2019年6月 8日 (土曜日)

大島眞一編『司法試験トップ合格者らが伝えておきたい勉強法と体験記』

出版社から下記の書籍の寄贈を受けたので,早速読んでみた。

  大島眞一編
  司法試験トップ合格者らが伝えておきたい勉強法と体験記
  新日本法規出版 (2018/7/12)
  ISBN-13: 978-4788284463

複数の執筆者による書籍であり,各人各様の体験談と所感が述べられている。

無論,賛成できる部分と賛成できない部分とがある。しかし,このような書籍は,必要な書籍だと思う。

一般論としては,法律家の仕事は,理論法律家であれ,実務法曹であれ,非常に個性的な仕事だと思う。

裁判官にあっては,どんなことがあっても屈しない独立性を維持するための精神的な頑健性と頭脳の柔軟性の両方が求められるので,自動的に個性的になる。

弁護士にあっては,類型を同じくする事件であっても当事者と事案によって実質的な内容が千差万別であることが多いので,ステレオタイプのような弁護士では仕事にならない。

検察官にあっては,事案に即して公訴事実を構成し,適切に証拠を取捨選択する能力が求められるだけではなく,刑事訴訟以外の多種多様な法務に従事することもしばしばあるので,かなり柔軟な思考能力と知識の吸収能力が求めらる。

法学者にあっては,「従来の通説を全て粉砕して過去のものとしてしまう!」くらいの強靭な意気込みがなければ,まともな論文など書けるはずがない。

そして,それぞれの法律家には各人各様の世界観というものがある。

それゆえ,まともな法律家である限り,最初から最後まで個性的であることが求められるし,意識しなくても自然とそのようになる。

その結果,この分野に関する限り,画一的な教育は,常に成立しない。

私の場合,学生の意欲,資質,能力,志望等の要素を丁寧に観察した上で,それぞれの学生の個性に即した法学教育をめざしており,画一的な授業をやってみてもほぼ無意味だと理解している。

特に,各人の勉強方法は,各人が自身で身につけるべきものであり,教育によって最適解のようなものを教えることができない。仮に最適解もどきのようなものを暗記または訓練により習得させてみたところで,同じ教育を受けた者は,(少なくとも外形上では)全員同じことができるようになるかもしれず,それでは同業他者との差別化などできるはずがないので,人生において必敗の方法論を学んでいるのと同じことになる。

世界観や倫理観等に関しては,そもそもそれが固定的なものではなく,時代や環境の変化や相違によって顕著に異なるものであるし,日本国憲法によって保障された各人の思想信条の自由に属するものであるので,強制することが許されない。知識や技能を習得するための訓練と倫理観または思想の強制とは全く別のものである。

そのような観点から,本書の感想に戻ると,執筆者各位が比較的正直に意見を述べているように思われ,しかも,「自分自身の方法論をつかむ」ことを重視していることには心強いことだと思った。

私自身は,既に引退同様になっていることはさておくとしても,自分自身の気持ちの問題としては,どこかの誰かのように権力や名誉や地位を求めるようなタイプの老醜を晒そうとは思わない。

若い世代に大いに期待したいと思う。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年5月25日 (土曜日)

石岡市教育委員会編『石岡の地名-ひたちのみやこ1300年の物語-』

過日,石岡市教育委員会編『石岡の地名-ひたちのみやこ1300年の物語-』を購入し,ときどき読んでいる。資料としては非常に価値の高いもので,この書籍の編纂及びこの書籍編纂の基礎資料となっている『石岡市史』の編纂に参加した方々の努力には頭が下がる。

極めて価値の高い良書として推薦したい。

  石岡市教育委員会の販売書籍
  http://www.city.ishioka.lg.jp/page/page001025.html

| | コメント (0)

2019年5月15日 (水曜日)

法と情報雑誌の正誤

法と情報雑誌に掲載した参考訳等の正誤表を随時更新している。

正誤表は,下記のサイトにある。

  http://cyberlaw.la.coocan.jp/index2.html

 

| | コメント (0)

2019年4月29日 (月曜日)

