2024年4月17日 (水曜日)

情報セキュリティ用途の生成AIプラットフォームサービス

下記の記事が出ている。

 The Race for AI-Powered Security Platforms Heats Up
 DARK Reading: April 13, 2024
 https://www.darkreading.com/cybersecurity-operations/race-ai-powered-platforms-security-platforms

GoogleでもMicrosoftでもそうなのだが,プラットフォームシステムの運用を担当している従業者が常に完全に信頼できる者であるとは限らないという問題は,いつまでたっても解決できない。

各国の軍当局,警察当局,諜報機関等は,そのことを十分に理解した上で判断すべきだろう。

| | コメント (0)

2024年4月 4日 (木曜日)

ChatGPT jailbreak

下記の記事が出ている。

 ChatGPT jailbreak prompts proliferate on hacker forums
 SC Media: April 2, 2024
 https://www.scmagazine.com/news/chatgpt-jailbreak-prompts-proliferate-on-hacker-forums

 

| | コメント (0)

2024年4月 2日 (火曜日)

米国:ニューハンプシャー州のAI関連立法動向

下記の記事が出ている。

 New Hampshire House passes AI election rules after Biden deepfake
 The Hill: March 29, 2024
 https://thehill.com/policy/technology/4563917-new-hampshire-house-passes-ai-election-rules-after-biden-deepfake/

 

| | コメント (0)

2024年4月 1日 (月曜日)

AI技術が学術及び大学教育に対して与える影響に関する意見

下記の記事が出ている。

 Privacy And Security Issues Of Using AI For Academic Purposes
 Forbes: March 29, 2024
 https://www.forbes.com/sites/davidbalaban/2024/03/29/privacy-and-security-issues-of-using-ai-for-academic-purposes/

 

| | コメント (0)

クラウドベースのスパムフィルタサービスの有効性が低下している?

下記の記事が出ている。

 Cloud Email Filtering Bypass Attack Works 80% of the Time
 DARK Reading: March 30, 2024
 https://www.darkreading.com/cloud-security/cloud-email-filtering-bypass-attack

実感として,メールサービスのプロバイダによって大きな差があるとはいえ,一般的には大幅に低下していると言える。あるプロバイダのメールサービスシステムではスパムフィルタがほぼ無機能化しているので,料金だけとって実際には何もしないという詐欺的行為が存在するのではないかと疑いたくなるくらいだ。

Web上の商業宣伝広告と関連する基本的な部分に関し見直しが求められる時代がいずれやって来る。

| | コメント (0)

2024年3月31日 (日曜日)

米国:連邦政府の全ての部局にAI担当主任官を設けるように大統領が指示

下記の記事が出ている。

 Biden orders every US agency to appoint a chief AI officer
 ars technica: March 29, 2024
 https://arstechnica.com/tech-policy/2024/03/why-every-federal-agency-must-now-appoint-a-chief-ai-officer/

一般に,AI技術の専門家はAI技術と関連する政策担当者にはなれるかもしれないが,AI政策の担当者にはなれない。

一般に,AI技術を統治するためではではなく,国家のAI政策を統治するためには,そのための深く鋭い洞察力と可能な限り幅広い一般教養をもち,かつ,公平に判断できる知的能力をもち,特定のAI関連企業との間で特定の利害関係をもっていないことを不可欠の条件とする。

一応の目安としては,受験勉強をしているわけでもなく,遊んでいるようにしか見えないのに簡単に有名大学に進学したり,非常に難しい国家試験に簡単に上位合格したり,日常茶飯事的に容易に高度で斬新な内容の専門論文を作成・公表してしまうようなタイプの者でなければ,そのようなAI統治に必要な知的資質を期待することはできない。
ただし,そのような能力は,行政官としての調整能力とは異なるものなので,調整機能を担当する補佐職が存在しなければその能力を十分に発揮することがないという本質的な限界はある。意思決定者の指示・決定に従って調整力を発揮できることを不可欠の資質とする行政官としてではなくブレーンとして機能すべき資質の一種であると言える。

一般教養は,過去の書籍を全て読み理解するだけでは得られない。そのような普通の人から見れば遊んでいるようにしか見えない行動であっても,膨大な量の事実そのものから帰納法によって新たな法則を獲得するという長年にわたる努力の継続によってのみ獲得・蓄積される。

