2018年9月25日 (火曜日)

Intel's chip shortage

下記の記事が出ている。

 JP Morgan says Intel's chip shortage is 'worsening' and will hurt fourth-quarter PC sales by up to 7%
 CNBC: 14 September, 2018
 https://www.cnbc.com/2018/09/14/jp-morgan-says-intels-chip-shortage-is-worsening-and-will-hurt-pc-sales.html

 Intel’s Shortages Chip Away at Micron
 Wall Street Journal: September 21, 2018
 https://www.wsj.com/articles/intels-shortages-chip-away-at-micron-1537512343

 Intel Goes Back to 22nm for New Chipset to Address Manufacturing Shortage
 Extreme Tech: September 21, 2018
 https://www.extremetech.com/computing/277495-intel-goes-back-to-22nm-for-new-chipset-to-address-manufacturing-shortage

| | コメント (0)

中国:多数の「危険なWebサイト」を閉鎖

下記の記事が出ている。

 China shuts down 4,000 websites in purge on 'improper values'
 BBC: 24 September, 2018
 https://www.bbc.com/news/technology-45625278

| | コメント (0)

2018年9月23日 (日曜日)

米国:対空戦用ドローン(無人航空機)

下記の記事が出ている。

 Top drone: Reaper scores drone kill in air-to-air missile test
 ars technica: September 21, 2018
 https://arstechnica.com/tech-policy/2018/09/top-drone-reaper-scores-drone-kill-in-air-to-air-missile-test/

| | コメント (0)

中国:ホテルチェーンから大量の個人データを奪い恐喝したとの容疑で30歳の者が逮捕されたらしい

下記の記事が出ている。

 Chinese police arrest hacker who sold data of millions of hotel guests on the dark web
 ZDNet: September 20, 2018
 https://www.zdnet.com/article/chinese-police-arrest-hacker-who-sold-data-of-millions-of-hotel-guests-on-the-dark-web/

| | コメント (0)

2018年9月22日 (土曜日)

EU:Cybersecurity Actの審議状況

下記のところで現在の審議状況について情報提供されている。

 COM (2017) 477
 Procedure 2017/0225/COD
 https://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=consil:ST_12058_2018_INIT

| | コメント (0)

2018年9月20日 (木曜日)

AI自動判断のBias tools

下記の記事が出ている。

 IBM launches tool aimed at detecting AI bias
 BBC: 19 September, 2018
 https://www.bbc.com/news/technology-45561955

 IBM Debuts Tools to Help Prevent Bias In Artificial Intelligence
 Fortune: September 19, 2018
 http://fortune.com/2018/09/19/ibm-artificial-intelligence-bias/

(余談)

バイアス(偏り)の有無は,ある判断基準を設定しなければ測定できない。

その判断基準それ自体が価値判断である場合,どういう結果になるのかについては,古代ギリシア時代以来,古典的な哲学の標準的な課題の1つであり続けてきた。

価値判断なので,未来永劫,その解はない。

価値判断を強要する武力(国家権力,ナマの暴力等)は,あり得る。しかし,それは,当該価値判断が正当であることの根拠には全くならない。単に強要されているという事実が存在するだけだ。それゆえ,ある価値判断を強要することのできる社会システムが存在している環境の中においては,「主流の考えだから」という主張は,常に,(客観的には)何ら正当性根拠とはならない。

なお,どこか遠い天国のようなところからものごとを観察することが可能であれば,少しは事態を理解できるようになる。

(余談2)

「一見すると無機的(没価値的)な基準であるかのように見える基準が,実はそうとは言い切れない」というような例は,無数にある。

例えば,国によって自動車の右側通行と左側通行とが異なっている。

どちらが正しいという判断基準を規範それ自体の中から見出すことは不可能なのだが,歴史を遡って調べれば,一定の価値観の強要である場合があることに気づくことができる。要するに,これは,法定のバイアスの一種なのだ。

そのように基準それ自体が価値的なバイアスそのものである場合,どう考えたらよいのだろうか?

数学と同じように,「座標軸は自由自在に設定可能である」と考えることで思考の一応の整理はつくのだが,それでは何の解にもなっていないことは,誰でも容易に理解できることだろうと思う。

| | コメント (0)

2018年9月19日 (水曜日)

米国:Jason Prechtel v. FCC

下記の記事が出ている。

 Judge: FCC can’t hide records that may explain net neutrality comment fraud
 ars technica: September 19, 2018
 https://arstechnica.com/tech-policy/2018/09/judge-fcc-cant-hide-records-that-may-explain-net-neutrality-comment-fraud/

| | コメント (0)

2018年9月18日 (火曜日)

技術的中立性

これまでは「技術的中立性」の概念を一応維持できてきた。

それは,機械装置が自律的に行動決定する機能をもっていなかったからだ。

例えば,ナイフは,料理に使用することもできるし,殺人に使用することもできるが,それ自体としては単なる道具に過ぎない。

しかし,これからはそうではない。

特に,AIの技術を応用したネット空間は,それ自体として,中立ではなくなる。

それゆえ,産業界においても,「技術的中立性」の概念を用いて自らを防御することが困難または不可能となる時代に入ったことを理解すべきである。

| | コメント (0)

カナダ:自律的に自己成長するロボットに関して製造物責任法等の既存の法令を適用することは難しいとの見解

下記の記事が出ている。

 It’s hard to sue a robot: product liability considerations and AI in Canada
 Canadian Lawyer: September 17, 2018
 https://www.canadianlawyermag.com/author/lisa-r-lifshitz/its-hard-to-sue-a-robot-product-liability-considerations-and-ai-in-canada-16207/

自律的な存在であるロボット(robots)は、ISO及びJISによって制御可能であることが義務づけられている産業用ロボット(robotics)とは異なり,本質的に人間による制御ができない。逆に,人間が制御できない存在でなければ,自律型(autonomous)であるとは言えない。

だからこそ,その研究・開発・設計・原料の提供・製造(有機体ロボットに関しては増殖)・販売をした関係者の全部について,無限定の連帯責任として損害賠償責任を負わせる必要があるというのが私見だ。

この点に関しては,このブログだけではなく,論文や関連参考訳の解説部分等で既に詳論してきたとおりだ。

なお,EUの関連政策文書を読むと,司法裁判所の判例法を踏まえ,製造者ではない運用者(サービスプロバイダ)には製造物責任法令が適用されないとしており,この点に関して製造物責任指令の改正はなさそうだ。

しかし,EU及びその構成国の法制において,サービスプロバイダは,損害賠償責任を全く負わないのではなく,当然のことながら,民法上の債務不履行責任または不法行為責任を負う。この場合,被害者は,一般原則に従い,過失の立証責任を負う。

製造物責任法制の眼目は「過失の立証責任の転換」にあるので,当然と言えば当然の帰結かもしれない。

部分的にちょっとかじっただけで専門家面をしている(偉そうな)人々が相当異なる意見を書いたりしているのを見かけることがあるが,失笑を禁じ得ない。

| | コメント (0)

ANSI:ブロックチェーン及び人工知能(AI)の法律問題に関する討議

下記のイベントが開催される。

 ANSI Legal Issues Forum: Legal and Ethical Issues of Artificial Intelligence
 Tuesday, October 16; 12:30 pm – 4:30 pm
 FHI 360 Conference Center, 1825 Connecticut Ave. NW, 8th Floor, Washington, DC
 https://www.ansi.org/news_publications/news_story?menuid=7&articleid=d7ebed90-b6c6-449c-af9f-1acfbc355adb

| | コメント (0)

より以前の記事一覧