2021年10月16日 (土曜日)

Jakob Lindbergのリュート曲集

仕事に疲れたので途中でやめた。続きはあとまわし。残念なことだが,加齢による劣化が著しい。

例によって,廉価版ワインを楽しみながらCDの音楽を聴いた。

今晩は,届いたばかりのJakob Lindberg演奏によるリュート曲集(BIS-2055)。

様々な曲が収録されており,毎度おなじみの曲も収録されている。

どの曲を聴いても,解釈が堅実で,音色がとても美しい素晴らしい名演だと思う。そして,超名人芸だと言える。

このCDに収録されている曲の中では,作者不詳の「Hence to me Molly Gray」という曲に特別に好奇心が湧いた。

短い曲なのだが,私の個人的な趣味の問題としては,かなり気になる曲だ。現代の曲としても通るのではなかろうか?

 

 

| | コメント (0)

2021年10月15日 (金曜日)

オイストラフ演奏によるフランクのヴァイオリンソナタ

1959年の録音のもので,録音それ自体は必ずしも良いものとは言えないのだが,仕事に疲れたので途中でやめ,オイストラフのヴァイオリン独奏・ヤンポリスキーのピアノ演奏によるフランクのヴァイオリン・ソナタのCD(DHR-7950)を聴いた。私の好きな楽曲の1つだ。

パリにおける演奏会のライブ録音とのことで,放送の際に吹き込まれたものと思われるナレーションの一部も収録されている。美しい発音だと思う。

演奏は,とても情熱的なもので,ヴァイオリンの音色は,オイストラフ独特のとても美しいものだ。ボーイングとアーティキュレーションがとても美しい。ピアノも秀逸と言える。ピアノだけの部分の感情のこめかたが極めて自然かつ情熱的な演奏だと言える。押し殺しているけれども自然に滲み出てくる情熱とでも言うべきか・・・

(当然のことながら)個人の趣味によって評価は異なるだろうけれども,私にとっては感銘を受ける演奏だった。

特に第3楽章は素晴らしい。

他にも別の演奏家による素晴らしい名演がいくらでもある。

しかし,私にとっては納得度の高い演奏の1つだと言える。

 

| | コメント (0)

2021年10月 5日 (火曜日)

シェリングのバッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ」

いわずと知れた名曲中の名曲であり,シェリングの演奏は名盤中の名盤。モノラル版のCDを聴いた。

最初のほうには若干のノイズが残存しておりちょっと残念な感じはするけれども,演奏それ自体は定評のある素晴らしいものだ。

感銘を受ける。まさに名盤。

若い頃,この楽曲の譜面を徹底的に研究し,実際に演奏してみたこともあるので,この曲を普通に演奏することがいかに難しいかをよく知っている。聴き手に感銘を与えるような演奏は稀有というべきだろう。

他にも名演と呼ばれる録音がいくつかあり,まだ保有していないものが幾つかあったので注文した。

今回の分析検討は,趣味としての楽しみの面もあるが,基本的には新たな研究のための素材収集の一部だ。

これまで,私は,困難な仕事であればあるほど,それを自分の趣味としてしまうというやり方でその困難を乗り越えてきた。それが趣味であれば,研究を続ける努力を苦痛に感じることがない。

そして,今やろうとしていることは,創造性や意欲のない者にとっては全く理解できないものだろうと思う。

だからこそ,やるだけの価値がある。

私以外のほぼ全ての人々が無関心であるか,または,それがどのような意味をもつのか全く理解できない状態が続けば続くほど,時間の経過と共に,凡人の一員に過ぎないこの私でさえ,相対的優位を築くことができる。

特に,ステレオタイプのような狭いカテゴリの中しか知らない者との関係においては,極めて簡単に蹴落とせるようになれる。

ただし,一定のリスクは伴う。

そのリスクを他人に負わせるわけにはいかないので,私一人だけが負う。

| | コメント (0)

2021年10月 3日 (日曜日)

シューマン:ピアノ五重奏曲・作品44

仕事や私事やらで若干疲れた。

切り上げて,じっくりと音楽鑑賞。

若い頃には様々な楽曲を自分でも演奏したのだったが,長年演奏からは離れており,練習もしていなかった。そして,加齢による劣化。もう演奏不可能に近い状態となってしまった。それゆえ,ひたすらCDを聴くのみ。

