2020年9月26日 (土曜日)

委員会委任規則(EU) 2017/2055の参考訳をWeb公開

委員会委任規則(EU) 2017/2055の参考訳を法と情報雑誌3巻2号(2018年2月)に掲載して公表した。

ミスタイプや誤訳・訳漏れ等が残存している可能性はあるが,Web公開することにした。

 委員会委任規則(EU) 2017/2055
 http://cyberlaw.la.coocan.jp/Documents/EU_Delegated_Regulation_2017_2055.pdf

ただし,この参考訳の冒頭部分に明記してあるとおり,翻訳の大前提となる法解釈等は現時点におけるものであり,今後の研究の進展に伴い,将来,何らかの改訂が加えられる可能性がある。後に誤記や誤訳等が発見された場合も同様である。それゆえ,この参考訳を利用する場合には,各自の責任において行い,かつ,必ず原文にあたって検討することを要する。無思慮にコピーして利用した場合の責任は,全てその利用者自身にある。

また,このファイルの内容を引用する場合には,「Web公開版」の参考訳である旨を明記する必要がある。

加えて,原典の所在を示すURLは,2018年2月当時のものである。

この参考訳は,以上のような意味での制約のある専門家向けの参考資料の一種であり,確定訳でも公式訳でもない。

法律上の制限に関しては,著作権法及び関連法令が定めるところに従うものとする。

| | コメント (0)

視聴覚メディアサービス指令2010/13/EUの参考訳をWeb公開

視聴覚メディアサービス指令2010/13/EUの参考訳を法と情報雑誌2巻12号(2017年12月)に掲載して公表した。

ミスタイプや誤訳・訳漏れ等が残存している可能性はあるが,Web公開することにした。

 視聴覚メディアサービス指令2010/13/EU
 http://cyberlaw.la.coocan.jp/Documents/EU_AudiovisualMediaServices_Directive.pdf

ただし,この参考訳の冒頭部分に明記してあるとおり,翻訳の大前提となる法解釈等は現時点におけるものであり,今後の研究の進展に伴い,将来,何らかの改訂が加えられる可能性がある。後に誤記や誤訳等が発見された場合も同様である。それゆえ,この参考訳を利用する場合には,各自の責任において行い,かつ,必ず原文にあたって検討することを要する。無思慮にコピーして利用した場合の責任は,全てその利用者自身にある。

また,このファイルの内容を引用する場合には,「Web公開版」の参考訳である旨を明記する必要がある。

加えて,原典の所在を示すURLは,2017年12月当時のものである。

この参考訳は,以上のような意味での制約のある専門家向けの参考資料の一種であり,確定訳でも公式訳でもない。

法律上の制限に関しては,著作権法及び関連法令が定めるところに従うものとする。

| | コメント (0)

2020年9月24日 (木曜日)

FinTech 通知COM(2018) 109 finalの参考訳をWeb公開

FinTech 通知COM(2018) 109 finalの参考訳を法と情報雑誌3巻8号(2018年8月)に掲載して公表した。

ミスタイプや誤訳・訳漏れ等が残存している可能性はあるが,Web公開することにした。

 FinTech 通知COM(2018) 109 final
 http://cyberlaw.la.coocan.jp/Documents/EU_FinTech.pdf

ただし,この参考訳の冒頭部分に明記してあるとおり,翻訳の大前提となる法解釈等は現時点におけるものであり,今後の研究の進展に伴い,将来,何らかの改訂が加えられる可能性がある。後に誤記や誤訳等が発見された場合も同様である。それゆえ,この参考訳を利用する場合には,各自の責任において行い,かつ,必ず原文にあたって検討することを要する。無思慮にコピーして利用した場合の責任は,全てその利用者自身にある。

また,このファイルの内容を引用する場合には,「Web公開版」の参考訳である旨を明記する必要がある。

加えて,原典の所在を示すURLは,2018年8月当時のものである。

この参考訳は,以上のような意味での制約のある専門家向けの参考資料の一種であり,確定訳でも公式訳でもない。

法律上の制限に関しては,著作権法及び関連法令が定めるところに従うものとする。

| | コメント (0)

電子マネー指令2009/110/ECの参考訳をWeb公開

電子マネー指令2009/110/ECの参考訳を法と情報雑誌2巻12号(2017年12月)に掲載して公表した。

ミスタイプや誤訳・訳漏れ等が残存している可能性はあるが,Web公開することにした。

 電子マネー指令2009/110/EC
 http://cyberlaw.la.coocan.jp/Documents/EU_Electric_Money_Directive.pdf

