2020年10月22日 (木曜日)

委員会スタッフ作業文書SWD(2018) 146 finalの参考訳をWeb公開

委員会スタッフ作業文書SWD(2018) 146 finalの参考訳を法と情報雑誌3巻10号(2018年10月)に掲載して公表した。

ミスタイプや誤訳・訳漏れ等が残存している可能性はあるが,Web公開することにした。

 委員会スタッフ作業文書SWD(2018) 146 final [参考訳]
 http://cyberlaw.la.coocan.jp/Documents/EU_SWD_2018_146.pdf

ただし,この参考訳の冒頭部分に明記してあるとおり,翻訳の大前提となる法解釈等は現時点におけるものであり,今後の研究の進展に伴い,将来,何らかの改訂が加えられる可能性がある。後に誤記や誤訳等が発見された場合も同様である。それゆえ,この参考訳を利用する場合には,各自の責任において行い,かつ,必ず原文にあたって検討することを要する。無思慮にコピーして利用した場合の責任は,全てその利用者自身にある。

また,このファイルの内容を引用する場合には,「Web公開版」の参考訳である旨を明記する必要がある。

加えて,原典の所在を示すURLは,2018年10月当時のものである。

この参考訳は,以上のような意味での制約のある専門家向けの参考資料の一種であり,確定訳でも公式訳でもない。

法律上の制限に関しては,著作権法及び関連法令が定めるところに従うものとする。

| | コメント (0)

2020年10月20日 (火曜日)

法と情報雑誌5巻1号(通巻39号)をWeb公開

これまで,紙ベースだけで法と情報雑誌を刊行してきた。

諸般の事情に鑑み,今後はWeb上で刊行することにし,法と情報雑誌5巻1号(通巻39号)を公表した。

 法と情報雑誌5巻1号(通巻39号)
 http://cyberlaw.la.coocan.jp/Documents/LawandInformationMag_No39.pdf

法と情報雑誌5巻1号には,以下の参考訳が収録されている。

 法へのアクセス報告書 [参考訳・改訂版]
 委員会決定 2011/833/EU [参考訳・改訂版]
 オープンデータ指令(EU) 2019/1024 [参考訳]

これらの参考訳の冒頭部分に明記してあるとおり,これらの参考訳にはミスタイプや誤訳・訳漏れ等が残存している可能性がある。

翻訳の大前提となる法解釈等は現時点におけるものであり,今後の研究の進展に伴い,将来,何らかの改訂が加えられる可能性がある。後に誤記や誤訳等が発見された場合も同様である。それゆえ,これらの参考訳を利用する場合には,各自の責任において行い,かつ,必ず原文にあたって検討することを要する。無思慮にコピーして利用した場合の責任は,全てその利用者自身にある。

また,このファイルの内容を引用する場合には,「Web公開版」の参考訳である旨を明記する必要がある。

加えて,原典の所在を示すURLは,2020年10月当時のものである。

これらの参考訳は,以上のような意味での制約のある専門家向けの参考資料の一種であり,確定訳でも公式訳でもない。

法律上の制限に関しては,著作権法及び関連法令が定めるところに従うものとする。

| | コメント (0)

2020年10月17日 (土曜日)

規則 (EU) 2016/679(一般データ保護規則)の参考訳・再訂版をWeb公開

規則 (EU) 2016/679(一般データ保護規則)の参考訳・再訂版を法と情報雑誌3巻5号(2018年5月)に掲載して公表した。

ミスタイプや誤訳・訳漏れ等が残存している可能性はあるが,Web公開することにした。

 規則 (EU) 2016/679(一般データ保護規則)[参考訳・再訂版]
 http://cyberlaw.la.coocan.jp/Documents/EU_GDPR_ver3.pdf

ただし,この参考訳の冒頭部分に明記してあるとおり,翻訳の大前提となる法解釈等は現時点におけるものであり,今後の研究の進展に伴い,将来,何らかの改訂が加えられる可能性がある。後に誤記や誤訳等が発見された場合も同様である。それゆえ,この参考訳を利用する場合には,各自の責任において行い,かつ,必ず原文にあたって検討することを要する。無思慮にコピーして利用した場合の責任は,全てその利用者自身にある。

また,このファイルの内容を引用する場合には,「Web公開版」の参考訳である旨を明記する必要がある。

加えて,原典の所在を示すURLは,2018年5月当時のものである。

この参考訳は,以上のような意味での制約のある専門家向けの参考資料の一種であり,確定訳でも公式訳でもない。

法律上の制限に関しては,著作権法及び関連法令が定めるところに従うものとする。

| | コメント (0)

2020年10月14日 (水曜日)

