32:38.0 2013-10-23
        147 km SE of Iquique, Chile / pop: 227,499 / local time: 06:32:38.0 2013-10-23 
 http://www.emsc-csem.org/Earthquake/earthquake.php?id=340442

« WHO:大気汚染が癌を誘発するとの見解を公表 | トップページ | 三陸沖で地震が発生 »

自然災害」カテゴリの記事

地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« WHO:大気汚染が癌を誘発するとの見解を公表 | トップページ | 三陸沖で地震が発生 »

最近のトラックバック

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31