ただし,この参考訳の冒頭部分に明記してあるとおり,翻訳の大前提となる法解釈等は現時点におけるものであり,今後の研究の進展に伴い,将来,何らかの改訂が加えられる可能性がある。後に誤記や誤訳等が発見された場合も同様である。それゆえ,この参考訳を利用する場合には,各自の責任において行い,かつ,必ず原文にあたって検討することを要する。無思慮にコピーして利用した場合の責任は,全てその利用者自身にある。

また,このファイルの内容を引用する場合には,「Web公開版」の参考訳である旨を明記する必要がある。

加えて,原典の所在を示すURLは,2017年12月当時のものである。

この参考訳は,以上のような意味での制約のある専門家向けの参考資料の一種であり,確定訳でも公式訳でもない。

法律上の制限に関しては,著作権法及び関連法令が定めるところに従うものとする。

| | コメント (0)

2020年9月23日 (水曜日)

BEREC規則(EU) 2018/1971の参考訳をWeb公開

BEREC規則(EU) 2018/1971の参考訳を法と情報雑誌4巻2号(2019年2月)に掲載して公表した。

ミスタイプや誤訳・訳漏れ等が残存している可能性はあるが,Web公開することにした。

 BEREC規則(EU) 2018/1971
 http://cyberlaw.la.coocan.jp/Documents/EU_BEREC.pdf

ただし,この参考訳の冒頭部分に明記してあるとおり,翻訳の大前提となる法解釈等は現時点におけるものであり,今後の研究の進展に伴い,将来,何らかの改訂が加えられる可能性がある。後に誤記や誤訳等が発見された場合も同様である。それゆえ,この参考訳を利用する場合には,各自の責任において行い,かつ,必ず原文にあたって検討することを要する。無思慮にコピーして利用した場合の責任は,全てその利用者自身にある。

また,このファイルの内容を引用する場合には,「Web公開版」の参考訳である旨を明記する必要がある。

加えて,原典の所在を示すURLは,2019年2月当時のものである。

この参考訳は,以上のような意味での制約のある専門家向けの参考資料の一種であり,確定訳でも公式訳でもない。

法律上の制限に関しては,著作権法及び関連法令が定めるところに従うものとする。

| | コメント (0)

2020年9月20日 (日曜日)

委員会決定2009/767/ECの参考訳をWeb公開

委員会決定2009/767/ECの参考訳を法と情報雑誌3巻12号(2018年12月)に掲載して公表した。

ミスタイプや誤訳・訳漏れ等が残存している可能性はあるが,Web公開することにした。

 委員会決定2009/767/EC
 http://cyberlaw.la.coocan.jp/Documents/EU_Commission_Decision_2009_767.pdf

ただし,この参考訳の冒頭部分に明記してあるとおり,翻訳の大前提となる法解釈等は現時点におけるものであり,今後の研究の進展に伴い,将来,何らかの改訂が加えられる可能性がある。後に誤記や誤訳等が発見された場合も同様である。それゆえ,この参考訳を利用する場合には,各自の責任において行い,かつ,必ず原文にあたって検討することを要する。無思慮にコピーして利用した場合の責任は,全てその利用者自身にある。

また,このファイルの内容を引用する場合には,「Web公開版」の参考訳である旨を明記する必要がある。

加えて,原典の所在を示すURLは,2018年12月当時のものである。

この参考訳は,以上のような意味での制約のある専門家向けの参考資料の一種であり,確定訳でも公式訳でもない。

法律上の制限に関しては,著作権法及び関連法令が定めるところに従うものとする。

| | コメント (0)

2020年9月19日 (土曜日)

金融商品市場規則(EU) No 600/2014(MiFIR)の参考訳をWeb公開

金融商品市場規則(EU) No 600/2014(MiFIR)の参考訳を法と情報雑誌3巻4号(2018年4月)に掲載して公表した。

ミスタイプや誤訳・訳漏れ等が残存している可能性はあるが,Web公開することにした。

 金融商品市場規則(EU) No 600/2014(MiFIR)
 http://cyberlaw.la.coocan.jp/Documents/EU_MiFIR.pdf

ただし,この参考訳の冒頭部分に明記してあるとおり,翻訳の大前提となる法解釈等は現時点におけるものであり,今後の研究の進展に伴い,将来,何らかの改訂が加えられる可能性がある。後に誤記や誤訳等が発見された場合も同様である。それゆえ,この参考訳を利用する場合には,各自の責任において行い,かつ,必ず原文にあたって検討することを要する。無思慮にコピーして利用した場合の責任は,全てその利用者自身にある。

