2017年9月22日 (金曜日)

弥生時代の船-大航海時代のさきがけ-

別のことを調べていて,たまたま下記の資料をみつけた。わかりやすいし,とても良い資料だと思う。

 弥生時代の船-大航海時代のさきがけ-
 資料集
 http://www.harc.or.jp/gyouji/pdf/y2015/26kataru_shiryo.pdf

いまどき「弥生時代に大型船などあるはずがない」などと主張する者はいないだろうと思うが,もしいたら,ちゃんと調べて考えてから発言してもらいたいものだと思う。

なお,この資料の副題には「さきがけ」とあるけれども,それは間違いだと思う。

このような大型船またはもっと大きな船に乗って,人々は日本列島にやってきたのだ。

日本人に単一人種性という意味での連続性は全くなく,何千回・何万回という混血の累積の結果が現在の日本人になっている。

それは,DNA解析の結果によって既に明らかなことだと思う。

私見によれば,このような船の文化は,遠いメソポタミアやエジプトまで広がっているのであり,文化としては同一文化圏にあると考えたほうが説明しやすい事柄が多いように思う。

無論,自然環境や利用可能な資源の相違による地域差はある。

しかし,もっとおおざっぱなマクロの目で見れば,そうなのだ。

| | コメント (0)

「古事記をそのままよむ」というサイト

たまたま下記のサイトをみつけた。大変な労作だと思う。賛成できない部分もあるが、とても勉強になった。

 古事記をそのまま読む
 http://kj.himiko-y.com/

このサイトでも明確に主張されているとおり、本居宣長の書いたものは、自分の情緒と想像で勝手に(完全に主観的に)書いているのものたけなので、文学としては構わないかもしれないが、歴史学としては、「存在しなかったもの」として扱い、完全に忘れてしまったほうがよい。

本居宣長にこだわる限り、何も得られない。

| | コメント (0)

2017年9月16日 (土曜日)

考古学ジャーナル2017年8月号 特集:古墳時代の武装・馬装の研究現時点

大学の夏休み中に仕上げてしまおうと思っていた予定をどうにかこなし,一休みというところ。

1ヶ月以上前に三省堂本店で購入してそのままにしてあった考古学ジャーナルを読んだ。

 考古学ジャーナル2017年8月号
 特集:古墳時代の武装・馬装の研究現時点
 http://www.hokuryukan-ns.co.jp/magazines/07journal/j2017_08.html

非常に興味深い。

この分野は,ミクロの研究が非常に大事だが,それと同時にマクロの研究も大事だ。

この雑誌の中のある記事において巧妙に暗喩されているとおり,今後は,古代の極東~バクトリア~アルタイあたりの遺物とのマクロ的またはトポロジー的な研究がもっと盛んに行われるべきだと思う。

シナリオとしては,人間そのものが大勢わたってきたというシナリオ,文化だけがわたってきたというシナリオ,そして多種多様なその中間形態が考えられるし,それらが長い時代の変化の中で累積的に混合していると考えることもできる。

「単一民族」的な発想で考えるのは,最も愚かなことだと思う。

古代の極東~朝鮮半島~日本列島の古代人の遺骨等から得られる遺伝子を調べてみても,そのことが既に明らかだと思う。

| | コメント (0)

2017年9月14日 (木曜日)

木口小平は死んでも口からラッパを離さなかったか?

たまたま下記のブログ記事をみつけて読んだ。

 木口小平の真実
 http://yabunira.blog.so-net.ne.jp/2008-06-21

なるほどと思う。

日本国に限らず,特定の人間を神格化し,崇拝するような国では,ろくな未来が待っていない。

| | コメント (0)

2017年9月11日 (月曜日)

歴史は謎だ

久しぶりに「しばやんの日々」を訪問し,幾つか記事を読んだ。

 坂本龍馬の暗殺は誰がやったのか~~その1
 http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-26.html

 坂本龍馬の暗殺は誰がやったのか~~その2
 http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-27.html

 坂本龍馬の暗殺は誰がやったのか~~その3
 http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-28.html

 坂本龍馬の暗殺は誰がやったのか~~その4
 http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-29.html

 江戸開城後に静岡移住を決意した旧幕臣らを奴隷同然に運んだ米国の船
 http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-363.html

 薩摩藩・長州藩の討幕活動に深く関わったグラバー商会のこと
 http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-483.html

 龍馬の二番目の姉・栄はなぜ「龍馬伝」に出てこなかったのか
 http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-89.html

