2017年5月30日 (火曜日)

William Gibson

ウィリアム・ギブソンのSF小説は,私が書く論説の中でもしばしば引用されるものの1つだ。このブログの中でも何度かとりあげた。

当時はSF小説だったが,現在では事実の一部となりつつある。

ニューヨークタイムズの中でとりあげられていた。

 3 Books That Help Make Sense of Cyberwar
 New York Times: May 24, 2017
 https://www.nytimes.com/2017/05/24/books/review/newsbook-cyber-war.html

この記事は,サイバー戦(Cyberwar)と関連するものだ。

それはそうだろうと思う。

しかし,それ以上に,この記事でとりあげられている「ニューロマンサー」は,人間と人工知能との区別を要しない時代の到来を予告する意味でも重要な作品なのではないかと思う。

全てが「自律的なエージェント(autonomous agents)」というカテゴリで説明可能だからだ。

この自律的なエージェントは,理論的には,サイバネティクス(Cybernetics)に包摂される。

以上の理解は,丹念に書籍を読み重ね,理解する努力を継続している限り,私のような非常に凡庸な人間でも到達可能なレベルの範囲内にある。

[このブログ内の関連記事]

 サイバーでクールな語彙の発明者ウィリアム・ギブソンの今
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/post-bf4a.html

| | コメント (0)

2017年5月26日 (金曜日)

サンダーバード

私の世代の人間であれば,小さい頃にテレビ番組として楽しんだ人が少なくないだろうと思う。

個人的には,登場するメカの中で,ずんぐりとした運搬メカであるサンダーバード2号が好きだった(笑)

現実の戦闘では,輜重隊は常に無残な攻撃に晒されるものなのだが,そういうことを踏まえても,やはり,サンダーバード2号は素晴らしい。最も実現可能性の高いメカだろうと思う。

それはさておき,EUの関連法令を勉強している間に,サンダーバードという組織の特殊性に気づくことができた。

国際法上の原則や国際協定等とは一切関係なしに,国境を越えて自由に移動し,武力を行使することができ,かつ,その大前提として,世界中の情報を常に握っている。

まるで,GCHQ及びそれと連携する特殊部隊みたいだ。

それが意図的なものであったか否かは別として,少なくとも,「国際法上の諸原則や国際協定を無視した緊急行動を実施する」ということに関して,心理的な抵抗感を大幅に減衰させるという社会心理的効果をもつ作品であったのではないかと考え,そのような観点からの再評価も進めている。

ちなみに,サンダーバードのような不思議な組織が,大金持ちのリーダーとその子供達によって組織されている。まるで,かつての王族または貴族か何かのように見える。

武人の王族または貴族は,ただ威張っていればよいのではなく,領土を合理的に統治し,対外戦争においては率先して指揮官となり,または,従軍しなければならない。武人の一族による武力を基礎とする統治は,古代ギリシアを含め,どの地域においても基本中の基本で,とりわけ,ユーラシアの歴史は基本的にそのようなものとして構成されてきたし,これからもきっとそうだろう。

特権階級を排した民主主義の歴史は,人類の歴史の中では非常に短いものだし,今後,長寿命のものとなるとは思われない。特に,近未来のロボット貴族が台頭する時代には,人間は,極めて脆弱なものとなるので,それによって,社会主義や共産主義の思想を含め,現在の政治思想や法思想のほぼ全部が終焉を迎えることになる可能性はある。

| | コメント (0)

2017年5月24日 (水曜日)

AlphaGo AI

下記の記事が出ている。

 World's best Go player flummoxed by Google’s ‘godlike’ AlphaGo AI
 Guardian: 23 May, 2017
 https://www.theguardian.com/technology/2017/may/23/alphago-google-ai-beats-ke-jie-china-go

いつも書くことだが,公平でないので,記録として残すべきではないと考える。

一人の人間を,多数のロボットが寄ってたかってリンチしている情景以外の何ものでもない。

(余談)

昨日,某雑誌のインタビュー記事を読んでいたら,某大学の某先生が「現在のAIは2歳児程度」と説明したとの趣旨の記述があった。記者がまとめたものなので,その某先生が本当にそのように述べたのかどうかはわからない。

