無料ブログはココログ

« パプアニューギニア・ニューアイルランド島付近でマグニチュード6.3の非常に大きな地震が発生 | トップページ | ニュージーランド・トンガリロ(Tongariro)火山の活動が活発化 »

2012年8月 2日 (木)

米国西海岸(オレゴン州など)で大地震が50年以内に発生する確率は40パーセント

下記の記事が出ている。

 米西海岸を襲う大地震、今後50年の発生確率は40% 米研究
 AFP BB: 2012年08月02日
 http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2892942/9320367

私は,確率で表現することを余り好まないが,オレゴン州で大地震が発生する可能性があることは確かだと思う。

それがいつになるのかについてはわからないが,過去ずっとマグニチュード5クラスの地震がオレゴン州の沖合いで起きていることは事実だ。地殻変動が大規模に発生しているのだろうと推定される。


[このブログ内の関連記事]

 米国・オレゴン州沖の海底火山に噴火の兆候
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/natural_disaster/2012/06/post-fc01.html

« パプアニューギニア・ニューアイルランド島付近でマグニチュード6.3の非常に大きな地震が発生 | トップページ | ニュージーランド・トンガリロ(Tongariro)火山の活動が活発化 »

自然災害」カテゴリの記事

地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« パプアニューギニア・ニューアイルランド島付近でマグニチュード6.3の非常に大きな地震が発生 | トップページ | ニュージーランド・トンガリロ(Tongariro)火山の活動が活発化 »

最近のトラックバック

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31