« フランス:政府機関に対するサイバー攻撃 | トップページ | NSAのセロトラストガイドライン »

2024年3月15日 (金曜日)

EUのAI法(AI規則)の制定手続

EUのAI法(AI Act)を採択(=法令として正式成立)のような報道があるが,全部誤りなので関連記事を削除または訂正すべきだと思う。

「Regulation」を「規制」と訳している記事もあるが,完全な誤り。「規則」が正しい。EUにおいては,EUの構成国に対して直接の拘束力のある法令(=EUの構成国がそれぞれの国の国内法を制定しなくても効力を及ぼす法令)の法形式は「Regulation」となる。

内容としても,EUのAI法案は,AIを規制するための法案ではない。EU域内のAI産業を育成するための産業立法または経済政策立法とみるのが正しい。AIシステムの応用である製品またはサービスに関しては,その安全性を確保した上で,CEマークを貼付し,安全性を宣言すれば流通に置くことができるという非常に簡便な手段も準備されている。安全性が確保されていない製品やサービスを流通に置いてはならないことはどの国でも同じことだ。

まだ正式採択になっていないので,規則(Regulation)としての番号も決まっていない。無論,規則としての番号が決まらなければ,EU官報(Official Journal of European Union)上の公示もないので発効(effective)のしようがない。

正文の最新のテキストは2024年2月2日の版のものなのだが,私が調べたところでは最少の見積もりで約3000箇所以上の誤りがあるので,これからバグ修正の手続に入り,その手続が終わった後に,欧州議会の代表と欧州連合の理事会の代表が文書に署名して正式採択となる。

現在のバグを抱えたままだと,EUの法令として正常に機能しない。また,バグ修正を完了しなければ,規則の適用(application)の日を確定することもできない。
ちなみに,EU法においいては,日本国法と全く同じという意味での「施行」は存在しないので,(誤解を避けるため)報道機関としても「施行」という語を使用することを避けるべきだと思う。

バグ修正に要する時間に関しては,しっかりやるとすれば6か月くらいかかるのではないかと思われるのだが,大急ぎでやることだろうから4月に正式採択になると見込むのが妥当ではないかと思う。

 

[追記:2024年3月22日]

関連記事を追加する。

 EU Policy. Commission to look for head of AI Office only when law is fully approved
 euronews: 20/03/2024
 https://www.euronews.com/next/2024/03/20/commission-to-look-for-head-of-ai-office-only-when-law-is-fully-approved

 

 

|

« フランス:政府機関に対するサイバー攻撃 | トップページ | NSAのセロトラストガイドライン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フランス:政府機関に対するサイバー攻撃 | トップページ | NSAのセロトラストガイドライン »