大好きなヤン・パネンカ(ピアノ)+スメタナ四重奏団による演奏。とはいっても1986年録音のもので(DENON COCO-70741),もっと若い頃の演奏のようなグイグイと引っ張っていくような猛烈なエネルギーのある演奏ではない。しかし,これはこれで落ち着いて聴ける非常に優れた名演だと思う。

この曲の第2楽章は,何となく葬送曲のような雰囲気をもっているが,第1楽章は,おおらかで,何となく晴れがましく颯爽としており,しかも,心の底から微妙に温もりのようなものが湧き上がってくる不思議な曲だ。第3楽章と第4楽章は,演奏者にとっての楽しみの楽曲だろうと思う。心の通う仲間でこの曲を自由自在に演奏することができたら,きっと無上の喜びを味わうことができるのに違いない。クララもそのように感じながらこの曲を繰り返し演奏したのではないか・・・などと空想することがある。そして,ブラームスのヴァイオリン協奏曲の第3楽章にはシューマンのピアノ五重奏曲へのオマージュが含まれていると勝手に理解している。

この曲には名盤と呼ばれる録音が多数あり,私も複数のLPとCDをもっている。世間で名盤と評価されているものは,本当にどれも優れた演奏ばかりで,素晴らしい。とはいえ,残念ながら,事情があってLPプレーヤを廃棄してしまったのでLPのものを聴くことができない状態となってしまった。

同じCDにはドヴォルザークのピアノ五重奏曲(第2番)イ長調の演奏が収録されている。とても美しい曲だ。チェロの旋律が特に美しく,涙が出そうになる。ドヴォルザークほどチェロを美しく歌わせることに長けた作曲家はそうそういないのではないかと思う。そして,第4楽章は,シューマンとメンデルスゾーンへのオマージュに満ちている。

ヤン・パネンカとスメタナ四重奏団がこれらの曲を深く敬愛しているということがよくわかる素晴らしい演奏だと思う。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2021年10月 2日 (土曜日)

ドヴォルザーク:チェロ協奏曲

あまりにも有名な曲であり,凄い名盤が山ほどある曲。

あとは個人の趣味の問題なので,自分の好きな演奏を愛聴すれば良いと思う。

仕事に集中して疲れたので,脳組織が破綻する前に今日の仕事を終わりにし,最近ハマっているギリシア産の廉価版ワインを口にしながら,フルニエのチェロ独奏,ジョージ・セル指揮・ベルリンフィルの演奏による名盤中の名盤と言われるCDを聴いた。

ドヴォルザークの「Lasst mich allen」Op.82 No.1 」の旋律を変形して挿入したものとされているフレーズが切ない。そこが良いのだろう。過去の非常に多くの人々が同じ思いを抱き,この曲の素晴らしさを理解したのだ。

この曲の演奏に関しては,カザルスの演奏を最上とする意見が多い。残念ながら,私はそのLPもCDももっていなかったので,Amazonで探して注文した。明日か明後日には届いていることだろう。

それはそれとして,フルニエの演奏は,本当に美しい。人間の心の機微というものを真にわかっており,かつ,それを音として表現できる超越的な技能をもつとんでもなく優れた演奏家なのだろうと思う。

ワイングラスに口をつけながら,2回聴いた。

やはり泣けてくる。

これが名演中の名演の1つでないわけがない。

| | コメント (0)

2021年10月 1日 (金曜日)

ニキタ・マガロフ:ショパン 24の前奏曲とピアノソナタ第3番

今日は別の予定があったのだけれども荒天のため中止し,自宅のPCに向かってひたすら仕事をしていた。

疲れたので,ニキタ・マガロフの1991年の江戸川区総合文化センターにおける演奏を収録したCD(DENON COCO-70531)を聴いた。

どの曲の演奏も納得度の高い名演だと思う。前奏曲集の中では,個人的には,前奏曲第15番変ニ長調「雨だれ」と第17番変イ長調の演奏が良いと思った。

ピアノソナタ第3番に関しては,著名な現代ピアニストのLPとCDをだいたい全部もっていたのだが,LPプレーヤーを廃棄してしまったし,事情があって場所的余裕が全くないので,LPプレーヤーを新たに買うこともできない。CDにしても同じで,現在使用しているものはとても小さなミニコンポだ。そもそも,同じ事情により,簡単に取り出せない場所にLPを収納してしまったので,そのジャケットを眺めることさえできない。

