2017年7月28日 (金曜日)

世論

世論は存在しない。ゆえに,厳密には,世論調査は常に成立しない。

一般に,「世論」と呼ばれているものの本質は,それを世論であると主張する者の主観的な認識の代名詞のようなものに過ぎない。つまり,常に客観性がない。

ところで,ニュース報道などをみていると,ブログ記事などを紹介し,あたかも「世論」であるかの如く装っているものがないわけではない。スポンサーの意向を受けたステルス的な洗脳工作の一種である可能性もあるが,たぶん,もっと安易で無責任な理由によることが多いのではないかと想像している。

しかし,たとえば,「2ちゃんねる」上でのやりとりの一部をコピペして「これが日本の世論だ」と海外に紹介されたら,それに賛成する日本人は少ないのではないかと想像される。

その反対も全く同様だ。

それゆえ,その手の非常に安易なブログコピペ記事を読んで一喜一憂する者は愚かであると言える。

(余談)

「声なき声」はある。

これは,世論とは全く異なる。

大概の場合,特定の少数の集団の利益を反映する意見であって,民主主義の理想とは真っ向から反する。

(余談2)

世論調査と称するアンケート調査の類がある。

大概の場合,信頼度が著しく低い。

例えば,有効回答数をベースにした統計結果が示される場合において,有効回答数が100~1000くらいだったとしたら,1億人以上存在しているはずの日本人の中の極めて少数の意見を反映するものでしかないということを即座に理解することができる。

少なくとも1000万人の単位の人々の意見を反映するものでなければ,それは「世論」であるとは言えない。

単なるアンケート結果として示されるべきであろう。

そして,それでもそれを「世論である」と主張する者がある場合,それを主張することそれ自体,その者が意図的な「公衆扇動者」であると評価することのできる重要な指標を自ら提示していることになる。

| | コメント (0)

2017年7月24日 (月曜日)

約2000年前の英国は・・・???

下記の記事が出ている。

 LIDAR Reveals 2,000-Year-Old Dwellings of Earliest Occupants of an Iron Age Hill Fort
 Ancient Origin: 20 July, 2017
 http://www.ancient-origins.net/news-history-archaeology/lidar-reveals-2000-year-old-dwellings-earliest-occupants-iron-age-hill-fort-021514

解決策は簡単だと思っている。

それは,「唯物史観」を一切忘れることだ。

ユーラシアは非常に広大であり,ゆったりとして時間が流れる。

しかし,相互に影響を及ぼし合いながら時間が流れる。

日本に現存する遺跡との近似性があまりにも多すぎると思わないのは,相当勉強不足の者だけであろう。

| | コメント (0)

2017年7月23日 (日曜日)

高地栗谷1号墳が消滅

下記の記事が出ている。

 加計学園「獣医学部校舎」が貴重な文化財古墳を大破壊
 日刊ゲンダイ:2017年7月23日
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/210005

通常は,古墳を残存させる方向で工事を進めるものだ。同じ医学関係の施設では,例えば,下記のような例がある。

 北本市八重塚2号墳
 http://sgkohun.world.coocan.jp/archive/index.php/kitamoto_yaeduka/

私自身もこの遺跡を実際に見にいったことがある。きちんと管理されており,立派なものだと感心したことを覚えている。

破壊された古墳は,過去に既に石室の石材盗掘のために破壊されてしまっていたらしい。

 高地栗谷1号墳
 http://www.city.imabari.ehime.jp/bunka/maizou/kuritani1go/

経済的な利益のためには祖先の墓であろうと何であろうとおかまいなしという伝統のようなものがある地域ではなく,のんびりとした風土であるために,このような事態が発生してもその重大性になかなか気づかないだけだと思うのだが,それにしても残念なことだと思う。

この遺跡からは貴重な出土品が発見されており(上記「高地栗谷1号墳」のサイト参照),重要性の高い遺跡だと思う。位置関係からしても,古代史上かなり大きな重要性をもっている。このことは,既に私の論文の中でも指摘したとおりだ。

しかし,破壊されてしまったので,今ではどうにもならない。

[追記:2017年7月24日]

