2017年9月22日 (金曜日)

弥生時代の船-大航海時代のさきがけ-

別のことを調べていて,たまたま下記の資料をみつけた。わかりやすいし,とても良い資料だと思う。

 弥生時代の船-大航海時代のさきがけ-
 資料集
 http://www.harc.or.jp/gyouji/pdf/y2015/26kataru_shiryo.pdf

いまどき「弥生時代に大型船などあるはずがない」などと主張する者はいないだろうと思うが,もしいたら,ちゃんと調べて考えてから発言してもらいたいものだと思う。

なお,この資料の副題には「さきがけ」とあるけれども,それは間違いだと思う。

このような大型船またはもっと大きな船に乗って,人々は日本列島にやってきたのだ。

日本人に単一人種性という意味での連続性は全くなく,何千回・何万回という混血の累積の結果が現在の日本人になっている。

それは,DNA解析の結果によって既に明らかなことだと思う。

私見によれば,このような船の文化は,遠いメソポタミアやエジプトまで広がっているのであり,文化としては同一文化圏にあると考えたほうが説明しやすい事柄が多いように思う。

無論,自然環境や利用可能な資源の相違による地域差はある。

しかし,もっとおおざっぱなマクロの目で見れば,そうなのだ。

| | コメント (0)

2017年9月16日 (土曜日)

考古学ジャーナル2017年8月号 特集:古墳時代の武装・馬装の研究現時点

大学の夏休み中に仕上げてしまおうと思っていた予定をどうにかこなし,一休みというところ。

1ヶ月以上前に三省堂本店で購入してそのままにしてあった考古学ジャーナルを読んだ。

 考古学ジャーナル2017年8月号
 特集:古墳時代の武装・馬装の研究現時点
 http://www.hokuryukan-ns.co.jp/magazines/07journal/j2017_08.html

非常に興味深い。

この分野は,ミクロの研究が非常に大事だが,それと同時にマクロの研究も大事だ。

この雑誌の中のある記事において巧妙に暗喩されているとおり,今後は,古代の極東~バクトリア~アルタイあたりの遺物とのマクロ的またはトポロジー的な研究がもっと盛んに行われるべきだと思う。

シナリオとしては,人間そのものが大勢わたってきたというシナリオ,文化だけがわたってきたというシナリオ,そして多種多様なその中間形態が考えられるし,それらが長い時代の変化の中で累積的に混合していると考えることもできる。

「単一民族」的な発想で考えるのは,最も愚かなことだと思う。

古代の極東~朝鮮半島~日本列島の古代人の遺骨等から得られる遺伝子を調べてみても,そのことが既に明らかだと思う。

| | コメント (0)

2017年9月 4日 (月曜日)

大塚初重・梅澤重昭 『東アジアに翔る上毛野の首長-綿貫観音山古墳』

下記の書籍を三省堂本店で見つけ,購入して早速読んだ。

 大塚初重・梅澤重昭
 東アジアに翔る上毛野の首長-綿貫観音山古墳
 新泉社(2017)
 ISBN-13: 978-4787716392

論述にはところどころ歯切れの悪い部分がある。

そういう部分が重要だ。

これまで長年にわたり唯物史観に征服され支配されてきた日本国の考古学及び歴史学において,ようやくまともな本が出始めたということなのだろうと思う。

この古墳は訪問したことがある。

立派な古墳だと思った。

また,4個配置されている円形の附属施設のようなものから,当時の古代中国における観念を強く感じるとることができる。

この書籍でも明確に示されているとおり,この古墳は,晋尺に基づいて造営されている。

それだけでもほぼ答えになっていると思う。

加えて,発掘された瓶は,否定しようのない物的証拠だと考える。

少し後の時代になるが,同様の瓶は,隋または唐の仏寺遺跡発掘物(←東京の国立博物館にも少量ながら収蔵されている)にも示されていることから考えれば,概ね,その歴史的意味を理解することができる。

