« 稲荷塚遺跡の方形周溝墓 | トップページ | FAFSA »

2017年11月24日 (金曜日)

幡羅官衙遺跡群

下記の記事が出ている。

 「幡羅官衙遺跡群」国史跡に 深谷~熊谷の古代郡役所跡
 東京新聞:2017年11月22日
 http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/list/201711/CK2017112202000190.html

(余談)

一般に,元の地名は「原」であり,「幡羅」は,後の時代につけられた「嘉名」であるとされている。

しかし,当地の人々が長年待ち望んだ当地の歴史を反映する名であることを付して,「幡羅」を上奏し,それが採択された可能性を否定することができない。

権力関係というものは,意外と複雑なものであるということを,坊ちゃん育ちの学者に理解してもらうことは土台無理なことなので,どうにもならないことではあるが・・・

|

« 稲荷塚遺跡の方形周溝墓 | トップページ | FAFSA »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 稲荷塚遺跡の方形周溝墓 | トップページ | FAFSA »