普通の人から見れば単に遊んでいるようにしか見えない行動そのものが,実は,そのような者にとって極めて重要な知的栄養源または知的補給源になっているのだ。
一般に,好奇心と探求心が特に強い者は,あることに興味をもつと,納得が得られるまで当該の事柄を探求し尽くすし,そのために必要な関連知識全部を同時に吸収して自分自身の知的栄養の一部にしてしまうのだが,そのような好奇心と探求心があること,そして,そのような好奇心と探求心を満足させるためにありとあらゆる知的能力を駆使し,そのような知的能力を駆使するために必要な行動計画をたて,実施し,自己評価と見直しができることが必須の要求事項となっている。

ちなみに,好奇心や探求心の対象が他人のプライバシーである場合(特に社会の中で枢要な立場にある者のプライバシーである場合),報復として殺されたり社会から追放されることはあり得るし,相手が普通の一般市民の場合でも民事・刑事の法的責任を負う結果となることはあり得る。
それゆえ,一般に,そのような面においても賢い者は,特定または不特定の人間(特に現在生きている人間)を自分の好奇心や探求心の対象とはせず,人間とは関係のない自然の産物や過去の出来事などにその対象を求めるものだし,人間に対して好奇心や探求心をもつ場合であっても,自分の理解と納得が得られればそれでおしまいとし,自分の知見を外部に対して表明することは厳に慎む。そうやって合理的にリスク管理をするものだ。

だから,そのような人材は,大学の工学部等では育成できない。

また,日本国においては,国家機関,地方自治体等の公的機関でも,民間企業でも,当該組織における組織構造と権限分配が少しも明確ではない(←非常に多くの場合,そもそも明確な権限分配と責任分配が全くない)のが普通なので,結局,どうやってもうまくいかないかもしれない。

その結果,日本国は,AI立法においてもAI統治においても,世界中の最劣等国になってしまうおそれがある。

ペリー来航の時と同じような時代の変化が目の前にあるのに,それに対応すると失職してしまう危険性またはリスクがあるため,(企業の従業者であれ公務員であれ)徳川幕府の旗本的なメンタリティの持主である人々は,(自分自身に対し)何か変化を求めたりすることはない。

現実に存在する大部分の人々は,既得権にかじりつき,可能な限り働かないで可能な限り多くの俸給を得たいということだけを考えがちだ。好奇心も探求心もなければ,そして,好奇心と探求心を支える十分な体力と時間と資金がなければ,結局,そうなるのが普通だ。

 

| | コメント (0)

2024年3月29日 (金曜日)

英国:SMEsの情報セキュリティの状況は悲惨かもしれない・・・

下記の記事が出ている。

 Half of British SMEs Have Lost Data in Past Five Years
 infosecurity: 28 March, 2024
 https://www.infosecurity-magazine.com/news/british-smes-lost-data-five-years/

 

| | コメント (0)

2024年3月25日 (月曜日)

インド:AI立法動向

下記の記事が出ている。

 Status of Regulation of AI in India: Impact of New Advisory
 Lexology: March 22, 2024
 https://www.lexology.com/library/detail.aspx?g=5d096e18-7592-4617-9139-a7e87a827a25

 

| | コメント (0)

メキシコのAI法案

下記の記事が出ている。

 Bill to regulate artificial intelligence in Mexico: Key points.
 Lexology, March 5, 2024
 https://www.lexology.com/library/detail.aspx?g=d33a8f00-a355-4cb7-9a39-852ca598653a

 

| | コメント (0)

2024年3月24日 (日曜日)

AI技術を応用した死亡記事詐偽

下記の記事が出ている。

 Why AI Obituary Scams Are a Cyber-Risk for Businesses
 DARK Reading: March 22, 2024
 https://www.darkreading.com/threat-intelligence/why-ai-obituary-scams-cyber-risk-businesses

 Scammers posted obituaries declaring them dead. They were very much alive
 CNN: March 19, 2024
 https://edition.cnn.com/2024/03/19/us/fake-obituary-scams-ai-cec/index.html

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