2019年1月16日 (水曜日)

masculinity

下記の記事が出ている。

 Psychologists defend claim of “destructive aspects” to masculinity
 ars technica: January 16, 2019
 https://arstechnica.com/science/2019/01/psychologists-defend-linking-masculinity-to-violence-sexism-homophobia/

一般に,生物種としての本質と法的理念とはしばしば相反する。そのバランスをとる調和点は,当該時点における自然環境及び社会・政治環境によって決定される。

それは,固定的なものではない。

つまり,このようなタイプの問題は,精神医学を含む学術上の確定可能な問題ではなく,単なる偶然的な結果によって左右され続けるものに過ぎないかもしれない。

自然環境の大規模な変化は,全ての理念を吹き飛ばしてしまうことがある。理念は,天体の運行,地球の地殻変動,それらと密接な関係をもつ気象変動に勝つことなど絶対にできない。

それゆえ,学術としては,ある理念が国家的強制力をもって通用する範囲及びそのメカニズムを探究することに限定するほうが生産的である。

そのような場合に,「状況」というパラメータが非常に重要となる。

状況が変われば,全ての価値観が逆転することもあり得るし,現に,人類の歴史上,そういうことがしばしばあった。

| | コメント (0)

2018年12月15日 (土曜日)

Ebola

下記の記事が出ている。

 Ebola outbreak reaches city of 1 million residents
 ars technica: December 15, 2018
 https://arstechnica.com/science/2018/12/ebola-outbreak-reaches-city-of-1-million-residents/

| | コメント (0)

2018年12月 6日 (木曜日)

英国:DNAデータベースに対するサイバー攻撃

下記の記事が出ている。

 Brits' DNA data sent to military base after 'foreign' hack attacks – report
 Register: 6 December, 2018
 https://www.theregister.co.uk/2018/12/06/foreign_hackers_trying_to_steal_brits_dna/

あくまでも理屈の問題としては,特定のタイプのDNAをもった人々だけをターゲットとする遺伝子兵器は成立可能ではないかと思う。

それゆえ,今後,遺伝子関連の研究施設に対する攻撃が激化する可能性を否定できない。

| | コメント (0)

2018年11月14日 (水曜日)

化学兵器戦

下記の記事が出ている。

 The Chemists’ War
 New York Times: November 10, 2018
 https://www.nytimes.com/2018/11/10/science/chemical-weapons-world-war-1-armistice.html

現時点でも化学兵器や生物兵器による攻撃の脅威は存在している。

加えて放射線兵器や電磁波兵器の脅威もある。

更に,それらと組み合わされたハイブリッドな脅威がある。

第1次大戦と第2次大戦を通じて非常に大勢の人々が亡くなったが,現時点では,既存の凝り固まった国際法上では戦争行為とは認められないような攻撃により,両大戦の死者総数を上回る人々が亡くなってしまう危険性または脅威が常に存在している。

事実の変化に即して,国際法の基本理論の多くが塗り替えられなければならないのだが,現在の国際法学者がそのようにするとは到底思えない。

国際法に限らず,他の法分野でもそうだ。

現実に旧態然とした学者が生きており,学術の世界において大きな支配力をもち続けている限り,私が生きている時代には無理なことなので,そんなことはさっさと諦め,何十年か後の人々のために正しい理論体系を構築して残そうと思う。

| | コメント (0)

2018年11月11日 (日曜日)

モバイルの電波の発がん性に関する議論

米国のFDAは,次のように公表している。

 Statement from Jeffrey Shuren, M.D., J.D., Director of the FDA’s Center for Devices and Radiological Health on the National Toxicology Program’s report on radiofrequency energy exposure
 FDA: November 1, 2018
 https://www.fda.gov/NewsEvents/Newsroom/PressAnnouncements/ucm624809.htm

なお,下記のような関連記事が出ている。

 Study of Cellphone Risks Finds ‘Some Evidence’ of Link to Cancer, at Least in Male Rats
 New York Times: November 1, 2018
 https://www.nytimes.com/2018/11/01/health/cellphone-radiation-cancer.html