 貧家に生まれた岩崎彌太郎が三菱財閥を創業した経緯
 http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-524.html

薩長勢力を圧倒的に正義とする「ものの見方」に異を唱える見解が最近ではごく普通になったのだが,実際にそういうものを読んでみると,この「しばやんの日々」のパクリそのものというものも全くないわけではなく,複雑な心境になる。

タイムマシンが存在しない以上,本当のことは誰にもわからない。

しかし,そうであるからこそ,特定の意見だけを絶対視することは危険だ。

私は,「しばやんの日々」に書かれていることを絶対視しているわけではないが,「とにかく調べられる限り徹底的に調べる」という姿勢は,かなりレベルの高い歴史学者と比較しても尊敬に値するものだと思っている。

たいていは,単なるうけうりだけで,いい加減に書くものだ。

そういう中で,この「しばやんの日々」は,結論に賛否はあるかもしれないが,当該記事が書かれたその時点におけるベストを尽くしているという点で,比類のないものだと思う。

ちなみに,このブログでは某放送局の歴史ドラマの批判がときどき書かれている。

要するにドラマなので,真実の歴史とは全く関係がないのだが,大概の素朴な視聴者はそう思わないだろうから,その弊害が著しい。5分間に一度,「史実とは全く関係がありません。このドラマは,歴史上の素材を用いた純粋な娯楽作品です。」というテロップを画面のど真ん中に表示することを強制するような法制度を構築すべきではないかと思う。

| | コメント (2)

2017年9月 4日 (月曜日)

大塚初重・梅澤重昭 『東アジアに翔る上毛野の首長-綿貫観音山古墳』

下記の書籍を三省堂本店で見つけ,購入して早速読んだ。

 大塚初重・梅澤重昭
 東アジアに翔る上毛野の首長-綿貫観音山古墳
 新泉社(2017)
 ISBN-13: 978-4787716392

論述にはところどころ歯切れの悪い部分がある。

そういう部分が重要だ。

これまで長年にわたり唯物史観に征服され支配されてきた日本国の考古学及び歴史学において,ようやくまともな本が出始めたということなのだろうと思う。

この古墳は訪問したことがある。

立派な古墳だと思った。

また,4個配置されている円形の附属施設のようなものから,当時の古代中国における観念を強く感じるとることができる。

この書籍でも明確に示されているとおり,この古墳は,晋尺に基づいて造営されている。

それだけでもほぼ答えになっていると思う。

加えて,発掘された瓶は,否定しようのない物的証拠だと考える。

少し後の時代になるが,同様の瓶は,隋または唐の仏寺遺跡発掘物(←東京の国立博物館にも少量ながら収蔵されている)にも示されていることから考えれば,概ね,その歴史的意味を理解することができる。

すなわち,聖なる杯をもつ石人またはその肖像が示す支配者と,瓶をもつ被支配者とは,対をなすものだと考えるのが妥当だ。

その杯及び瓶の中に入っているのは,無論,葡萄酒だ。

これは,古代ギリシア文明に由来するもので,古代バクトリアを通じて,ユーラシア全域が一体としての文明圏にあったと考えるのが正しい。

すなわち,この時期における中華は存在しない。

完全な断絶がある。

そして,鮮卑族なるものを蒙古人の一種と考えるのは,そろそろやめるべきことだろう。

| | コメント (0)

2017年8月26日 (土曜日)

謎のバビロニア楔形文字文書-数学史上の大発見か?

下記の記事が出ている。

 This ancient Babylonian tablet may contain the first evidence of trigonometry
 Science: August 24, 2017
 http://www.sciencemag.org/news/2017/08/ancient-babylonian-tablet-may-contain-first-evidence-trigonometry

 The Babylonians discovered a strange form of trigonometry
 ars technica: August 26, 2017
 https://arstechnica.com/science/2017/08/ancient-tablet-reveals-babylonians-discovered-trigonometry/

無論,後世の贋作という可能性もないわけではないので即断はできないが,贋作ではないとすれば,大発見の可能性はあると考えられる。

あくまでも一般論だが,ヘロドトスも述べているとおり,古代ギリシアは西欧文明の発祥の地とは言い難い。現在の中東~中央アジアの文明が何らかの原因により移動した結果,古代ギリシア文明が成立するに至ったと考えるほうが合理的である。古代インド文明や東アジアの文明についても同じことを言うことができる。

ここにおいても,いわゆる唯物史観なるものの客観的な根拠が日々確実に,かつ,全面的に崩壊し続けている。

| | コメント (0)

2017年8月14日 (月曜日)

古代ギリシア人の祖先はアナトリアから移住?

