« F35の攻撃力 | トップページ | 中国からインド及び東南アジア諸国に対するサイバー攻撃-民主化活動家を狙ったAPT攻撃か? »

2015年8月22日 (土曜日)

Ashley Madisonの利用者分布マップ

下記の記事が出ている。

 Do YOU trust your partner? Millions of suspicious spouses crash websites set up to find names of Ashley Madison 'cheaters' as map reveals locations of men and women registered with the adultery website
 Daily Mail: 20 August, 2015
 http://www.dailymail.co.uk/news/article-3204408/Millions-suspicious-spouses-crash-websites-set-names-Ashley-Madison-cheaters-interactive-map-reveals-men-women-registered-adultery-website-live.html

東アジアでは,フィリピン,韓国,日本が非常に多い。

[追記:2015年8月23日]

関連記事を追加する。

 Ashley Madison hackers: Website is ‘like a drug dealer abusing addicts’
 TNW: August 22, 2015
 http://thenextweb.com/insider/2015/08/22/ashley-madison-hackers-website-is-like-a-drug-dealer-abusing-addicts/

[このブログ内の関連記事]

  米国:Ashley Madisonの利用者データには多数の政府職員の氏名が含まれている?
  http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/ashley-madiso-1.html

 Ashley Madisonから奪われた利用者データの悪用が急速に広まっているらしい
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/ashley-madison-.html

 国際的な出逢いサイト(Dating Site)Ashley Madisonがハックされその利用者情報流出した事件は更に被害の深刻さを増している?
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/dating-siteashl.html

|

« F35の攻撃力 | トップページ | 中国からインド及び東南アジア諸国に対するサイバー攻撃-民主化活動家を狙ったAPT攻撃か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« F35の攻撃力 | トップページ | 中国からインド及び東南アジア諸国に対するサイバー攻撃-民主化活動家を狙ったAPT攻撃か? »