そういうわけでLPでもっているものの聞き比べができないのが残念なのだけれども,直観的な印象としては,このCDに収録されているニキタ・マガロフの弾くソナタ第3番は,聴き手の趣味によってかなり左右されることであるとは思うけれども,テンポの揺らし方が非常に自然で納得度が高く,全体として音の厚みのような印象を受ける名演だと思った。第3楽章は,すこぶる美しい。第4楽章は,エネルギーに満ちている。

ニキタ・マガロフの別のCDでも同じような音の厚みのような印象を受ける。フォルテのところでも全ての指の打鍵タイミングと打鍵力とが完全に斉一になっているためにそのように聴こえ,和音の重厚さが増しているのではないかと勝手に想像した。

あくまでも一般論だが,仮に演奏テクニックが完璧であっても,しっかりとした感性と構想力をもっているピアニストでなければこのような素晴らしい演奏を期待できない。ニキタ・マガロフの弾くショパンのピアノソナタに関しては別の機会に録音したCDがあるということを知り,探してみたところ安価でどうにか入手できそうだったので注文した。ただし,まだ届いていない。

ショパンの作品は,弾き手によってかなり異なる印象を受けることがある。そういうものなのだろうと思う。

どのピアニストの演奏を好むかは100%聴き手の自由なので,誰か偉そうな評論家が決めることではない。

私が一番好きな演奏スタイルは,アルトゥール・ルービンシュタインのものだ。人間というもの,そして,人生というものの様々な側面を知り尽くしているピアニストにしか表現できないものがある。それを「これみよがし」に誇張して表現するのではなく,さりげなく,とても自然な演奏の中に滲ませる極めて高度な感性と技法をもっている。

ためらいとあきらめと絶望と情熱と追憶が行ったり来たりするショパンの曲の演奏は,やはり,それに向いた人でないとダメなのかもしれない。

ちなみに,どうでも良いことかもしれないけれども,村下孝蔵さんの「ゆうこ」の歌詞を思い出すことがある。ショパンが好きだったのだろうか?

そのショパンの曲とは,例えば,前奏曲第8番嬰ヘ短調のような曲だったのだろうか?

| | コメント (0)

法と情報雑誌6巻4号の第2分冊をWeb発行

法と情報雑誌6巻4号(2021年10月)の第2分冊をWeb上で発行した。

ミスタイプや誤訳・訳漏れ等が残存している可能性はあるが,Web版を先行して発行する。

  法と情報雑誌6巻4号・第2分冊
  http://cyberlaw.la.coocan.jp/Documents/LawandInformationMag_No44_2.pdf

法と情報雑誌6巻4号の第2分冊には,下記の参考訳が収録されている。

  規則(EU) 2021/818 [参考訳]
  指令2014/26/EU [参考訳]
  規則(EU) 2021/693 [参考訳]
  e-Justice決議2008/2125 [参考訳]
  理事会決議(2020/C 342 I/01) [参考訳]

ただし,これらの参考訳の冒頭部分に明記してあるとおり,翻訳の大前提となる法解釈等は現時点におけるものであり,今後の研究の進展に伴い,将来,何らかの改訂が加えられる可能性がある。後に誤記や誤訳等が発見された場合も同様である。それゆえ,この参考訳を利用する場合には,各自の責任において行い,かつ,必ず原文にあたって検討することを要する。無思慮にコピーして利用した場合の責任は,全てその利用者自身にある。

また,このファイルの内容を引用する場合には,「Web公開版」の参考訳である旨を明記する必要がある。

加えて,原典の所在を示すURLは,2021年9月時点のものである。

この参考訳は,以上のような意味での制約のある専門家向けの参考資料の一種であり,確定訳でも公式訳でもない。

法律上の制限に関しては,著作権法及び関連法令が定めるところに従うものとする。

 

| | コメント (0)

法と情報雑誌6巻4号の第1分冊をWeb発行

法と情報雑誌6巻4号(2021年10月)の第1分冊をWeb上で発行した。

ミスタイプや誤訳・訳漏れ等が残存している可能性はあるが,Web版を先行して発行する。

  法と情報雑誌6巻4号・第1分冊
  http://cyberlaw.la.coocan.jp/Documents/LawandInformationMag_No44_1.pdf

