2020年7月29日 (水曜日)

ハイブリッドな脅威通知JOIN(2018) 16 final [参考訳] ハイブリッドな脅威通知JOIN(2018) 16 final [参考訳]をWeb公開

ハイブリッドな脅威通知JOIN(2018) 16 finalを法と情報雑誌3巻9号(2018年9月)に掲載して公表した。

ミスタイプや誤訳・訳漏れ等が残存している可能性はあるが,Web公開することにした。

 ハイブリッドな脅威通知 JOIN(2018) 16 final
 http://cyberlaw.la.coocan.jp/Documents/EU_JOIN_2018_16.pdf

ただし,この参考訳の冒頭部分に明記してあるとおり,翻訳の大前提となる法解釈等は現時点におけるものであり,今後の研究の進展に伴い,将来,何らかの改訂が加えられる可能性がある。後に誤記や誤訳等が発見された場合も同様である。それゆえ,この参考訳を利用する場合には,各自の責任において行い,かつ,必ず原文にあたって検討することを要する。無思慮にコピーして利用した場合の責任は,全てその利用者自身にある。

また,このファイルの内容を引用する場合には,「Web公開版」の参考訳である旨を明記する必要がある。

加えて,原典の所在を示すURLは,2018年9月当時のものである。

この参考訳は,以上のような意味での制約のある専門家向けの参考資料の一種であり,確定訳でも公式訳でもない。

法律上の制限に関しては,著作権法及び関連法令が定めるところに従うものとする。

| | コメント (0)

2020年7月28日 (火曜日)

ハイブリッドな脅威報告書JOIN(2018) 14 final [参考訳]をWeb公開

ハイブリッドな脅威報告書JOIN(2018) 14 finalを法と情報雑誌3巻11号(2018年11月)に掲載して公表した。

ミスタイプや誤訳・訳漏れ等が残存している可能性はあるが,Web公開することにした。

 ハイブリッドな脅威報告書 JOIN(2018) 14 final
 http://cyberlaw.la.coocan.jp/Documents/EU_JOIN_2018_14.pdf

ただし,この参考訳の冒頭部分に明記してあるとおり,翻訳の大前提となる法解釈等は現時点におけるものであり,今後の研究の進展に伴い,将来,何らかの改訂が加えられる可能性がある。後に誤記や誤訳等が発見された場合も同様である。それゆえ,この参考訳を利用する場合には,各自の責任において行い,かつ,必ず原文にあたって検討することを要する。無思慮にコピーして利用した場合の責任は,全てその利用者自身にある。

また,このファイルの内容を引用する場合には,「Web公開版」の参考訳である旨を明記する必要がある。

加えて,原典の所在を示すURLは,2018年11月当時のものである。

 

この参考訳は,以上のような意味での制約のある専門家向けの参考資料の一種であり,確定訳でも公式訳でもない。

法律上の制限に関しては,著作権法及び関連法令が定めるところに従うものとする。

| | コメント (0)

2020年7月26日 (日曜日)

委員会勧告(EU) 2017/1584の参考訳を公開

委員会勧告(EU) 2017/1584の参考訳を法と情報雑誌3巻7号(2018年7月)に掲載して公表した。

ミスタイプや誤訳・訳漏れ等が残存している可能性はあるが,Web公開することにした。

 委員会勧告(EU) 2017/1584
 http://cyberlaw.la.coocan.jp/Documents/EU_Commission_Recommendation_2017_1584.pdf

ただし,この参考訳の冒頭部分に明記してあるとおり,翻訳の大前提となる法解釈等は現時点におけるものであり,今後の研究の進展に伴い,将来,何らかの改訂が加えられる可能性がある。後に誤記や誤訳等が発見された場合も同様である。それゆえ,この参考訳を利用する場合には,各自の責任において行い,かつ,必ず原文にあたって検討することを要する。無思慮にコピーして利用した場合の責任は,全てその利用者自身にある。

また,このファイルの内容を引用する場合には,「Web公開版」の参考訳である旨を明記する必要がある。

加えて,原典の所在を示すURLは,2018年7月当時のものである。

この参考訳は,以上のような意味での制約のある専門家向けの参考資料の一種であり,確定訳でも公式訳でもない。

法律上の制限に関しては,著作権法及び関連法令が定めるところに従うものとする 

| | コメント (0)

2020年7月10日 (金曜日)