彼是の相違について考えてみた。

わけのわからないものに夢中になっている学者を北里大学は抱擁した。その結果,名誉においても経営的にも最大の結果を出すことができた。北里大学の経営陣は賢いのだと思う。

対照的に,目先の利益のために,わけのわからない古代からの遺産を軽視すると・・・

一般に,私自身を含め,世間の大半の者は凡庸なので,わけのわからない研究の真価を評価することなどできない。

だから,学術においては,客観的な評価が成立する余地は全くない。

各自,刻苦勉励するしかない。

商売人の感覚とは相当異なる世界が存在する。

北里柴三郎がコッホ研究所で執拗に微細生物を研究したのは賢明だったと思う。それが日本国内であれば,凡庸未満の人々によって潰されていた可能性が高い。

北里柴三郎は,当時の常識に従えば,奇人変人の類であったかもしれない。しかし,本当は,世間のほうが愚劣であったのに過ぎない。

かつてとは異なり,現代は,インターネットの時代だ。

国内でギルドをつくりたければつくればよろしい。

それとは全く無関係に,世界規模での客観的な評価システムが構築され,実装され,運用される時代となった。それが人工知能システム及びビッグデータと結合され,合理的に運用されるとき,世界各国の「学術会議」なるものは,ユネスコによって文化遺産として登録されることになるのであろう。

| | コメント (0)

2017年7月22日 (土曜日)

調理された食べ物の写真からそのレシピを推測する人工知能技術?

下記の記事が出ている。

 AI demo picks out recipes from food photos
 BBC: 21 July, 2017
 http://www.bbc.com/news/technology-40681395

料理の食材やつくり方を推測するのはそう簡単なことではないし,味付けまで推測するのはかなり難しいのではないかと思うが,写真だけから一定レベルの推測ができてしまうところまで来ている。

洋服や装身具等については,もっと容易に推測できてしまうかもしれないので,3Dプリンタ等と組み合わせて,見た目には本物と全く変わらない複製品が大量に生産される日はかなり近いと想定すべきだろう。

そこから進んで文章の構文解析を達成するためには更にハードルが幾つかある。

しかし,ある文書が,実は,「他の文書のパーツを寄せ集めただけのもの」のような場合,その解析は極めて容易だと考えられる。

それゆえ,今後は,この種の人工知能技術の応用により,コピペ論文の審査が瞬時にできてしまうようになる。

私は,これまで学位を与えられた論文の中でそのようなコピペの一種のものを既に多数発見しているけれども,今後は,人工知能技術の応用によって,その学位請求論文を構成している素材を明確に特定した指摘が自動的に実行されるようになることだろう。

人間に残された課題は,そのような実質的にコピペの集合に過ぎないものについて,当該学位の適切な剥奪方法を検討することくらいではないかと思われる。

| | コメント (0)

2017年7月16日 (日曜日)

断捨離

これはこれで一つの考え方だと思う。

しかし,この考え方を捨てることもできないようでは本当に「断捨離」であるとは言えない。

なにごとこだわらず,「空」の状態を会得するのでなければならない。

しかしながら,現実の世界は,そのようにはできていない。

生存競争が基本なので,「空」を会得した者は情け容赦なくジェノサイドされることになる。

その結果,より物欲の強い者が生存するという結果が生ずる。

したがって,この思想のみによって世界が救われることはない。

他方で,より合理的なレベルだけでものごとを考えた場合,要するに,個々人のその時点における管理能力との関係で「断捨離」の範囲及びレベルが相対的に決まるのであり,そのための一律の(画一的な)基準を決定することのできないものであることを理解することができる。

なにごと教条主義はよくない。

| | コメント (0)

2017年7月11日 (火曜日)

研究資金

下記の記事が出ている。

 Ethics and Governance AI Fund funnels $7.6M to Harvard, MIT and independent research efforts
 Tech Chrunch: July 11, 2017
 https://techcrunch.com/2017/07/10/ethics-and-governance-ai-fund-funnels-7-6m-to-harvard-mit-and-independent-research-efforts/?ncid=mobilenavtrend

(余談)

