2017年3月23日 (木曜日)

警察庁:不正プログラムに感染したIoT機器が発信元と考えられるアクセスの増加等について

警察庁のサイトで,下記の資料が公開されている。

 不正プログラムに感染したIoT機器が発信元と考えられるアクセスの増加等について
 警察庁:平成29年3月22日
 https://www.npa.go.jp/cyberpolice/detect/pdf/20170322.pdf

| | コメント (0)

川西晶大「フランスにおける偽装携帯電話基地局を使用した通信傍受法制」

国立国会図書館のサイトで,下記の論説が公開されている。

 国立国会図書館調査及び立法考査局行政法務課長 川西晶大
 フランスにおける偽装携帯電話基地局を使用した通信傍受法制
 レファレンス 794号(2017.3) 49~64頁
 http://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_10315719_po_079403.pdf?contentNo=1

非常に貴重な文献だと思う。

| | コメント (0)

2017年3月22日 (水曜日)

Andy Bain (Ed.), Law Enforcement and Technology: Understanding the Use of Technology for Policing

下記の書籍を読んだ。

 Andy Bain (Ed.)
 Law Enforcement and Technology: Understanding the Use of Technology for Policing
 Palgrave Macmillan (2016)
 ISBN: 978-1-137-57914-0
 http://www.palgrave.com/la/book/9781137579140

比較的薄い書籍で,記述も要領よく簡潔にまとめられている。

短時間で要点を理解し,問題点を把握するには良い書籍だと思った。

近未来を想定した記述部分(特に結論部分)で書かれている事柄は,実際には,近未来の想定ではなく,既に現実のものとなっている。しかも,現在では,人工知能の応用により更に高度な自動処理が進んでいる。そういうことを理解した上で読まなければならない。

「怖い時代になった」と思うか,それとも,それゆえに更に学問意欲を沸騰させるかは,読者の知識や個性や資質により異なる。

しかし,現実離れして空理空論ばかりやっていても何の益もないので,現実を見据えた法解釈論の構築をめざすべきだということだけは確かだと思う。

| | コメント (0)

2017年3月20日 (月曜日)

脳内探査による故意犯と過失犯の自動識別?

下記の記事が出ている。

 Brain scanning may sort intentional crimes from reckless crimes
 ars technica: March 18, 2017
 https://arstechnica.com/science/2017/03/fmri-may-sort-intentional-crimes-from-reckless-crimes/

現在の科学によって全ての心理現象を解明することができるとは思わないが,少なくも,科学的には絶対にあり得ない学説はどんどん排除されてしまうことになるだろう。

これは,イデオロギーのみに頼るタイプの「歴史学」が科学的実証性に裏打ちされたタイプの「考古学」や「分子生物学」等の関連諸学によって排除されてきたのと比較的良く似ている。

思想信条の自由はある。

しかし,科学的には全く正反対の証明しかなされないような理論は,誰からも信用されなくなってしまうことだろう。

かくして,従来考えられてきたようないわゆる「思想」なるものの本質部分まで,世界が大きく変わろうとしている。

それを認めるか認めないかも各人の自由に属する。

しかし,正反対のことしか証明されないような思想が誰からも信用されなくなってしまうことを否定することはできない。

| | コメント (0)

2017年3月19日 (日曜日)

産業用IoTに対するサイバー攻撃が激化?

下記の記事が出ている。

 Security Pros Brace for Industrial IoT Cyber Attacks
 eSecurity Planet: March 17, 2017
 http://www.esecurityplanet.com/network-security/security-pros-brace-for-industrial-iot-cyber-attacks.html

| | コメント (0)

2017年3月16日 (木曜日)

ドイツ:アウディ本社に対して詐欺罪の容疑で捜索

下記の記事が出ている。

 Audi searched by German police in Dieselgate swoop
 REUTERS: March 15, 2017
 http://www.reuters.com/article/us-audi-emissions-prosecutors-idUSKBN16M0XP

 German Police Raid Audi Offices, Escalating Volkswagen Diesel Inquiry
 New York Times: March 15, 2017
 https://www.nytimes.com/2017/03/15/business/audi-vw-diesel-emissions.html

あくまでも一般論だが,製造物の欠陥その他の法律上の問題があることを知りながら,何も問題がないものであることを前提とした価格で製品を販売した場合,当然のことながら,詐欺罪の構成要件該当性がある。

このことは,いわゆるサプリ等でも同じだ。この点については,夏井高人「植物の名称の不公正な使用と景品表示法の適用」で既に詳論したとおり。

詐欺罪に該当する刑法犯の事案であるのに,前科とならない行政処分で済ますために各種特別法が存在する場合がある。どのような法的制裁をすべきかについては監督官庁の裁量にゆだねられていることも言うまでもない。

問題は,詐欺罪とすべき事案について告訴がなされることが滅多にないということに尽きるのではないかと思う。詐欺罪の罪名により告訴があれば,法務省所管の業務となるので,当該分野における監督官庁の判断とは全く別に,検察庁が捜査の開始の必要性の有無及び起訴・不起訴の判断をすることになる。

| | コメント (2)

2017年3月15日 (水曜日)

最高裁:GPSによる車両の追跡は強制捜査にあたるとの判断

下記の記事が出ている。

 令状なしのGPS捜査「違法」 最高裁が初判断 
 日本経済新聞:2017/3/15
 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG15H3Y_V10C17A3000000/

なお,最高裁の判決は,下記のところにある。

 最高裁平成29年3月15日判決
 平成28年(あ)第442号窃盗,建造物侵入,傷害被告事件
 http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/600/086600_hanrei.pdf

| | コメント (0)

ランサムウェアのコードの盗み合い?

下記の記事が出ている。

 Those behind PetrWrap are apparently using code from another form of ransomware without paying for it.
 ZDNet: March 14, 2017
 http://www.zdnet.com/article/ransomware-now-cybercriminals-are-stealing-code-from-each-other-say-researchers/

| | コメント (0)

2017年3月 9日 (木曜日)

RawPOSマルウェア

下記の記事が出ている。

 One of the oldest forms of POS malware has been tweaked to avoid detection
 ZDNet: Marvch 8, 2017
 http://www.zdnet.com/article/one-of-the-oldest-forms-of-pos-malware-has-been-tweaked-to-avoid-detection/

| | コメント (0)

2017年3月 8日 (水曜日)

Verifoneで何らかの問題が発生?

下記の記事が出ている。

 Payments Giant Verifone Investigating Breach
 Krebs on Security: March 7, 2017
 https://krebsonsecurity.com/2017/03/payments-giant-verifone-investigating-breach/

 Electronics Payments Company Verifone Investigating Security Breach
 Fortune: March 7, 2017
 http://fortune.com/2017/03/07/verifone-security-breach/

| | コメント (0)

より以前の記事一覧