規則(EU) 2018/1241による改正後のEuropol規則(EU) 2016/794の参考訳をWeb公開

EUのEuropolに関する基本法令であるEuropol規則(EU) 2016/794の参考訳を見直し,規則(EU) 2018/1241による改正後のEuropol規則(EU) 2016/794として,その参考訳の実質的な改訂版を作成し,2019年4月に法と情報雑誌4巻4号に掲載して公表した。

なにぶんにも全部私1人だけでやっていることなので,誤訳,誤記,訳漏れ等が残存している可能性はあるが,Web公開の必要があると判断したので,Web公開することにした。

 規則(EU) 2018/1241による改正後のEuropol規則(EU) 2016/794
 http://cyberlaw.la.coocan.jp/Documents/EU%20Europol%20Regulation%20Translation%20ver%202.pdf

ただし,この参考訳の冒頭部分に明記してあるとおり,翻訳の大前提となる法解釈等は現時点におけるものであり,今後の研究の進展に伴い,将来,何らかの改訂が加えられる可能性がある。後に誤記や誤訳等が発見された場合も同様である。それゆえ,この参考訳を利用する場合には,各自の責任において行い,かつ,必ず原文にあたって検討することを要する。無思慮にコピーして利用した場合の責任は,全てその利用者自身にある。

また,今回のWeb公開にあたり,原稿を見直したところ,誤りのある部分を発見した。今回のWeb公開のために,正誤表を公表した上で,原稿に修正を加えた結果,法と情報雑誌上で公表した印刷版とは若干異なっている部分が生じた。それゆえ,このファイルの内容を引用する場合には,「Web公開版」の参考訳である旨を明記する必要がある。

この参考訳は,以上のような意味での制約のある専門家向けの参考資料の一種であり,確定訳でも公式訳でもない。

法律上の制限に関しては,著作権法及び関連法令が定めるところに従うものとする。

| | コメント (0)

2019年4月18日 (木曜日)

清水克行『耳鼻削ぎの日本史』

下記の書籍が出ているのを見つけ,早速購入して読んだ。私は読んでいなかったのだが,2015年に別の体裁で出ていたものの実質的な増補・改訂版になる。非常に興味深い書籍であり,法を学ぶ全ての学生に一読を勧める。

 清水克行
 耳鼻削ぎの日本史
 文藝春秋 (2019/4/10)
 ISBN-13: 978-4168130809

| | コメント (0)

2019年3月28日 (木曜日)

公益財団法人群馬県埋蔵文化財調査事業団編『古墳人、現る-金井東裏遺跡の奇跡』

荷物が届いているはずの時刻(午前11時頃)に届いていなかったので,三省堂本店まで出かけてぶらぶらしていたら,下記の書籍が刊行されているのを見付け,早速読んだ。非常にわかりやすく,写真も鮮明で,2時間ほどで精読できた。

 公益財団法人群馬県埋蔵文化財調査事業団編
 古墳人、現る-金井東裏遺跡の奇跡
 上毛新聞社出版部 (2019年3月28日)
 ISBN-13: 978-4863522312

良い本だと思う。これ以上詳しいものを読みたければ専門家向けの正規報告書を読むしかない。

何度か書いてきたとおりなのだが,日本国の古代史は根本的なところで全部書き換えられるべきだと思う。特に唯物史観は良くない。

ちなみに,当の荷物は16:00頃に到着した。やれやれという感じなのだが,転勤や異動の季節なので混んでいたのだろう。

 

| | コメント (0)

2019年3月15日 (金曜日)

夏井高人「NIS指令(EU) 2016/1148の構造と機能」

下記の論説が刊行された。発行の日付は2019年2月28日となっているが,私の手元に届いたのは今日だ。

 夏井高人
 NIS指令(EU) 2016/1148の構造と機能
 法律論叢91巻6号243~291頁
 2019年2月28日

目次構成は,以下のとおり。

 1 はじめに
 2 NIS指令(EU) 2016/1148の目的・構造及び機能並びに関連細則
 2.1 目的・定義
 2.2 構造
 2.3 機能(インシデント通知)
 2.4 委員会実装規則(EU) 2018/151
 3 EUの危機管理体制の中におけるNIS指令の位置づけ
 3.1 委員会勧告(EU) 2017/1584
 3.2 理事会決定2014/496/CFSPとの関係
 3.3 ハイブリッド脅威及びセキュリティユニオン
 3.4 委員会通知COM(2018) 226 final
 3.5 COM(2017) 477 final(Cybersecurity Act)
 4 個人データ保護との関係
 5 知的財産権保護との関係
 6 まとめ