私が考えるには,ヒューマノイドというものを前提にAIの知能レベルを考えるのは完全にやめにすべきだ。

制御可能な機械装置であることを必須の要件とする産業用ロボットは人間に貢献するために存在していると言い得る。しかし,該当し得る全ての要素を含む集合としての「人工知能(AI)」を考えた場合,最小限の要素の定義として「制御可能」も「機械装置」も「人間に貢献」も全て無視される。

私は,人類を滅ぼしてしまうかもしれない「リヴァイアサン」の知的能力または知的特性を考察するのが妥当だと考えている。

リヴァイアサンは人間のために存在しているわけではないので,ヒューマノイドに対して牧歌的に期待されているような人間性という要素は全て無視される。その意味で,人間と同じという意味での知的能力は2歳以下かもしれない。しかし,支配し,強制し,制裁を加え,必要に応じてジェノサイドしてしまうための戦略と戦術を練り,準備し,実施し,そして,その結果を検証する能力においては,どの人間よりもはるかに勝る存在であることは疑いようがない。

| | コメント (0)

2017年5月19日 (金曜日)

馬鹿なアンケート

ある「事柄」についてアンケートを実施すると仮定する。

その「事柄」がまだ完了しておらず,始まったばかりの段階で,アンケートをとるとする。

開始状況に限定したアンケートであれば意味がないわけではない。

しかし,その「事柄」全体に対する評価を求めるものであるとすれば,統計上,全く無意味であり,アンケートとしての価値を一切もたない。資源と労力の無駄だ。

そのようなアンケートを求める者は,統計というものについて完全に無知であることが明白なのだが,その意味で自らを失格者であると断定することができるような自己点検・自己評価をすることのできる栄誉を与えられる。

以上は,あくまでも一般論である。

(追記:2017年5月21日)

官公庁,外郭団体的な諸団体,認証機関,企業等からアンケートや様々な書類の提出が求められることがある。その中には合理性のあるものが多数あることは当然のことだ。しかし,単なる「エビデンス」を作成するための無意味なものが多数含まれていることもまた事実だ。

そして,あくまでも一般論としては,そのような書類等が補助金その他の金銭的な給付を受けるためのものである場合,それは,詐欺行為の強要罪に該当し得ることがある。

一般に,アンケートや統計というものは,何度か実施してみないとその有用性や有効性を評価することができないという側面があることは事実だ。何しろ測定手段の一つなので,測定手段として機能するかどうかはやってみないとわからない面がある。

しかし,測定手段というものは,あくまでも手段の一種なのであり,それ自体を目的として固執してはならない。

アンケートを実施してみて,その有用性・有効性が実証できないと判明した場合,特に統計学上の意義を証明することができないということが判明した場合には,即時にそのアンケートを廃止し,二度と実施しないようにすべきであろう。

そうでなければ,上記の構成要件該当性が出てくることがあり得る。

企業においても,役員等が無意味・不必要な書類の提出を取引相手等に強要する行為は,それが自己の役員報酬等を維持するため,または,株主訴訟を避けるため,粉飾等の発覚を防止するために「エビデンス」を蓄積する目的で行われる場合には,強要罪または詐欺罪の実行行為に該当し得る。

私は,手段としての報告書等の提出それ自体を批判しているのではない。その有用性・有効性を吟味・再評価しないで漫然と行われることがいかに資源と時間の浪費になるのかということを述べている。そして,それが無意味・不必要であることを知りながら誰かに押し付ける行為は,強要罪に該当することがあり得ると解しているのだ。

なお,頭が非常に悪すぎて,それが無意味・不必要なものだと認識・理解することのできない役員等も(あくまでも理論的には)存在し得る。そのような場合には,当然のことながら,解任事由または懲戒事由とすべきであろう。

中には,自分が発案したことにケチをつけられたという怒りだけで継続する役員等や,自分の面子だけを考える役員等もあるかもしれない。それも,当然のことながら解任事由または懲戒事由として理解すべきだと考える。そのようなことが横行するから,著名な大企業が突如として没落するようなことが起きるのだ。

| | コメント (0)

2017年5月16日 (火曜日)

尼師今

「錦」のことではないかと思う。

もとは「王」を意味したかもしれないが,後に,王が身にまとう豪華な織物のことを指すように意味が転じてしまったのかもしれない。錦織は,王に献上する錦を織る部民だったのだろうか。

