2019年4月18日 (木曜日)

清水克行『耳鼻削ぎの日本史』

下記の書籍が出ているのを見つけ,早速購入して読んだ。私は読んでいなかったのだが,2015年に別の体裁で出ていたものの実質的な増補・改訂版になる。非常に興味深い書籍であり,法を学ぶ全ての学生に一読を勧める。

 清水克行
 耳鼻削ぎの日本史
 文藝春秋 (2019/4/10)
 ISBN-13: 978-4168130809

| | コメント (0)

2019年4月14日 (日曜日)

欧州評議会・サイバー犯罪条約(ETS No.185)の説明書の参考訳をWeb公開

かつて作成して公表した欧州評議会サイバー犯罪条約(ETS No.185)の説明書の実質的な改訂版にあたる参考訳を作成し,2016年12月に法と情報雑誌1巻6号に掲載して公表した。

なにぶんにも全部私1人だけでやっていることなので,誤訳,誤記,訳漏れ等が残存している可能性はあるが,昨今の状況に鑑み,Web公開の必要があると判断したので,Web公開することにした。

 Explanatory Report to the Convention on Cybercrime (Budapest, 23.XI.2001)
 http://cyberlaw.la.coocan.jp/Documents/Cybercrime%20Convention%20Explanatory%20Report%20Translation%20ver%202.pdf

ただし,参考訳作成の際の法解釈及び訳語等は2016年12月時点におけるものであり,現時点における法解釈や訳語等とは異なる部分があり、また、今後、関連法令の改廃や今後の研究の進展に伴い,何らかの改訂が加えられる可能性がある。後に誤記や誤訳等が発見された場合も同様である。それゆえ,この参考訳を利用する場合には,各自の責任において行い,かつ,必ず原文にあたって検討することを要する。無思慮にコピーして利用した場合の責任は,全てその利用者自身にある。

この参考訳は,以上のような意味での制約のある専門家向けの参考資料の一種であり,公式訳ではない。

法律上の制限に関しては,著作権法及び関連法令が定めるところに従うものとする。

| | コメント (0)

2019年4月13日 (土曜日)

丸橋透先生がEES規則(EU) 2017/2226[参考訳・改訂版]をWeb公開

下記のところで公開されている。

 入国/出国システム(EES)規則(EU) 2017/2226[参考訳・改訂版]
 http://infolaw.la.coocan.jp/

| | コメント (0)

2019年4月12日 (金曜日)

ETIAS 規則(EU) 2018/1240の参考訳をWeb公開

EUの対外国境警備の分野におけるEUの現行の基本法令である規則(EU) 2018/1240の参考訳を作成し,2019年3月に法と情報雑誌4巻3号に掲載して公表した。

なにぶんにも全部私1人だけでやっていることなので,誤訳,誤記,訳漏れ等が残存している可能性はあるが,Web公開の必要があると判断したので,Web公開することにした。

  Regulation (EU) 2018/1240
  http://cyberlaw.la.coocan.jp/Documents/EU%20Regulation%202018%201240%20Translation%20ver%201.pdf

ただし,この参考訳の冒頭部分に明記してあるとおり,翻訳の大前提となる法解釈等は現時点におけるものであり,今後の研究の進展に伴い,将来,何らかの改訂が加えられる可能性がある。後に誤記や誤訳等が発見された場合も同様である。それゆえ,この参考訳を利用する場合には,各自の責任において行い,かつ,必ず原文にあたって検討することを要する。無思慮にコピーして利用した場合の責任は,全てその利用者自身にある。

また,今回のWeb公開にあたり,原稿を見直したところ,誤りのある部分を発見した。今回のWeb公開のために,正誤表を公表した上で,原稿に修正を加えた結果,法と情報雑誌上で公表した印刷版とは若干頁数が異なっている部分が生じた。それゆえ,このファイルの内容を引用する場合には,「Web公開版」の参考訳である旨を明記する必要がある。

この参考訳は,以上のような意味での制約のある専門家向けの参考資料の一種であり,確定訳でも公式訳でもない。

法律上の制限に関しては,著作権法及び関連法令が定めるところに従うものとする。

| | コメント (0)

2019年4月 4日 (木曜日)

EU: 規則(EU) 2019/452

下記のとおり公表されている。

  Regulation (EU) 2019/452 of the European Parliament and of the Council of 19 March 2019 establishing a framework for the screening of foreign direct investments into the Union
  http://data.europa.eu/eli/reg/2019/452/oj

| | コメント (0)

2019年3月29日 (金曜日)

EU: EDPB Opinon 5/2019

下記のところで公表されている。

 Opinion 5/2019 on the interplay between the ePrivacy Directive and the GDPR, in particular regarding the competence, tasks and powers of data protection authorities
 EDPB: 12 March, 2019
 https://edpb.europa.eu/sites/edpb/files/files/file1/201905_edpb_opinion_eprivacydir_gdpr_interplay_en_0.pdf

日本国の個人情報保護法制の下ではほとんど無視されているのも同然だが,今後,明らかに,DPOの役割と存在価値が高まる。

少なくとも,EU域内で事業を営む日本企業は,明確なポリシーと組織構成を構築し,正確に対応しなければならないだろう。

 

| | コメント (0)