「ない」とは言っても,この私の場合,総額でみると,他の研究者よりはかなり多額の研究資金の提供を受けてきたと思う。だから,そのときには結果を出せなかったものでも,その後,どうにかそれなりの結果をまとめ,無償で提供し続けてきた。そうでないと,研究資金提供者にあわせる顔がなくなる。

研究というものは,なかなか計画をたてにくい。結果を出すことは,もっとそうだ。予定通りにアウトプットを揃えることができないことのほうが多い。

それはさておき,あくまでも一般論として,日本国においては,真に行われるべき研究に対する資金提供が著しく乏しいことは誰でも認めることだと思う。

目先の利益に走り過ぎている。

これではちゃんとした研究成果など出るはずがない。

にもかかわらず,某教授は,「業績を50倍に増やさないといけない」と強く主張される。某氏によれば「5倍の言い間違いだろう」ということなのだが,当の本人から訂正または撤回の言辞は一切ないので,当のご本人は,今でも「業績を50倍に増やさないといけない」と信じておられるのだろうと推測する。その教授の思想・信条の自由は保障されなければならない。

私は,50倍という数字が荒唐無稽であり,言説それ自体として無意味なものであることは当然のこととした上で,数字にこだわり過ぎることがよくないことだと思っている。

クズをどれだけ積み重ねてもそれは屑の山に過ぎない。

それでもかまわないから積み重ねろという趣旨だろうと考え,屑理屈には屑実践で対応するのが最も良いのではないかと思っている。

本当は,真理を示すのに多言は要しない。

ブログにちょっとだけ結論を書くだけで十分に足りるのだ。

結論に対する賛否の多寡は,全く意味をもたない。

真理は真理なので,圧倒的多数の人々がその真理性を否定したとしても,その客観的な真理性が揺らぐことはない。

学術の世界に衆愚制を持ち込むことはどうかと思う。

| | コメント (0)

2017年7月10日 (月曜日)

大長谷若建命

「大長谷」は,普通は,「おおはつせ」と読む。しかし,本当にそうだろうか?

「大泊瀬」の本当の読みが「おおはつせ」ではないとすれば,旧来の学説の全てが瓦解する。

「大泊瀬」は,「慕韓六国諸軍事 安東大将軍」の略称のようなものであるとも考えられる。

「泊瀬」が「百濟」をも意味し得ることは言うまでもない。

私は,「長谷」と「彦」とは,本来は,同じものであると考える(その読みについては異論があり得る。)。

そして,「大長谷」は「大彦」であり,そして,「若建」の敬称であり,そして,「若建」とは,「倭國の建国者」という意味だと考える。

「ワか(が)タケル」の」「か」または「が」は,英語の「of」と同じような機能をもち,漢字では「賀」があてられることが多いが,目的語が現代文法とは逆になっていることがあり得る。

正確に言えば,当時,現在考えられているような意味での日本語や日本語文法は存在しない(←現代において日本語及び日本語文法と考えられているものは,明治時代以降に人工的に構築されたものである。)。

記紀の編者は,「倭のタケル」は,「ヤマト国のタケル」でもあり得る。すなわち,「ヤマト国の(武力による)建国者(統一者)」であるということを知っていたのではないかと思う。

「ヤマト国」については,古くから厳しい論争(いわゆる邪馬台国論争)があることを十分に承知している。しかし,それを十分に承知した上で,記紀の編者は,その建国者が,中国においては「倭國」と命名された国が,国内においては「ヤマト国」であり,魏書において「邪馬台」と記述された国と同一の国であるということを知っていたのだと考える。

あるいは,諸王の権力争いのために混乱した倭國を武力によって統一した大王が「倭のタケル」であったのかもしれない。

「大王」と「大彦」とが完全に同義の敬称であることについては,たぶん異論がないだろうと思う。

敬称なので,実名ではない。実名は,中国の史書に記された「武」ではないかと思う。

そして,『万葉集』の冒頭に雄略天皇の歌が掲げられていることは,実は,相当に重い歴史的な意味があると考える。

文学の領域における通説の解釈とは全く異なるが,雄略天皇の歌にある「籠」は,のどかな田園風景の象徴ではない。

それは,本来は,当時における倭國水軍の精神的な支柱となる海神(龍神)を祀る神社,すなわち,宮津の籠神社と関係する政治的なものであったのであろうと想像される。

当時は,大規模な軍団を移動させるための最も有効・適切な手段は舟だったのであり,そのような大規模な軍用船団をもつ者が倭國全体の支配権を握ることができた。このことは,神武東征神話の中でもかなり具体的に示されているし,ヤマトタケル神話の中でも進軍のために海路の確保が重要であったことが示されている。