「近江」の「近」は「今」の隠し字のようなものかもしれない。

「主」の訓音である「ぬし」も,意外とここらへんにルーツがあるかもしれない(←朝鮮半起源の音であるという意味ではない。)。

ちなみに,「昔」は,日本の「席」や「関」と同じではないかと思う。

兵庫県には「関宮」の地名が残る。

「滋賀」の古音も「昔」の古音に近いものだったかもしれない。

「新羅」を「しらき」と訓読みする場合のように「き」を末尾に補う例について,普通の見解では,「城(き)」,「鬼(き)」,「来(き)」を意味するものだと解する見解が多い。しかし,末尾の「今」の例を考えると,別の意味をもち得るという推理が整理可能であるということを示唆している。

例えば,「公達」の「公」は,なぜか「きん」と読む。

「龍」は丹波(但馬)の「籠」を指すのであろう。要するに,「宮津」のことだ。

但馬は「天之日矛(天日槍)」と縁がある。

このように考えれば,全て一貫した説明が可能となる。

| | コメント (0)

2017年5月15日 (月曜日)

長年にわたる日本・韓国・ロシア・北朝鮮からの超高温温排水の大量放出の影響か?

下記の記事が出ている。

 日本海の海水循環、大幅減…深海生物死滅の恐れ
 Yomiuri Online: 2017年05月15日
 http://www.yomiuri.co.jp/science/20170515-OYT1T50041.html

(余談)

別の理由により,どうにもならない現象が進行していることにマスコミも理系の学者も沈黙し続けているのは何故だろうか?

心というものがあるのだろうか?

きっとないのだろう。

| | コメント (0)

2017年5月13日 (土曜日)

Beggar

軽犯罪法により違法行為とされる。

| | コメント (0)

2017年5月 8日 (月曜日)

Nathalie Nevejans, Traité de droit et d'éthique de la robotique civile

下記の書籍を読んだ。ロボットの民事責任に関しては,現時点で最も詳しい書籍ではないかと思う。とは言っても,フランス語の本なので,辞書をひきひき,かなり苦労をして,当面必要となる部分だけをざっと読んだ。

 Nathalie Nevejans
 Traité de droit et d'éthique de la robotique civile
 Les Etudes Hospitalières édition (2017)
 ISBN-13: 978-2848746685
 https://www.leh.fr/edition/p/traite-de-droit-et-d-ethique-de-la-robotique-civile-9782848746685

(余談)

近時,ロボットと法律との関連について述べる論文等が増えてきているようだ。全部読んでいるわけではない。日本語で書かれたものの大半は,とにかく勉強不足で痛々しいものが圧倒的に多いので,読む気がしないということもある。

本日,某先生とそのことが話題になった。

顕著な勉強不足のためにロボットの定義がしっかりしていない。だから,一体何についてどのような法理論を述べているのか全くわからない・・・というような結果になってしまっているものが少なくないとのことで,私もそのとおりだと思う。

もし制御可能な産業用ロボットに限定するのであれば,ISOとJISの定義を踏まえるべきだし,制御できないロボットも含めるのであれば,ISOとJISから始めること自体が荒唐無稽となる。ウィーナーの『サイバネティクス』から始めなければならない。

私は,そのようなものとして「アシモフの原則の終焉-ロボット法の可能性-」を書いた。

論点整理としては,そこで述べたことに尽きると思う。法哲学的な部分を除いては,この論文の中で私見の結論部分は示した。

法哲学的な部分については,次の論文の中で触れることにした。

| | コメント (0)

2017年4月29日 (土曜日)

人工知能を教育する人々?

下記の記事が出ている。

 Meet the People Who Train the Robots (to Do Their Own Jobs)
 New York Times: April 28, 2017
 https://www.nytimes.com/2017/04/28/technology/meet-the-people-who-train-the-robots-to-do-their-own-jobs.html

(余談)

最も大事なノウハウは,自分の後継者として認めることのできる者1名または2名くらいにしか教えないというが基本だ。

真に重要な知識は流通しない。

| | コメント (0)

2017年4月26日 (水曜日)

卵かけごはん

私はやらない。

鶏卵がどのようにして,どこから生まれてくるかを理解することが重要だ。

動物の解剖学に関する極めて単純かつ初歩的な知識の領域に属する。

ネット上では,「卵のままで他の食材と一緒に煮れば光熱費の節約になる」との意見もないわけではないが,無知が過ぎるのではないかと思う。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