すなわち,聖なる杯をもつ石人またはその肖像が示す支配者と,瓶をもつ被支配者とは,対をなすものだと考えるのが妥当だ。

その杯及び瓶の中に入っているのは,無論,葡萄酒だ。

これは,古代ギリシア文明に由来するもので,古代バクトリアを通じて,ユーラシア全域が一体としての文明圏にあったと考えるのが正しい。

すなわち,この時期における中華は存在しない。

完全な断絶がある。

そして,鮮卑族なるものを蒙古人の一種と考えるのは,そろそろやめるべきことだろう。

| | コメント (0)

2017年8月13日 (日曜日)

Marise Cremona (Ed.), New Technologies and EU Law

下記の新刊書が届いたので,早速,全体をざっと読み,特に読みたいと思った章を少し丁寧に読んだ。

 Marise Cremona (Ed.)
 New Technologies and EU Law
 Oxford University Press (2017)
 ISBN-13: 978-0198807216

いずれも優れた論文ばかり7本を収録した書籍で,読む価値がある。

特に,同書の123~173頁には,初代EDPSを務めたPeter Hustinx氏の「EU Data Protection Law: The Review of Directive 95/46/EC and the General Data Protection Regulation」が収録されている。現時点で最もわかりやすい概説だと思う。そして,非常に示唆に富む。

お勧めの1冊と言える。

| | コメント (0)

2017年8月 9日 (水曜日)

法と情報雑誌第2巻(2017年1月~6月分)の目次

昨年夏に法と情報雑誌の刊行を始めた。

予算がないので,ごく少数部しか印刷・発行していない。そして,身内にしか配布していないが,国立国会図書館には納本している。

どうにかこうにか1年以上継続することができ,通巻13号となった。目下,第14号の刊行をめざして準備している最中だ。

第2巻(2017年1月~6月分)の目次をアップすることにした。

 http://cyberlaw.la.coocan.jp/Documents/Vol%202%20Index%201.pdf

なお,第1巻(2016年7月~12月分)の目次は,下記のとおり。

 http://cyberlaw.la.coocan.jp/Documents/Vol%201%20Index.pdf

※ 法と情報雑誌は,特別の契約に基づく場合等を除き,紙媒体のみで提供している。

[追記:2017年8月11日]

今後,下記のホームページ上で法と情報雑誌の目次情報を更新することにした。

 http://cyberlaw.la.coocan.jp/index2.html

| | コメント (0)

2017年8月 1日 (火曜日)

夏井高人「欧州連合における個人データ保護の諸要素に関する考察」

下記の論説が刊行された。

 夏井高人
 欧州連合における個人データ保護の諸要素に関する考察
 法律論叢90巻1号79~125頁 
 2017年7月31日発行

目次構成は,下記のとおり。

***

1 はじめに
2 検討
2.1 Personal data
 (1) 「個人データ」の概念
 (2) 「要素」の概念
 (3) 「識別可能な個人」の概念
 (4) 「処理」による適用対象の限定
 (5) 小括
2.2 Free movement (or free flow) of such data
 (1) 「data」の意義
 (2) 「such」の意義
 (3) 「個人データの保護」と「free movement of such data」との関係
 (4) 小括
2.4 Consent
 (1) 定義
 (2) 同意を正当事由とする処理
 (3) 小括
2.5 Safeguards
 (1) 多重構造
 (2) 用例
 (3) 小括
2.6 Consistency
 (1) 公共の利益の保護における一貫性確保の要求
 (2) 監督の関与における一貫性
 (3) 例外措置の適用における一貫性
 (4) 権利の制限における一貫性
(5) 小括
3 まとめ

***

※ 法律論叢は,明治大学駿河台校舎の法学部事務室で購入することができる。

| | コメント (0)

2017年7月31日 (月曜日)

