2022年11月28日 (月曜日)

ロシア:プーチンは殺されることになるのか?

下記の記事が出ている。

 Putin fears he will be KILLED and is 'fighting for his life' in Ukraine because 'there is no forgiveness for tsars who lose wars in Russia', senior Ukrainian figure claims
 Daily Mail: 23 November, 2022
 https://www.dailymail.co.uk/news/article-11460807/Putin-fears-KILLED-fighting-life-senior-Ukrainian-figure-claims.html

仮にプーチンが死去したとしても,メドヴェージェフが存在している限り,事態に大きな変化はない。

| | コメント (0)

ロシア:兵士に供給できるものは・・・

下記の記事が出ている。

 Russian official staggeringly admits 'we have no socks, shorts, doctors, or intelligence'
 Express UK: November 28, 2022
 https://www.express.co.uk/news/world/1702052/ukraine-live-vladimir-putin-russia-reinforce-east-Donetsk-Luhansk-Kherson

酷寒の塹壕の中で続々と凍死し続けることになるのだろう。

ミサイル攻撃によりウクライナのインフラをどんどん壊してしまったので,それらを奪って利用することもできない。

 

 

| | コメント (0)

2022年11月27日 (日曜日)

ベラルーシ:外務大臣が突然の死去

下記の記事が出ている。事態は着々と進行中のようだ。

 Belarus Foreign Minister Vladimir Makei dies at 64, officials say
 CNN: November 27, 2022
 https://edition.cnn.com/2022/11/26/europe/belarus-foreign-minister-dies-intl/index.html

| | コメント (0)

2022年11月26日 (土曜日)

米国:学資ローン問題

下記の記事が出ている。日本国にとっても他人事ではない。

 What to know about the pause on student debt relief
 The Hill: November 26, 2022
 https://thehill.com/homenews/administration/3748554-what-to-know-about-the-pause-on-student-debt-relief/

私が子供の頃と比較すると,世間は随分と変化し続けてきたと思う。

ある時期には「学歴」が神聖視された。実質で判断する能力をもつ者が圧倒的に不足していたからだ。形式で判断するしかない。

現在では,学歴だけではどうにもならない。経済状況が許さないからだ。当該分野における能力をもともともっており,かつ,その能力を実質的に伸ばす可能性がなければ採用されない。その能力は学歴や学位とは無関係のものだ。経済状況が厳しいので,人事上の選別眼もかなり厳しくなる。かつてのバブルのような状態は二度と再来しない。

ただし,私が見ているところでは,「可能性」に賭ける能力と選別眼をもつ経営者や人事担当者は,相変わらず多くないようだ。それは,人事担当者の人事も学歴や肩書きなどによって形式的に実施されており,人事能力の客観的な測定と評価が行われることがないからにほかならない。また,現実問題として,地元有力者等と情実で結びついていたほうが客観的な人事を実行するよりもうまくいくという現実が存在したということも否定できないと思う。しかし,現実は更に厳しさを増している。

「情実よりも客観的な実質をとらなければならない」という(国際的な政治環境上及び経済環境上の)シビアさが増加しているのだ。

 

| | コメント (0)

ベラルーシの近未来は微妙?

下記の記事が出ている。

 Lukashenko Details Reason Belarusian Troops Will Not Join Putin's War
 Newswekk: November 25, 2022
 https://www.newsweek.com/russia-belarus-lukashenko-putin-ukraine-war-1762333

このベラルーシの独裁者の言明は,嘘ではないかもしれない。

一般に,ベラルーシが独立国であれば,ベラルーシ軍がロシア軍による侵略戦争に参加するということはあり得る。

しかし,ベラルーシがロシアに吸収合併され,独立国でなくなると,ベラルーシ軍もロシア軍の一部に吸収合併されてしまうので,そもそも「参加」ということがあり得なくなってしまうのだ。