下記の記事が出ている。

 Europe's first advanced civilisations originated from TURKEY: Early Greeks were descendants of early Neolithic farmers who migrated from Anatolia, DNA reveals
 Daily Mail: 2 August, 2017
 http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-4750460/Ancient-DNA-analysis-reveals-Minoan-Mycenaean-origins.html

古代の遺物に描かれた「ギリシア人」の戦士の多くは黒髪・黒髭で,アナトリア半島に現在でも住んでいる人々と共通の特徴を示している。DNA解析は,それと同じ結果を示したことになる。

ヘロドトスの『歴史』によれば,当時のアナトリア半島付近にはギリシア人が居住しているという趣旨のことを書いており,大半の歴史学者は,ギリシアからの植民都市のことであるとの解釈を示してきた。

たぶん,現代の西欧の歴史学者の解釈のほうが間違っている。

人類の文明は,古代ギリシアを起源とするものではない。

私見によれば,プラトンやアリストテレスが「ギリシア人」である保証は全くない。

例えば,頭の訓練の問題として,本当は古代エジプトの神官のような姿・形をしていたとしたら,どういうことになるだろうか?

| | コメント (0)

2017年8月13日 (日曜日)

首都圏私大の学生定員制限問題

どんな「有識者」が考えたのか全く知らないが,因果律というものを全く理解しない政策であることは,(政府部内を含め)ほぼ全ての人々が認めていることだ。

地方の特定私大と癒着のある誰かが決めたことなのだろうと思う。それゆえ,この政策に積極的に賛成する者は,原則として,癒着という違法行為者の張本人との推定を受けかねない・・・かもしれない。

それはさておき,私は,この政策は,必ず失敗する政策だと断言する。

いわゆる「ゆとり教育」のときにも反対し,当時,さんざんな目に遭った。

しかし,結果は既に誰でも知っているとおりだ。特定の企業との癒着が産んだ政策なので,成功するはずがない。その当の責任者は,当然,責任をとるべきだと今でも考えている。何万人もの若者をダメにした責任がある。しかし,平然と生きている。

今回の首都圏私大の定員抑制策も同じだ。

私の予測では,この政策を断行すると,地方の疲弊を更に急激に悪化させることになる。これは,誰の目にも明かなことだ。

それでも,この政策は断行されることになる。

その結果,首都圏の私大は,きっと,逆に強くなる。

その結果,相対的に,地方はますますもって苦しい立場となることだろう。

そもそも,今後,就労可能な世代の人口が大規模に減少する可能性が高いので,地方の過疎化が現在よりも何倍も急激に進む可能性があることも十分に考えに入れなければならない。

この問題について,政府は外国人労働者で補おうという政策を採用するかもしれない。

しかし,そのような政策は,結局,日本国の国家財政の破綻を加速するだけのことだし,地方の教育機関において通常の日本語による普通の教育が全く成立しなくなってしまうことを加速することになるだけだ。そして,長期的には,例えば,日本国が中国の属領になってしまうことを加速することになる。

そもそも,「日本に来れば日本人と日本の文化に馴染むだろう」と安易に考えるのだとすれば,それは,単純に,無知と偏見に基づく軽薄な差別主義的発想の一種であるというしかない。

一般に,どの国の国民も,自己の国の文化と言語に誇りをもっているものだ。

| | コメント (0)

2017年8月 9日 (水曜日)

法と情報雑誌第2巻(2017年1月~6月分)の目次

昨年夏に法と情報雑誌の刊行を始めた。

予算がないので,ごく少数部しか印刷・発行していない。そして,身内にしか配布していないが,国立国会図書館には納本している。

どうにかこうにか1年以上継続することができ,通巻13号となった。目下,第14号の刊行をめざして準備している最中だ。

第2巻(2017年1月~6月分)の目次をアップすることにした。

 http://cyberlaw.la.coocan.jp/Documents/Vol%202%20Index%201.pdf

なお,第1巻(2016年7月~12月分)の目次は,下記のとおり。

 http://cyberlaw.la.coocan.jp/Documents/Vol%201%20Index.pdf

※ 法と情報雑誌は,特別の契約に基づく場合等を除き,紙媒体のみで提供している。

[追記:2017年8月11日]

今後,下記のホームページ上で法と情報雑誌の目次情報を更新することにした。

 http://cyberlaw.la.coocan.jp/index2.html

| | コメント (0)

より以前の記事一覧