法と情報雑誌6巻4号の第1分冊には,下記の参考訳が収録されている。

  規則(EU) 2021/785 [参考訳]
  指令2004/48/EC [参考訳]
  理事会決定2009/902/JHA [参考訳]
  理事会規則(EC) No 1383/2003 [参考訳]
  理事会規則(EC) No 3295/94 [参考訳]
  規則(EU) No 608/2013 [参考訳]
  決定70/2008/EC [参考訳]
  決定2004/387/EC [参考訳]

ただし,これらの参考訳の冒頭部分に明記してあるとおり,翻訳の大前提となる法解釈等は現時点におけるものであり,今後の研究の進展に伴い,将来,何らかの改訂が加えられる可能性がある。後に誤記や誤訳等が発見された場合も同様である。それゆえ,この参考訳を利用する場合には,各自の責任において行い,かつ,必ず原文にあたって検討することを要する。無思慮にコピーして利用した場合の責任は,全てその利用者自身にある。

また,このファイルの内容を引用する場合には,「Web公開版」の参考訳である旨を明記する必要がある。

加えて,原典の所在を示すURLは,2021年9月時点のものである。

この参考訳は,以上のような意味での制約のある専門家向けの参考資料の一種であり,確定訳でも公式訳でもない。

法律上の制限に関しては,著作権法及び関連法令が定めるところに従うものとする。

 

| | コメント (0)

2021年9月30日 (木曜日)

NIGHT SONGS

フォーレの「夢のあとに」を歌曲として演奏したCDはないかと探していたら「NIGHT SONG」という標題のCD(DECCA UCCD-1038)という中古CDが売りに出されているのを見つけた。ルネ・フレミング(ソプラノ)とジャン=イヴ・ティボーデ(ピアノ)の演奏によるものだった。

本日,届いたので,仕事を中断して早速聴いてみた。

どれも素晴らしい演奏なのだが,目的としてた「夢のあとに」よりもセルゲイ・ラフマニノフの「歌うな,美しい女よ」に魅了されてしまった。本当に美しい曲だと思う。浅学にして,これまで,このような美しい曲が存在するということを知らなかった。

よいCDだと思う。

 

| | コメント (0)

2021年9月25日 (土曜日)

フンメルのチェロソナタなど

今日予定してた仕事に疲れたのでキリのよりところで中断して明日続けることにし,軽くワインを口にしながら音楽を聴くことにした。

聴いたCDは,フンメルのチェロソナタ,ヨゼフ・ハイドンのフルート,チェロ及びピアノのための三重奏曲,ショパンのチェロソナタの演奏を収録したももの(NAXOS 8.557708)。届いたばかりのCDとはいえ,収録されている演奏それ自体は,以前,FM放送で聴いたことがあるような記憶がある。チェロはフランツ・バルトロメイ,ピアノは乾まどか,フルートはモニカ・グーカの演奏。どれも際立つ名演だと思う。

フンメルが作曲した作品の中には「ちょっと・・・」と感じてしまうものもあると思っている。しかし,このチェロソナタ(作品104)は,名曲と言える素晴らしい曲だと思った。個人的には,フンメルの室内楽作品の中で最も優れた作品として評価したい。ブラームスを先取りするような部分があり,古典派というよりもロマン的な作品だと感じた。

ハイドンの三重奏曲は,かなり以前に私も演奏したことがある。とても懐かしく聴いた。

ショパンのチェロソナタは,作品それ自体が既に定評のあるもので名曲であることは疑いようがない。デュ・プレの演奏によるCDももっており何度か聴いた。けれども,ちょっと馴染めなかった。これは私の感性の問題なので,演奏の良し悪しの問題ではない。
バルトロメイの演奏は,「鬼気迫る凄み」のようなものはないけれども,のびのびとした抒情性豊かな演奏であり,この曲のよさを100%表現し尽くしている。それは,ピアノの演奏の卓越性によるところも大きいと思う。このように非常に優れたピアノ奏者と一緒の演奏だと,チェロ奏者としても,自分が演奏したいように思い通りに自由に演奏できるのではないかと思う。とにかく私にとっては極めて納得度の高い名演だと感じた。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