欧州のための人工知能通知COM(2018) 237 finalの参考訳をWeb公開

欧州のための人工知能通知COM(2018) 237 finalの参考訳を法と情報雑誌3巻9号(2018年9月)に掲載して公表した。

ミスタイプや誤訳・訳漏れ等が残存している可能性はあるが,Web公開することにした。

 欧州のための人工知能通知COM(2018) 237 final
 http://cyberlaw.la.coocan.jp/Documents/EU_Artificial_Intelligence_Europe.pdf

ただし,この参考訳の冒頭部分に明記してあるとおり,翻訳の大前提となる法解釈等は現時点におけるものであり,今後の研究の進展に伴い,将来,何らかの改訂が加えられる可能性がある。後に誤記や誤訳等が発見された場合も同様である。それゆえ,この参考訳を利用する場合には,各自の責任において行い,かつ,必ず原文にあたって検討することを要する。無思慮にコピーして利用した場合の責任は,全てその利用者自身にある。

また,このファイルの内容を引用する場合には,「Web公開版」の参考訳である旨を明記する必要がある。

加えて,原典の所在を示すURLは,2018年9月当時のものである。

この参考訳は,以上のような意味での制約のある専門家向けの参考資料の一種であり,確定訳でも公式訳でもない。

法律上の制限に関しては,著作権法及び関連法令が定めるところに従うものとする。

 

| | コメント (0)

オンラインコンテント可搬性規則(EU) 2017/1128の参考訳をWeb公開

オンラインコンテント可搬性規則(EU) 2017/1128の参考訳を法と情報雑誌3巻6号(2018年6月)に掲載して公表した。

ミスタイプや誤訳・訳漏れ等が残存している可能性はあるが,Web公開することにした。

 オンラインコンテント可搬性規則(EU) 2017/1128
 http://cyberlaw.la.coocan.jp/Documents/EU_OnlineContentProtability_Regulation.pdf

ただし,この参考訳の冒頭部分に明記してあるとおり,翻訳の大前提となる法解釈等は現時点におけるものであり,今後の研究の進展に伴い,将来,何らかの改訂が加えられる可能性がある。後に誤記や誤訳等が発見された場合も同様である。それゆえ,この参考訳を利用する場合には,各自の責任において行い,かつ,必ず原文にあたって検討することを要する。無思慮にコピーして利用した場合の責任は,全てその利用者自身にある。

また,このファイルの内容を引用する場合には,「Web公開版」の参考訳である旨を明記する必要がある。

加えて,原典の所在を示すURLは,2018年6月当時のものである。

この参考訳は,以上のような意味での制約のある専門家向けの参考資料の一種であり,確定訳でも公式訳でもない。

法律上の制限に関しては,著作権法及び関連法令が定めるところに従うものとする。

| | コメント (0)

2020年10月11日 (日曜日)

指令(EU) 2017/541の参考訳をWeb公開

指令(EU) 2017/541の参考訳を法と情報雑誌2巻8号(2017年8月)に掲載して公表した。

ミスタイプや誤訳・訳漏れ等が残存している可能性はあるが,Web公開することにした。

 指令(EU) 2017/541 [参考訳]
 http://cyberlaw.la.coocan.jp/Documents/EU_Directive_2017_541.pdf

ただし,この参考訳の冒頭部分に明記してあるとおり,翻訳の大前提となる法解釈等は現時点におけるものであり,今後の研究の進展に伴い,将来,何らかの改訂が加えられる可能性がある。後に誤記や誤訳等が発見された場合も同様である。それゆえ,この参考訳を利用する場合には,各自の責任において行い,かつ,必ず原文にあたって検討することを要する。無思慮にコピーして利用した場合の責任は,全てその利用者自身にある。

また,このファイルの内容を引用する場合には,「Web公開版」の参考訳である旨を明記する必要がある。

加えて,原典の所在を示すURLは,2017年8月当時のものである。

この参考訳は,以上のような意味での制約のある専門家向けの参考資料の一種であり,確定訳でも公式訳でもない。

法律上の制限に関しては,著作権法及び関連法令が定めるところに従うものとする。

| | コメント (0)

2020年10月 9日 (金曜日)

ゴラン・スクローボニャ『私たちはみんなテスラの子供 前編』

私の実弟が高橋ブランカ氏との共訳により,下記の書籍を刊行し,本日届いた。弟が定年退職後の楽しみとして勉強し,高橋ブランカ氏との共訳として翻訳したセルビア人作家の作品だ。

 私たちはみんなテスラの子供 前編
 ゴラン・スクローボニャ著
 夏井徹明・高橋ブランカ訳
 幻冬舎 (2020/10/9)
 ISBN-13 : 978-4344929913
 https://www.gentosha-book.com/products/9784344929913/

私の自宅に同居して私が扶養している母宛に届いたので,まずは母が読むべきだと考え,私はまだ読んでいない。

しかし,帯に書かれたキャッチによれば面白そうな内容の本だと思った。母が読み終えるまで相当に時間がかかるだろうと予想されたので,届いた本とは別に,Amazonに1冊注文した。

