2020年2月26日 (水曜日)

石井夏生利『EUデータ保護法』

下記の書籍の献本を受けたので,早速読んでみた。すべての部分について私の翻訳(参考訳)があり,かなり以前に公表していることや,著者の主要書籍全部を既に読んでいることの結果,本書の内容を事実上既に熟知しているということもあるが,およそ10分ほどで全部精読できた。

他に類書がないわけではないけれども,このボリュームの概説書は他に出ておらず,内容も標準的なので,とりあえず参考にするのには良い本だと思われる。

 石井夏生利
 EUデータ保護法
 勁草書房 (2020/1/21)
 ISBN-13: 978-4326403707

なお,学説上の見解において,異なる見解に依拠したほうが妥当だろうと判断できる箇所がある。著者の従前の説を維持しているということなのだろうと推察可能ではあるが,そのような箇所については,読者自身の評価と判断に従うべきである。

 

 

| | コメント (0)

2019年11月22日 (金曜日)

名和小太郎『情報の法社会学』

下記の書籍の寄贈を受けたので,早速読んでみた。小さな本なので,約10分ほどで読了できる。内容は,鈴木正朝先生を聞き手とする聞き取り(インタビュー)となっており,名和先生らしい言動に満ちている。オフレコになっている部分がきっと重要なのだろうと思う(笑)

 名和小太郎
 情報の法社会学
 翔泳社
 2019年7月22日発行
 ISBN978-4-7981-6346-8

 

 

| | コメント (0)

2019年10月18日 (金曜日)

EU:eプライバシー規則案の審議状況

当初の予定よりも随分と時間がかかっているけれども,審議が継続されている。提案内容には随分と修正が加えられてきたようだ。詳細は,下記のサイトにあり,丹念に読むと関連文書を入手できる。

 Procedure 2017/0003/COD
 https://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/HIS/?uri=CELEX%3A52017PC0010

| | コメント (0)

2019年10月17日 (木曜日)

米国:カリフォルニア州California Consumer Privacy Act (CCPA) のガイドライン案

2020年1月1日から適用されるCCPAの執行のための指針の策定作業が進められている。

CCPAの仮訳(抄訳)は日本国の個人情報保護委員会から公表されているが,この仮訳とは関係なく,私訳(参考訳)を作成し,次号の法と情報雑誌上で公表することにした。

 
 California Consumer Privacy Act (CCPA)
 https://oag.ca.gov/privacy/ccpa

 California’s Privacy Act: What you need to know now
 Tech Crunch, October 12, 2019
 https://techcrunch.com/2019/10/12/californias-privacy-act-what-you-need-to-know-now/2019/10/12/californias-privacy-act-what-you-need-to-know-now/2019/10/12/californias-privacy-act-what-you-need-to-know-now/

 個人情報保護委員会によるCCPAの仮訳(抄訳)
 https://www.ppc.go.jp/enforcement/infoprovision/laws/CCPA/

| | コメント (0)

2019年7月 3日 (水曜日)

7Payで不正アクセス被害発生?

下記の記事が出ている。

 「7pay」で不正アクセス被害 「クレカから勝手にチャージされた」報告相次ぐ 運営元はID・パスワード変更を推奨
 IT Media: 2019年7月3日
 https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1907/03/news090.html

現行の不正アクセス禁止法にはかなり重大な欠陥があるが,改正される見込みはないので,不正アクセス罪構成には難問がつきまとう。

端的に,電子計算機使用詐欺罪の既遂罪ということで良いのではないかと考える。

| | コメント (0)

Outlookの脆弱性

下記の記事が出ている。

 US Cyber Command issues alert about hackers exploiting Outlook vulnerability
 ZDNet: July 2, 2019
 https://www.zdnet.com/article/us-cyber-command-issues-alert-about-hackers-exploiting-outlook-vulnerability/

| | コメント (0)

2019年7月 1日 (月曜日)

便利なデバイスは奴隷になるための道具

下記の記事が出ている。

 Wearable technology started by tracking steps. Soon, it may allow your boss to track your performance.
 Washington Post: June 28, 2019
 https://www.washingtonpost.com/technology/2019/06/28/wearable-technology-started-by-tracking-steps-soon-it-may-allow-your-boss-track-your-performance/

 

| | コメント (0)

2019年6月13日 (木曜日)

米国:US Customs and Border Protection (CBP)から委託を受けた事業者のサーバがハックされたらしい

下記の記事が出ている。

 Hackers stole photos of travelers and license plates from subcontractor
 Naked Security: 12 June, 2019
 https://nakedsecurity.sophos.com/2019/06/12/hackers-stole-photos-of-travelers-and-license-plates-from-subcontractor/

 アメリカ出入国者の顔写真が流出、約10万人に影響
 GIZMODO: 2019年6月11日
 https://www.gizmodo.jp/2019/06/hackers-stole-u-s-customs-and-border-protections-trave-1835385461.html

| | コメント (0)

2019年6月 9日 (日曜日)

EU:ECRIS指令(EU) 2019/884

下記のところで公示されている。

 Directive (EU) 2019/884
 https://eur-lex.europa.eu/eli/reg/2019/884/oj

| | コメント (0)

2019年6月 8日 (土曜日)

Eurojust規則(EU) 2018/1727の参考訳をWeb公開

Eurojust規則(EU) 2018/1727の参考訳を作成し,2019年5月に法と情報雑誌4巻5号に掲載して公表した。

なにぶんにも全部私1人だけでやっていることなので,誤訳,誤記,訳漏れ等が残存している可能性はあるが,Web公開の必要があると判断したので,Web公開することにした。

 Eurojust規則(EU) 2018/1727
 http://cyberlaw.la.coocan.jp/Documents/EU%20Regulation%202018%201727%20Translation%20ver%201.pdf

ただし,この参考訳の冒頭部分に明記してあるとおり,翻訳の大前提となる法解釈等は現時点におけるものであり,今後の研究の進展に伴い,将来,何らかの改訂が加えられる可能性がある。後に誤記や誤訳等が発見された場合も同様である。それゆえ,この参考訳を利用する場合には,各自の責任において行い,かつ,必ず原文にあたって検討することを要する。無思慮にコピーして利用した場合の責任は,全てその利用者自身にある。

また,このファイルの内容を引用する場合には,「Web公開版」の参考訳である旨を明記する必要がある。

この参考訳は,以上のような意味での制約のある専門家向けの参考資料の一種であり,確定訳でも公式訳でもない。

法律上の制限に関しては,著作権法及び関連法令が定めるところに従うものとする。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