 What Does Bombarding Rodents With Cell Phone Radiation Tell Us About Risks To Humans?
 Forbes: November 4, 2018
 https://www.forbes.com/sites/geoffreykabat/2018/11/04/what-does-bombarding-rodents-with-cell-phone-radiation-tell-us-about-risks-to-humans/

(余談)

私は,当然のことながら,有害という見解を支持しているので,携帯電話のスイッチは常にオフとし,どうしても必要なときだけオンにしている。そして,スマートフォンやタブレットはもたないことにしている。

しかし,このような自己防衛策は,ほとんど無意味化しつつある。

そこら中が電波だらけのIoT社会に変化しつつあるからだ。

私見によれば,発がん性だけではなく,精神状態への影響も真面目に検討すべきだと思う。少なくとも,軍用兵器としては,電波による脳機能破壊兵器は既に存在している。

| | コメント (0)

2018年10月31日 (水曜日)

脳内埋め込み機器の脆弱性?

下記の記事が出ている。

 Pain in the brain! Kaspersky warns of hackable brain implants
 Register: 29 October, 2018
 https://www.theregister.co.uk/2018/10/29/hacked_brain_implants/

| | コメント (0)

2018年10月16日 (火曜日)

Genetic Gold Rush?

下記の記事が出ている。

 Genetic Gold Rush: Ancestry DNA Databases Spell End Of Anonymity
 Media Line: October 15, 2018
 http://www.themedialine.org/news/genetic-gold-rush-ancestry-dna-databases-spell-end-of-anonymity/

| | コメント (0)

2018年9月 6日 (木曜日)

中国:ネット中毒の防止のため,利用者の実名登録を強化?

下記の記事が出ている。

 State data to be used to limit child gamers in China
 BBC: 6 September, 2018
 https://www.bbc.com/news/technology-45432863

| | コメント (0)

2018年8月28日 (火曜日)

スマートフォンの画面は汚染されているか?

下記の記事が出ている。

 Shocking Images Show How Much Bacteria is Really On Your Smart Phone
 Social News Daily: August 24, 2018
 https://socialnewsdaily.com/75204/shocking-images-show-how-much-bacteria-is-really-on-your-smart-phone/

(余談)

一般に,乾燥した画面上では,細菌が付着しても概ね24時間以内に死滅してしまうと言われている。

しかし,カビの胞子やウイルスや寄生虫の類については,同様に言うことができない。

また,通常,画面上には皮脂や身体の組織片等が濃密に付着しているので,そのようなものを栄養源として細菌が存続する可能性は否定されない。

加えて,24時間以上の間隔でスマートフォン等を利用するユーザは,むしろ珍しいのではないだろうか?

以上のことから,スマートフォンやタブレット等を共用する場合,パンデミックを含め,保健・衛生面の危機管理が重要となる。

今後,情報セキュリティ管理者は,細菌学・微生物学や基礎生物学を含め,上記のような面においても危機管理能力を発揮できる人材だけを採用・配置すべきであろう。当の本人がそのような事項に関する専門家でなくても,危機管理の要点に対する感性が鋭く,素早く関連部署に精密な検討を依頼し,それを踏まえて迅速かつ効果的かつ効率的な対策を指示できる能力が求められる。

情報セキュリティの管理は,基本的には,当該組織の統治の一部である。

| | コメント (0)

2018年7月24日 (火曜日)

モバイル通信に用いられる電波の発がん性に関する新たな議論

下記の記事が出ている。

 Mobile phones and cancer – the full picture
 Guaridian: 21 July, 2018
 https://www.theguardian.com/technology/2018/jul/21/mobile-phones-are-not-a-health-hazard

(余談)

一般に,電波の身体に対する影響と言っても,周波数帯により異なる性質をもつ影響があり得ることが知られている。

5Gで利用が予想されているらしいマイクロ波の周波数帯について言うと,マイクロ波それ自体の物理的な特性による長所と短所については比較的良く知られているが,その身体に対する影響についてはあまりよく知られていない。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