2019年3月18日 (月曜日)

消費者ODR 規則(EU) No 524/2013の参考訳をWeb公開

EUのオンラインADRに関する基本法令の1つである消費者ODR 規則(EU) No 524/2013の参考訳を作成し,法と情報雑誌3巻6号に掲載して公表した。

なにぶんにも全部私1人だけでやっていることなので,誤訳,誤記,訳漏れ等が残存している可能性はあるが,Web公開しても一応大丈夫そうなレベルに達したと判断したので,Web公開することにした。

http://cyberlaw.la.coocan.jp/Documents/EU%20Regulation%20524%202013%20Translation%20ver%201.pdf

ただし,この参考訳の冒頭部分に明記してあるとおり,翻訳の大前提となる法解釈等は現時点におけるものであり,今後の研究の進展に伴い,将来,何らかの改訂が加えられる可能性がある。後に誤記や誤訳等が発見された場合も同様である。

それゆえ,この参考訳を利用する場合には,各自の責任において行い,かつ,必ず原文にあたって検討することを要する。無思慮にコピーして利用した場合の責任は,全てその利用者自身にある。

この参考訳は,以上のような意味での制約のある専門家向けの参考資料の一種であり,確定訳でも公式訳でもない。

法律上の制限に関しては,著作権法及び関連法令が定めるところに従うものとする。

| | コメント (0)

指令2014/41/EUの参考訳をWeb公開

EUの刑事手続における基本法令の1つである指令2014/41/EUの参考訳を作成し,法と情報雑誌3巻7号に掲載して公表した。

なにぶんにも全部私1人だけでやっていることなので,誤訳,誤記,訳漏れ等が残存している可能性はあるが,Web公開しても一応大丈夫そうなレベルに達したと判断したので,Web公開することにした。

http://cyberlaw.la.coocan.jp/Documents/EU%20Directive%202014%2041%20EU%20Translation%20ver%201.pdf

ただし,この参考訳の冒頭部分に明記してあるとおり,翻訳の大前提となる法解釈等は現時点におけるものであり,今後の研究の進展に伴い,将来,何らかの改訂が加えられる可能性がある。後に誤記や誤訳等が発見された場合も同様である。

特に別紙にある重大犯罪の一覧表にある罪名の和訳に関しては検討の再検討すべき余地があり,今後公表する別の法令の参考訳中では別の訳語を用いる可能性がある。

それゆえ,この参考訳を利用する場合には,各自の責任において行い,かつ,必ず原文にあたって検討することを要する。無思慮にコピーして利用した場合の責任は,全てその利用者自身にある。

この参考訳は,以上のような意味での制約のある専門家向けの参考資料の一種であり,確定訳でも公式訳でもない。

法律上の制限に関しては,著作権法及び関連法令が定めるところに従うものとする。

| | コメント (0)

2019年3月17日 (日曜日)

米国:携帯電話の位置情報のプライバシーをめぐる議論

下記の記事が出ている。

 What was that P word? Ah. Privacy. Yes, we'll think about privacy, says FCC mulling cellphone location data overhaul
 Register: 15 March, 2019
 https://www.theregister.co.uk/2019/03/15/fcc_mobile_phone_location/

| | コメント (0)

電子情報通信学会総合大会のシンポジウム「科学技術者コミュニティと軍事研究:軍民両用技術と科学技術の価値」

吉備国際大学の大谷卓史先生から下記のシンポジウムの案内を頂戴したので,転載する。

***

AI-6. 科学技術者コミュニティと軍事研究:軍民両用技術と科学技術の価値
( 技術と社会・倫理研専)

一般公開:本企画の聴講は無料です.直接,会場へお越し下さい.

3 月20 日 13:00 〜 16:50 54 号館 101 教室 座長 森住哲也(神奈川大)
講演時間:指定以外各25 分
座長挨拶:15 分
AI-6-1 軍民両用技術と科学技術の価値:技術決定論と社会構成主義の議論を踏まえて… ………………………久木田水生(名大)
AI-6-2 正戦論と軍事研究… ………………………………………………………………………………………………眞嶋俊造(広島大)
AI-6-3 「軍事研究」をめぐるアポリア: 2017 年学術会議声明等の分析… ……………………………………………大庭弘継(京大)
休 憩(10 分)
AI-6-4 軍事研究と科学の公有主義:技術院と理化学研究所の比較を通して考える… ……………………本田康二郎(金沢医科大)
AI-6-5 軍民両用技術において自律的知能機械対人間という枠組みは妥当か… ……………………………………村上祐子(立教大)
休 憩(15 分)
AI-6-6 人工知能/ ロボットと安全保障技術に関する世界的な議論の論点整理(10 分)… …………………………江間有沙(東大)
AI-6-7 科学技術の軍民区別の困難性…どのように区別するのか(10 分)… ……………山下愛仁(航空自衛隊航空研究センター)
パネル討論(45 分)
16 時5 分から開始です。講演者全員による討論となります。
http://www.ieice-taikai.jp/2019general/jpn/

| | コメント (0)

より以前の記事一覧