それゆえ,海神を祀る神社が必須だった。

「籠」は軍港であり,籠の中の鳥は「軍船」であり得る。この軍船は,飛びたつ時,すなわち,出撃の時のために待機している。あるいは,各地の豪族から供出される軍船が籠である「籠」に集結するのだろうと考えられる。

このような軍船の集結に適した良い軍港となり得る入江のあった場所は,現在では江戸時代以降の埋め立てや自然の沖積により陸地になってしまっているところが多いけれども,例えば,大宰府から北方の区域(現在の博多周辺),大分県の宇佐神宮の周辺・近隣区域,茨城県の鹿嶋大社周辺区域等も含まれる。これらの区域が古代における重要な軍事拠点(特に軍港)であったことは,全くもって疑いようがない。

白江(白村江、または、百江または泊江または泊瀬または泊瀬江)における対唐戦の敗戦の後,その戦後復興の過程の中で,かつての伝説的な栄華を想起し,古代中国の書物の中にある事跡にちなんで,「千枝万葉」の願いがこめられているのかもしれない。

その際にイメージすべき植物は,杉や松ではない。

「たけ(武・建)」すなわち「竹(籠)」である。

タケは,千枝万葉を連想しやすい。しかも,山に何千本生えているように見えてもその根は共通しており,全体として1個の植物である。

いわゆる『魏志倭人伝』にも「竹」に関する言及がある。

(余談)

通説どおりにナンパの歌であると解した場合,「串」は,箸墓古墳の被葬者と考えられている倭迹迹日百襲姫命の(伝承上の)死因と直接的な関連性をもつ。

「百襲」と「泊瀬」は,ほぼ同じと考えることもできる。

「倭迹迹日」は,その読みを含め所説あり,謎の名とされている。

直観的には「和知都見」と何らかの関係があるのではないかというような気もするが,よくわからない。

案外と,名前ではないというのが正解かもしれない。「迹」は「蹟」なので,「後々の日の」という説明文のようなものだと考えることは可能だからだ。

いろいろと考えることが可能であるが,おそらく,記紀の編纂の段階で真実の歴史的前後関係がごちゃごちゃになってしまった部分もあると十分に想像されるので,結局は,いつまでたっても謎のままということになるのかもしれない。

(余談2)

「雄略」の「雄」が「武威」とほぼ同義であり得ることは異論がないであろう。

「略」の意義が問題となる。

『説文解字』には,「經略土地也」とあり,また,「強取也」ともある。

まさに「ヤマトタケル」の事跡そのものであるとも言える。

全体としてみると,「雄略」は,「武力による国の統一者」という意味を示し得ると考える。

| | コメント (0)

2017年7月 9日 (日曜日)

Asoka

対応しているというよりも一致していると考えて妥当だと思う。

 阿育   読み   明日香

 孔雀   表示   飛鳥

古代において孔雀は「朱雀」として神聖化され,飛鳥としてイメージされていた。

「大雀命」も同様に考えることができる。

現代まで続く姓の中では「佐々木」や「鈴木」の音が「朱雀」の漢音と似ているように思うこともある。

***

現代でも日本語と外来語とがごちゃごちゃになった中で生活しており,国語の教科書どおりに話したり書いたりする人は滅多にいない。古代ではもっとそうだったと推定される。梵語だけで読むのではなく,パーリ語やバクトリア語(ソグド語)の音も普通に混在していたと想定して考えてみることも大事だと思う。

事実としての歴史は,現代の言語学者のために存在しているわけがない。

***

仏典を通じて阿育王の事跡が伝来し,阿育王の事跡にちなんで,強力な武力による国家統一と仏教(法)による統治の原則をもって,独立国家としての基本体制を構築し,その名をそのまま王都の名としたのであろうと考えられる。

