« Googleの新型ドローン(無人航空機)? | トップページ | 国際機関の4分の1は時代遅れの防御しかなくAPT攻撃に晒されている? »

2015年10月21日 (水曜日)

中国:遺伝子操作によるミュータントを大量生産?

下記の記事が出ている。

 Meet the SUPERDOGS: Chinese researchers reveal 'mutant' beagles genetically engineered to be extra muscular
 Daily Mail: 20 October, 2015
 http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3281543/Meet-SUPERDOGS-Chinese-researchers-reveal-mutant-beagles-genetically-engineered-extra-muscular.html

たぶん結果のリスクを一切考えていないのだろうと思う。「イケイケ」だけでやる開発の見本のようなものだ。

自業自得的な悲惨な未来が待っていると予測している。

日本には迷惑をかけてほしくないが悪影響はあるだろう。

なお,人間について同様の方法によるミュータント選手が製造され,オリンピックにおいて優勝したとしても,現在の基準におけるドーピングには該当しないので,正当な有償となる。

|

« Googleの新型ドローン(無人航空機)? | トップページ | 国際機関の4分の1は時代遅れの防御しかなくAPT攻撃に晒されている? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Googleの新型ドローン(無人航空機)? | トップページ | 国際機関の4分の1は時代遅れの防御しかなくAPT攻撃に晒されている? »