原著者は,世界的にはかなり有名な人なのだけれども,日本ではほとんど知られていない。

そもそも,原著者の祖国であるセルビアのことに関し,高校の世界史や地理の教科書に出てくる程度よりも詳細な知識をもっている人はあまりいないのではないかと思う。

この本の原著者に限らず,日本では無名の作家は世界中にいる。そして,日本では無名でも非常に優れた作品がたくさんある。

そのような優れた作品が日本でも広く知られるようになることを願う。

ちなみに,私自身は,セルビア語を全く解さないので,この本の翻訳が正確なものであるかどうかを判断する能力も全くもっていない。

| | コメント (0)

2020年10月 3日 (土曜日)

欧州データ空間通知COM(2018) 232 finalの参考訳をWeb公開

欧州データ空間通知COM(2018) 232 finalの参考訳を法と情報雑誌3巻10号(2018年10月)に掲載して公表した。

ミスタイプや誤訳・訳漏れ等が残存している可能性はあるが,Web公開することにした。

 欧州データ空間通知COM(2018) 232 final
 http://cyberlaw.la.coocan.jp/Documents/EU_EuropeanDataSpace.pdf

ただし,この参考訳の冒頭部分に明記してあるとおり,翻訳の大前提となる法解釈等は現時点におけるものであり,今後の研究の進展に伴い,将来,何らかの改訂が加えられる可能性がある。後に誤記や誤訳等が発見された場合も同様である。それゆえ,この参考訳を利用する場合には,各自の責任において行い,かつ,必ず原文にあたって検討することを要する。無思慮にコピーして利用した場合の責任は,全てその利用者自身にある。

また,このファイルの内容を引用する場合には,「Web公開版」の参考訳である旨を明記する必要がある。

加えて,原典の所在を示すURLは,2018年10月当時のものである。

この参考訳は,以上のような意味での制約のある専門家向けの参考資料の一種であり,確定訳でも公式訳でもない。

法律上の制限に関しては,著作権法及び関連法令が定めるところに従うものとする。

| | コメント (0)

2020年9月27日 (日曜日)

規則(EU) 2017/1563の参考訳をWeb公開

規則(EU) 2017/1563の参考訳を法と情報雑誌2巻11号(2017年11月)に掲載して公表した。

ミスタイプや誤訳・訳漏れ等が残存している可能性はあるが,Web公開することにした。

 規則(EU) 2017/1563
 http://cyberlaw.la.coocan.jp/Documents/EU_Regulation_2017_1563.pdf

ただし,この参考訳の冒頭部分に明記してあるとおり,翻訳の大前提となる法解釈等は現時点におけるものであり,今後の研究の進展に伴い,将来,何らかの改訂が加えられる可能性がある。後に誤記や誤訳等が発見された場合も同様である。それゆえ,この参考訳を利用する場合には,各自の責任において行い,かつ,必ず原文にあたって検討することを要する。無思慮にコピーして利用した場合の責任は,全てその利用者自身にある。

また,このファイルの内容を引用する場合には,「Web公開版」の参考訳である旨を明記する必要がある。

加えて,原典の所在を示すURLは,2017年11月当時のものである。

この参考訳は,以上のような意味での制約のある専門家向けの参考資料の一種であり,確定訳でも公式訳でもない。

法律上の制限に関しては,著作権法及び関連法令が定めるところに従うものとする。

| | コメント (0)

指令(EU) 2017/1564の参考訳をWeb公開

指令(EU) 2017/1564の参考訳を法と情報雑誌2巻11号(2017年11月)に掲載して公表した。

ミスタイプや誤訳・訳漏れ等が残存している可能性はあるが,Web公開することにした。

 指令(EU) 2017/1564
 http://cyberlaw.la.coocan.jp/Documents/EU_Directive_2017_1564.pdf

ただし,この参考訳の冒頭部分に明記してあるとおり,翻訳の大前提となる法解釈等は現時点におけるものであり,今後の研究の進展に伴い,将来,何らかの改訂が加えられる可能性がある。後に誤記や誤訳等が発見された場合も同様である。それゆえ,この参考訳を利用する場合には,各自の責任において行い,かつ,必ず原文にあたって検討することを要する。無思慮にコピーして利用した場合の責任は,全てその利用者自身にある。

また,このファイルの内容を引用する場合には,「Web公開版」の参考訳である旨を明記する必要がある。

加えて,原典の所在を示すURLは,2017年11月当時のものである。

この参考訳は,以上のような意味での制約のある専門家向けの参考資料の一種であり,確定訳でも公式訳でもない。

 

法律上の制限に関しては,著作権法及び関連法令が定めるところに従うものとする。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