***

語呂合わせに過ぎないかもしれないが,「asoka」は「阿蘇我」と書ける。

[追記:2017年7月11日]

『扶桑略記』には,允恭天皇が「遠明日香天皇」と号したとある。また,「大和國高市郡遠明日香宮」,「一云河内國飛鳥宮」ともある。

中国の史書にある「倭王済」と推定する見解が多い。「済」は「百済」に通ずる。

| | コメント (0)

2017年6月28日 (水曜日)

EDPS 意見書(Opinion 3/2015)

EDPS 意見書(Opinion 3/2015)の参考訳を作成し,法と情報雑誌2巻6号に掲載して公表した。大学の仕事をこなしながら約3日ほどで訳して解説を付したものなので,誤訳や誤記の類が残っている可能性がある。あくまでも原文を読む際の参考として提供している。

 https://edps.europa.eu/sites/edp/files/publication/15-10-09_gdpr_with_addendum_en.pdf

この意見書には,2030年代の予測のようなことが書いてある。すなわち,「おそらく、2030 年代後半までである。そのときまでの間に、データ駆動型技術は、人工知能、自然言語処理及びバイオメトリックシステム、高度な知能のための自動学習の機能をもつアプリケーションに収斂しているものと想定される」とある。

要するに,社会において広範に人工知能の技術が応用されている状態を想定している。

私は,かなり甘い見通しではないかと思っている。

チューリングの理論の信奉者であることを完全にやめてしまいさえすれば,かつ,従来の自然言語に関する一般的な言語学上の理論を基本的には全部忘れて,もっと素朴な考え方に基づいてプログラム設計の根本を変えてしまいさせすれば,人工知能技術の開発は,とんでもなく大きなブレークスルーを迎えることになるだろう。それがどんなに権威があり支配的な理論であるとしても,根本的に間違った理論に基づく限り,ブレークスルーはない。そのような前提で,既に開発をはじめているところもきっとあるのに違いない。

そして,この意見書にあるような社会の到来は,2030年代ではなく,2020年代ではないかと考える。

***

法と情報雑誌は,通巻12号となった。1年間続いたことになる。研究費から印刷費を支出できる場合を除き,基本的に私費でやっているもので,非売品なので,ごく少数部しか印刷していない。しかし,国立国会図書館には納本しており,本館と関西館に1冊ずつ収納されているので,所定の手続に従い,そのコピー(紙媒体のみ)を入手することができる。デジタルのファイルの流通は,寄稿した個人の自由に任されている。私が書いたものの場合,特定の個人または法人に対して特別に許諾を与えた例外的な場合を除き,デジタルのファイルを一切流通させていないので,もし特別の許諾なくそれを保有する者があるとすれば,(著作権法の定めがある場合を除き)全て違法コピーということになる。

| | コメント (0)

2017年6月23日 (金曜日)

職場でノンアルコールビール

下記の記事が出ている。

 職場でノンアルビール、弁護士は「法的に問題あり」と指摘 「周囲の勤労意欲を阻害し、業務効率が落ちる可能性」
 キャリコネ:2017年6月23日
 https://news.careerconnection.jp/?p=37136

取材記事なので,弁護士が回答したとおりに正確に報道していない可能性が極めて高いが,もし取材内容が正確であるとすれば,間違っている。

一律に違法と断定する法的根拠は何もない。

当該事業所における労働それ自体の特質,地域制,労働契約によって定められる職務内容,労使間の協約,公正な労働慣行等によって異なる結論となることが明らかなので,事案ごとに細かく検討しないと何とも言えないというのが正解だ。

とりわけ,ランチタイムが比較的長く,ビールやワインを飲酒するのが普通の国の事業所等にそのまま違法説を適用した場合,当該企業の存亡にかかわるような深刻な労使紛争が発生する危険性も全くないとは言えない。

それゆえ,個別に丁寧に検討しなければならないのだ。

一般に,個別労働事件の案件では,ケースバイケースの判断が求められることが多い。一律に白黒を決めつけるような理屈は,少なくとも労働弁護士としては厳禁であると言える。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