また,このファイルの内容を引用する場合には,「Web公開版」の参考訳である旨を明記する必要がある。

加えて,原典の所在を示すURLは,2018年12月当時のものである。

この参考訳は,以上のような意味での制約のある専門家向けの参考資料の一種であり,確定訳でも公式訳でもない。

法律上の制限に関しては,著作権法及び関連法令が定めるところに従うものとする。

| | コメント (0)

委員会実装決定 (EU) 2015/1505の参考訳・改訂版をWeb公開

委員会実装決定 (EU) 2015/1505の参考訳・改訂版を法と情報雑誌3巻12号(2018年12月)に掲載して公表した。

ミスタイプや誤訳・訳漏れ等が残存している可能性はあるが,Web公開することにした。

 委員会実装決定 (EU) 2015/1505の参考訳・改訂版
 http://cyberlaw.la.coocan.jp/Documents/EU_Commission_Implementing_Decision_2015_1505.pdf

ただし,この参考訳の冒頭部分に明記してあるとおり,翻訳の大前提となる法解釈等は現時点におけるものであり,今後の研究の進展に伴い,将来,何らかの改訂が加えられる可能性がある。後に誤記や誤訳等が発見された場合も同様である。それゆえ,この参考訳を利用する場合には,各自の責任において行い,かつ,必ず原文にあたって検討することを要する。無思慮にコピーして利用した場合の責任は,全てその利用者自身にある。

また,このファイルの内容を引用する場合には,「Web公開版」の参考訳である旨を明記する必要がある。

加えて,原典の所在を示すURLは,2018年12月当時のものである。

この参考訳は,以上のような意味での制約のある専門家向けの参考資料の一種であり,確定訳でも公式訳でもない。

法律上の制限に関しては,著作権法及び関連法令が定めるところに従うものとする。

 

| | コメント (0)

2020年9月12日 (土曜日)

決済サービス指令(EU) 2015/2366(PSD2)の参考訳を公開

決済サービス指令(EU) 2015/2366(PSD2)を法と情報雑誌3巻2号(2018年2月)に掲載して公表した。

ミスタイプや誤訳・訳漏れ等が残存している可能性はあるが,Web公開することにした。

 決済サービス指令(EU) 2015/2366(PSD2)
 http://cyberlaw.la.coocan.jp/Documents/EU_PSD2.pdf

ただし,この参考訳の冒頭部分に明記してあるとおり,翻訳の大前提となる法解釈等は現時点におけるものであり,今後の研究の進展に伴い,将来,何らかの改訂が加えられる可能性がある。後に誤記や誤訳等が発見された場合も同様である。それゆえ,この参考訳を利用する場合には,各自の責任において行い,かつ,必ず原文にあたって検討することを要する。無思慮にコピーして利用した場合の責任は,全てその利用者自身にある。

また,このファイルの内容を引用する場合には,「Web公開版」の参考訳である旨を明記する必要がある。

加えて,原典の所在を示すURLは,2018年2月当時のものである。

この参考訳は,以上のような意味での制約のある専門家向けの参考資料の一種であり,確定訳でも公式訳でもない。

法律上の制限に関しては,著作権法及び関連法令が定めるところに従うものとする。

| | コメント (0)

2020年4月28日 (火曜日)

プラットフォームビジネス

最近,Amazonで注文しても何も届かなくなった。

詐欺出店者ではなくまともな出店者であっても,感染症拡散防止のための一時閉店や物流の劣化に伴い,Amazonのようなタイプのプラットフォームビジネスが機能しなくなってきているのではないかと想像される。

このことを一般化すると,一定のタイプのプラットフォームビジネスは,パンデミックがあれば崩壊するリスクがあるということを示唆している。

そして,人口の過密化と高齢化は今後も更に進展するのだろうから,将来,パンデミックが繰り返し発生する可能性がかなり高いということを理解すべきで,そのような状況が恒常化した社会環境の中で果たしてプラットフォームビジネスを維持できるのかどうか,かなり興味深い研究対象ではあり得る。

加えて,経営の悪化は,直ちに,情報セキュリティの劣化につながるものなので,従来のような微温的なセキュリティ行政や個人情報保護行政のままで良いのかどうか,(関連法令の全面改正を含め)根本的なところから抜本的な見直しが迫られていることは確かだと考える。

[追記:2020年5月3日]

注文していた商品中の数点が届いたが,かなり遅延した。

残りは,入荷見込がないのでキャンセルとの連絡が来た。

このタイプのプラットフォームビジネスの黄昏の時が来ているようだ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