無料ブログはココログ

« 茨城県沖でマグニチュード6.2の非常に大きな地震が発生 | トップページ | 南太平洋・チリ西方沖でマグニチュード5.1の大きな地震が発生 »

2012年2月14日 (火)

福島第一原発直下に断層?

下記の記事が出ている。

 原発直下で地震の恐れも 深部から水供給
 産経ニュース: 2012.2.14
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120214/dst12021420240016-n1.htm

 Stricken Fukushima nuclear plant at dire risk of massive new earthquake, scientists warn
 Daily Mail: 14th February 2012
 http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2100901/Stricken-Fukushima-Daiichi-nuclear-plant-dire-risk-massive-new-earthquake-scientists-warn.html

直下に断層があることは過去においてくどいくらい指摘されてきたことだし,私も指摘してきた。

認めなかったのは,超有名大学の著名教授達,福島地裁の裁判官,東電の役員達などだけだ。簡単に言えば,無知だったのだ。

全員,責任をとり,それなりの生き方(または死に方)をすべきだと思う。

結局のところ,対処の方法としては,私見しかない。

つまり,半径数キロ,高さ200~300メートルの人工の山を築いて埋めてしまい,周囲20~30キロは今後何百年かの間,完全武装した自衛隊が守り,誰ひとり立ち入ることのないように守るしかない。

他の原発も全部同じだ。

・・・とまあ,過激なことを書いても誰も本気にはしないだろう。

最悪の事態が発生し,いやでも事実を認めざるを得なくなるまではずっとそうなのに違いない。

ただし,そのときには何十万人~何百万人もの人々が更に汚染されていることだろう。

« 茨城県沖でマグニチュード6.2の非常に大きな地震が発生 | トップページ | 南太平洋・チリ西方沖でマグニチュード5.1の大きな地震が発生 »

危機管理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島第一原発直下に断層?:

« 茨城県沖でマグニチュード6.2の非常に大きな地震が発生 | トップページ | 南太平洋・チリ西方沖でマグニチュード5.1の大きな地震が発生 »

最近のトラックバック

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31