無料ブログはココログ

« 大阪府・豊能郡能勢町付近で地震が発生 | トップページ | 世界最大の火山Tamu Massifが太平洋の深海に存在することが発見された »

2013年9月 6日 (金)

火山活動のメカニズムに関する新学説

下記の記事が出ている。

 New model of Earth's interior reveals clues to hotspot volcanoes
 UC Berkeley News Center: September 5, 2013
 http://newscenter.berkeley.edu/2013/09/05/hotspot-volcanoes/

(余談)

仮にこの学説が正しいと仮定して,そのホットスポットを発見する方法は比較的簡単ではないかと思う。要するに,重力異常の分布を調べればよいのだ。従来のプレート理論だけを前提とした探査とは異なる。

« 大阪府・豊能郡能勢町付近で地震が発生 | トップページ | 世界最大の火山Tamu Massifが太平洋の深海に存在することが発見された »

自然災害」カテゴリの記事

火山」カテゴリの記事

学問」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 火山活動のメカニズムに関する新学説:

« 大阪府・豊能郡能勢町付近で地震が発生 | トップページ | 世界最大の火山Tamu Massifが太平洋の深海に存在することが発見された »

最近のトラックバック

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31