無料ブログはココログ

« 根室半島沖でマグニチュード5.2の大きな地震が発生 | トップページ | 京都府・綴喜郡井手町で地震が発生 »

2013年1月24日 (木)

野生のオオカミはどうしてイヌになることができたのか?

下記の記事が出ている。

 Learning to love grains, potatoes was key to the evolution of dogs
 Washington Post: January 24, 2013
 http://www.washingtonpost.com/national/health-science/learning-to-love-cereal-was-key-to-the-evolution-of-dogs/2013/01/23/30c47500-6510-11e2-85f5-a8a9228e55e7_story.html

要するに,人間が与えるものを食べて生きることのできるグループだけがイヌとして人間と一緒に暮らすことができるようになったということらしい。

野生のオオカミは,新鮮な肉でなければ食べない。そして,それなしには生きることができない。

なお,遺伝子上では,野生のオオカミとイヌとを明確に分けることはできないのではないかと思う。一つの大きなグループに属する動物として理解するしかない。

« 根室半島沖でマグニチュード5.2の大きな地震が発生 | トップページ | 京都府・綴喜郡井手町で地震が発生 »

生物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野生のオオカミはどうしてイヌになることができたのか?:

« 根室半島沖でマグニチュード5.2の大きな地震が発生 | トップページ | 京都府・綴喜郡井手町で地震が発生 »

最近のトラックバック

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31