法律論叢は,明治大学法学部事務室(駿河台校舎)で購入できる(約500円)。

| | コメント (0)

2019年3月 2日 (土曜日)

夏井高人「EUの個人データ保護法令と他の関連立法との関係に関する検討」

下記の論説が刊行された。刊行の日付は,2019年1月となっているが,私の手元に届いたのは昨日だった。

EUの個人データ保護法令と他の関連立法との関係に関する検討
法律論叢91巻4・5号165~205頁

その目次構成は,以下のとおり。

1 はじめに
2 EUの個人データ保護法令の体系
 2.1 GDPRの適用範囲
  2.1.1 GDPR 第2 条第2 項
  2.1.2 GDPR 第2 条第3 項
  2.1.3 GDPR 第2 条第4 項
 2.2 構成国の法令
3 他の関連法令との関係
 3.1 情報アクセス権を認める法令との関係
  3.1.1 規則(EC) No 1049/2001と規則(EC) No 45/2001との関係
  3.1.2 European Commission v The Bavarian Lager Co. Ltd.
  3.1.3 オープンデータ関連法令との関係
 3.2 その他の法令との関係
  3.2.1 データベース関連法令との関係
  3.2.2 非個人データ関連法案との関係
4 まとめ

法律論叢は,明治大学駿河台校舎にある法学部事務室で購入できる(約500円)。

この論説を執筆した時点においては法案の状態にあった重要法令がその後続々と採択された。採択された新法令に関しては,法と情報雑誌の中で順次その参考訳を公表しているが,未了のものもまだあり,それらについても近々に法と情報雑誌の中で参考訳を公表する予定にしている。

| | コメント (0)

2019年2月25日 (月曜日)

チャールズ・マックファーレン(渡辺惣樹訳)『日本1852 ペリー遠征計画の基礎資料』

下記の書籍を見つけて購入し,読んでみた。

 日本1852 ペリー遠征計画の基礎資料
 チャールズ・マックファーレン(渡辺惣樹訳)
 草思社文庫(2016/8/8)
 ISBN-13: 978-4794222206
 http://www.bunsobunko.net/soshisha/detail/978-4-7942-2220-6.jsp

なかなか考えさせられるところが多い。

本題からは外れるが,このような書物に書かれている内容が高校の歴史教科書に反映されることはほとんどない。

残念なことだと思う。

なお,ときどき訪問している「しばやんの日々」の過去記事の中にも関連記事がある。

 GHQが日本人に封印した歴史を読む~~ペリー来航
 しばやんの日々:2012.02.23
 http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-157.html

 GHQが日本人に封印した歴史を読む~~イギリスとインド・中国
 しばやんの日々:2012.02.18
 http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-156.html

| | コメント (0)

2019年2月24日 (日曜日)

月刊考古学ジャーナル723号(2019年3月号):特集「平野の地形と遺跡立地」

三省堂の本店で購入し,早速読んでみた。とても勉強になった。

 月刊考古学ジャーナル723号(2019年3月号):特集「平野の地形と遺跡立地」
 http://hokuryukan-ns.co.jp/cms/books/%e8%80%83%e5%8f%a4%e5%ad%a6%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%ab%e3%80%802019%e5%b9%b43%e6%9c%88%e5%8f%b7/

特に巻頭言にある指摘は,考古学に携わる研究者だけではなく,ごく普通の国民全体にとって非常に重要な指摘であると思う。

現代の科学技術を総動員すれば,過去にはよくわからなかったことでも明瞭に識別可能な状態になってきていると思う。

企業活動にとっても,この分野への基礎的な投資が(長い目でみれば)大きな損失の回避確率の増加という意味でかなり有益な結果をもたらすことになるだろう。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