樋笠尭士「AIの自動運転とドイツ倫理規則-倫理ガイドライン策定に向けて-」

下記の論説を読んだ。非常に参考になる。

  樋笠尭士
  「AIの自動運転とドイツ倫理規則-倫理ガイドライン策定に向けて-」
  罪と罰57巻3号73~85頁(2020年6月)

なお,自動走行自動車を含め,ロボット(産業用ロボット)の開発・実装・運用と関係する倫理委員会と倫理規則に関しては,EU議会が既に提案しているところであり(「ロボット法の制定を求める欧州議会決議[参考訳]」参照)、ドイツにおける方策は,その提案の構成国レベルにおける実装に該当するものと理解することができる。

| | コメント (0)

2019年10月16日 (水曜日)

EU:サイバー攻撃に対する対応に関する理事会規則(EU) 2019/796

テキストは,下記のところで入手できる。

 Council Regulation (EU) 2019/796
 https://eur-lex.europa.eu/eli/reg/2019/796/oj

| | コメント (0)

2019年10月14日 (月曜日)

高倉成男・中山信弘・金子敏哉:「侵害コンテンツのダウンロード違法化」等に関する意見

下記のところで公表されている。

 高倉成男・中山信弘・金子敏哉
 「侵害コンテンツのダウンロード違法化」等に関する意見
 http://www.kisc.meiji.ac.jp/~ip/20190219seimei.html

 

| | コメント (0)

2019年7月21日 (日曜日)

EU:Cybersecurity Actの第51条(c)

極めて重要な条項だと判断した。

authorised persons, programs or machines are able only to access the data, services or functions to which their access rights refer 

今後,自動操縦自動車を含め,人間が関与しないシステムや機械装置のセキュリティにおいて無視できない判断基準となる。

 

| | コメント (0)

2019年7月 3日 (水曜日)

7Payで不正アクセス被害発生?

下記の記事が出ている。

 「7pay」で不正アクセス被害 「クレカから勝手にチャージされた」報告相次ぐ 運営元はID・パスワード変更を推奨
 IT Media: 2019年7月3日
 https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1907/03/news090.html

現行の不正アクセス禁止法にはかなり重大な欠陥があるが,改正される見込みはないので,不正アクセス罪構成には難問がつきまとう。

端的に,電子計算機使用詐欺罪の既遂罪ということで良いのではないかと考える。

| | コメント (0)

2019年7月 2日 (火曜日)

リレーアタックの手口による自動車窃盗犯を初摘発

下記の記事が出ている。

 「リレーアタック」初摘発、高級車窃盗疑いで男逮捕
 日本経済新聞:2019年7月1日
 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46808580R00C19A7CN8000/

この手法だけではなく,電波を使用する鍵のハック手法は多数存在する。

入退室管理デバイスを含め,電波を用いる認証や鍵は,基本的には「全く無防備なのと同じだ」と理解したほうがリスク管理に適する。

| | コメント (0)

2019年6月30日 (日曜日)

規則(EU) 2018/1805の参考訳をWeb公開

EUの構成国間における凍結命令及び没収命令の相互承認に関する規則(EU) 2018/1805の参考訳を作成し,2019年6月に法と情報雑誌4巻6号に掲載して公表した。

なにぶんにも全部私1人だけでやっていることなので,誤訳,誤記,訳漏れ等が残存している可能性はあるが,Web公開の必要があると判断したので,現時点で気づいた誤記等を修正した上でWeb公開することにした。

 規則(EU) 2018/1805
 http://cyberlaw.la.coocan.jp/Documents/EU%20Regulation%202018%201805%20Translation%20ver%201.pdf

ただし,この参考訳の冒頭部分に明記してあるとおり,翻訳の大前提となる法解釈等は現時点におけるものであり,今後の研究の進展に伴い,将来,何らかの改訂が加えられる可能性がある。後に誤記や誤訳等が発見された場合も同様である。それゆえ,この参考訳を利用する場合には,各自の責任において行い,かつ,必ず原文にあたって検討することを要する。無思慮にコピーして利用した場合の責任は,全てその利用者自身にある。

また,このファイルの内容を引用する場合には,「Web公開版」の参考訳である旨を明記する必要がある。

この参考訳は,以上のような意味での制約のある専門家向けの参考資料の一種であり,確定訳でも公式訳でもない。

法律上の制限に関しては,著作権法及び関連法令が定めるところに従うものとする。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