« Dropbox Androidから重要な企業秘密が外部流出する危険性がある? | トップページ | 事前研修によって故意による犯罪を防止することは可能か? »

2015年3月12日 (木曜日)

「花燃ゆ」はなぜウケないのか?

以前,高杉晋作や大村益次郎を主役とする大河ドラマがあった。結構視聴率は良かった。

時代背景によるものだろうが,政治情勢としては,旧長州閥以外の自民党大物議員がいっぱい存在していた時代だったので,娯楽作品は娯楽作品として楽しめたということがあるのではないかと思っている。

しかし,現在の状況はちょっと違う。

それが事実かどうかとは関係なく,「旧長州閥の議員ばかりが美味しい思いをしている」と感じている人が多数を占めているのではないかと思う。とりわけ関東地方では,「長州にしてやられた」と思っている人の割合が非常に高い。大河ドラマにおける勝者が現在の政治状況とシンクロしていると人気が下がるのは当然のことだろうと思う。日本人は,一般に,「強すぎる勝者」というものを嫌う傾向があると思う。

だから,単純に娯楽作品として楽しめない。

いかに配役を変えてみてもダメだと思う。

当分の間,毛利・長州が勝利するようなタイプのストーリーを素材とする大河ドラマでは視聴率を獲得することができないだろうと思う。全然関係ないストーリーを素材とするものを企画するしか手はない。

|

« Dropbox Androidから重要な企業秘密が外部流出する危険性がある? | トップページ | 事前研修によって故意による犯罪を防止することは可能か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Dropbox Androidから重要な企業秘密が外部流出する危険性がある? | トップページ | 事前研修によって故意による犯罪を防止することは可能か? »