無料ブログはココログ

« イタリア南端・モローキオ付近で地震が発生 | トップページ | 中国・新疆ウイグル自治区(クチャ付近)で地震が発生 »

2012年8月29日 (水)

北極の海氷面積が減少

下記の記事が出ている。

 北極の海氷面積、観測史上最小更新する勢い 米研究所
 AFP BB: 2012年08月22日
 http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2896501/9393466

 北極の海氷面積が過去最小に、今後数週でさらに減少へ
 REUTERS: 2012年08月28日
 http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE87R03P20120828

地球温暖化のせいだとする見解が多い。

しかし,CO2による温室効果説は,北極の温度が著しく低下しているために過冷却によってオゾン層が広範囲にわたり破壊されているとの観測結果と根本的に矛盾している。

私は,大西洋中央海嶺の活動が活発となり,それにより噴出するプルームやアイスランドの火山噴火活動などを含め,莫大な量の高熱が海水中に放出され続けていることに原因を求めるほうが妥当ではないかと思っている。

そうであるとすれば,異常気象もさることながら,大規模地殻変動に伴う巨大地震及び巨大津波の発生可能性が高くなっているかもしれないということ,また,火山の噴火活動が活発になった場合には噴出するガスによるオゾン層の破壊及び噴煙により太陽光が遮断される結果としての寒冷化が進行すること(海底火山の場合には広範囲にわたる海洋汚染と水中生物の絶滅)に注意を向けたほうが,防災上は適切な判断ではないかと考える。

これまで,原子力発電がらみの国際決済等をCO2排出権取引で計算上チャラにしてしまうというスキームでやろうとしてきた人々にはダメージの大きな意見かもしれない。

しかし,科学者は真実を探求し続けるべきだと思う。

[追記:2012年12月27日]

関連記事を追加する。

 Does Melting Ice Cause Volcanic Eruptions?
 Red Orbit: December 19, 2012
 http://www.redorbit.com/news/science/1112751663/global-warming-melting-ice-volcano-eruptions-121912/

« イタリア南端・モローキオ付近で地震が発生 | トップページ | 中国・新疆ウイグル自治区(クチャ付近)で地震が発生 »

自然災害」カテゴリの記事

地震」カテゴリの記事

火山」カテゴリの記事

危機管理」カテゴリの記事

温暖化」カテゴリの記事

寒冷化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北極の海氷面積が減少:

« イタリア南端・モローキオ付近で地震が発生 | トップページ | 中国・新疆ウイグル自治区(クチャ付近)で地震が発生 »

最近のトラックバック

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31