無料ブログはココログ

« フィリピン・サマール島(ボロンガン東方沖)で地震が発生 | トップページ | ドイツ・マルル付近で地震が発生 »

2011年12月 2日 (金)

カタツムリ

夕飯を食べながらテレビを観ていたら,ギネスブック世界記録を競う番組をやっていた。

その中で,生きたカタツムリを顔に乗せ,10を数える間に落ちないで残っているカタツムリの数を競う記録というものがあった。

これは危険だ。

テレビで放映されたものは,寄生虫がつかないように特別の方法で増殖された個体と思われる。食用のエスカルゴなどは全てそのようにして厳重な衛生管理の下で人工的に増殖されたものだけだ。

しかし,テレビの視聴者は専門家ではない。

野生のカタツムリをつかまえてきてマネをする者があるかもしれない。

日本のカタツムリの仲間(陸生貝類)には広東住血線虫などの寄生虫が寄生していることがあり,人間に移った場合,とんでもない健康被害をもたらす危険性がある。

このような番組では,危険性のあるものについてはそれなりにしっかりした注意喚起をしながら放映してもらいたいものだ。

« フィリピン・サマール島(ボロンガン東方沖)で地震が発生 | トップページ | ドイツ・マルル付近で地震が発生 »

生物」カテゴリの記事

危機管理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カタツムリ:

« フィリピン・サマール島(ボロンガン東方沖)で地震が発生 | トップページ | ドイツ・マルル付近で地震が発生 »

最近のトラックバック

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31