このような場合,ベラルーシ兵は,ロシアの司令官の命令に服して最前線で闘い,「cannon fodder」として全員戦死してしまうことになるだろう。

そうやって,物理的にもベラルーシ軍が完全消滅してしまうことになる。消滅した軍隊には「参加」もあり得ない。

以上のような意味で,ベラルーシの独裁者が「ベラルーシ軍がプーチンの戦争に参加することはない」と言っているのは嘘ではない可能性がある。

| | コメント (0)

コンチネンタルタイヤの管理システムに対するサイバー攻撃

下記の記事が出ている。

 FBI Joins Investigation Into Continental Cyberattack – Report
 Silicon UK: November 23, 2022
 https://www.silicon.co.uk/security/cyberwar/fbi-joins-investigation-into-continental-cyberattack-report-487426

普通の産業スパイのようでもあるけれども,軍事技術として転用可能な高度技術の盗取を目的とする攻撃かもしれない。よくわからない。

 

| | コメント (0)

2022年11月25日 (金曜日)

Googleの怠慢?

下記の記事が出ている。

 GoogleがVLCになりすましてマルウェアを配布するページの削除を拒否したとVideoLAN公式が告発
 Gigazine: 2022年11月25日
 https://gigazine.net/news/20221125-google-vlc-fake-page-refuses-take-down/

| | コメント (0)

欧州議会のWebサイトに対するサイバー攻撃

下記の記事が出ている。

 European Parliament website hit by cyberattack after Russian terrorism vote
 Politico: November 23, 2022
 https://www.politico.eu/article/cyber-attack-european-parliament-website-after-russian-terrorism/

 'Pro-Russia' hackers down EU Parliament website for hours
 REUTERS: November 23, 2022
 https://www.reuters.com/world/europe/pro-kremlin-group-says-responsible-cyberattack-eu-parliament-official-2022-11-23/

| | コメント (0)

インド:全インド医科大学に対するサイバー攻撃

下記の記事が出ている。

 India’s AIIMS hit by outages after cyberattack
 Tech Crunch: November 25, 2022
 https://techcrunch.com/2022/11/24/india-aiims-outages-cyberattack/

| | コメント (0)

2022年11月24日 (木曜日)

ウクライナに対するジェノサイドが進行中

下記の記事が出ている。

 Ukraine hit by widespread blackouts after Moscow launches fierce missile assault
 November 24, 2022
 https://www.thetimes.co.uk/article/baby-killed-in-russian-strike-on-maternity-ward-in-ukraine-kzp8ppn56

プーチンは,日々,「ロシアがネオナチそのものであり,ウクライナ国民全部をホロコーストする」ということを実証し続けている。

プーチンの脳内にはヒトラーが降臨しているのだろう。

ヒムラーのような者も存在する。

舞台の構成は,あまりに単純過ぎて笑ってしまいそうになる。

なぜ単純なのかというと,関係者の脳内が古代脳だからだ。

***

私は,これまでの人生の中で,ユーラシアの過去5000年くらいの歴史をずっと勉強してきた。

何も変わっていない。

古代脳の世界なのだ。

***

中央アジアには石人というものが多数存在する。

石人の中で王だったと思われる者は,カイゼル髭のような豊かな髭をたくわえ,ワイングラスを手にしている。大きなワイングラスを手にすることが権力の象徴であることは,ケルト~スキタイの伝統のようなものだろうと思う。

征服された国の人々は,酒を注ぐための瓶としてシンボル化される。

本来,ワイングラスを手にした王と瓶を手に下げた女性とは対になる関係にある。

百濟観音像の瓶は,高崎の観音塚古墳出土の瓶そのものだ。このことが全てを物語っている。

誤解のないように付言しておくと,日本国(倭国)が常に従属的であり,中国が支配者だということを言いたいのではない。中国の多数の古代墳墓の壁画や遺物を検討してみても上述のような関係を示す図が山ほどあり,基本的な観念を示すものだということを理解することができる。そう思わない者は,極めて単純に勉強不足なだけだろうと思う。

この関係では日本国内にも客観的な資料が存在する。

上野にある国立博物館の東洋館の展示物全てをしっかり観察し,含意を理解すると,即座に会得できる。

このようなことに関しては,別の個人ブログの中でときどき書いてきた。確信に近づいている。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