エミリー・アンテス(西田美緒子訳) 『サイボーグ化する動物たち-ペットのクローンから昆虫のドローンまで』

下記の書籍を読んだ。

 エミリー・アンテス(西田美緒子訳)
 サイボーグ化する動物たち-ペットのクローンから昆虫のドローンまで
 白揚社(2016/8/30)
 ISBN-13: 978-4826901901

この分野における最近の概況をまとめたもので,全体像を理解するには良い書籍だと思う。

ただし,現時点における関連技術とその応用は更に進んでおり,既に人類が管理しきれないレベルに達していると考えられる。

また,理論的には,人間とそれ以外の動物,無機的な機械装置と有機体生物,単体と混合物(サイボーグ等を含む。)とを分けて考えることの愚かしさを如実に示す書籍であるとも言える。

これら全ては連続しており,サイバネティクスの一種として理解するのが正しい。

その意味で,「AIは制御可能」との妄言をいまだに吐いて平気でいる人々の知能のレベルまたは虚言癖のレベルを更に明確化する書籍の1冊であるとも言える。

真の意味で「Autonomous」である限り,人間が操作(操縦)することができない可能性を常にもっていると考えるのが正しいし,真の意味で「AI」である限り,人間の知能をはるかに超える可能性を常にもっていると考えるのが正しい。

また,実験室の中では管理可能であっても,それが人間やその他の生物に移植された場合,あるいは,自然界に放たれた場合にどのような結果が生ずるかを予め知ることができないのが普通であり,無論,完全な管理などできないということを理解すべきである。移植されたサイバネティクスが自己増殖能力をもっている場合には,(突然変異の可能性も含め)ますますもってそうである。

そして,最後に生き残るのがどのサイバネティクスであるかは・・・適者生存法則によって決定される。人間の理性によって決定されるのではない。

(余談)

この手の問題を考える場合に,興味深い示唆を与えるものとして,学生に対しては,井上ひさし『吉里吉里人』を読むように勧めている。しかし,その長さに圧倒され,読もうとしない学生が少なくない。それでは最初から負けてしまっているのと同じことなのだが,これも御時世というものなのだろう。

しかし,どんなに長い長編小説であっても,さっさと読み,要点をつかむ力がなければ,卒業後に生き残ることは難しい。だからと言って,ネット上の評論等だけから安直に知識を得ることばかり考えているようでは,ますますもって生存確率が低下することになる。少なくとも,Googleはネット上のコンテンツを全て網羅的に知っているので,ネット上のコンテンツだけに頼る者は常にGoogleのAIマシンに負けることになるという結論になる。

| | コメント (0)

2017年7月23日 (日曜日)

村上恭通編『モノと技術の古代史 金属編』

下記の書籍を読んだ。とても勉強になった。

 村上恭通編
 モノと技術の古代史 金属編
 吉川弘文館(2017/3/10)
 ISBN-13: 978-4642017374

村上恭通氏の学術上のアプローチは,納得度の高い部分が少なくない。その著書を読む度に勉強になる。

| | コメント (0)

2017年7月21日 (金曜日)

福元一男「指紋上よりみたる日本人の研究 第11編 薩摩半島南部地方人(鹿児島県)の指紋について」

下記の論文を読んだ。非常に興味深い。

 福元一男
 指紋上よりみたる日本人の研究 第11編 薩摩半島南部地方人(鹿児島県)の指紋について
 岡山医学会雑誌70巻7号2533~2540頁 (1958)
 https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/70/7/70_7_2533/_article/-char/ja/

| | コメント (0)

2017年7月17日 (月曜日)

服部有希「フランスのインターネット違法ダウンロード規制法-著作権の保護と表現の自由の均衡をめぐって-」

下記の論説を読んだ。勉強になった。

 フランスのインターネット違法ダウンロード規制法-著作権の保護と表現の自由の均衡をめぐって-
 海外立法情報課 服部有希
 外国の立法250号104~121頁 (2011)
 http://www.ndl.go.jp/jp/diet/publication/legis/pdf/02500005.pdf

| | コメント (0)

より以前の記事一覧