« 英国:英国原子力関連企業のウクライナを経由する謎の通信回線 | トップページ | 盗聴するバービー人形? »

2015年3月14日 (土曜日)

英国:諜報機関GCHQによる大規模通信傍受は必要な行為?

下記の記事が出ている。

 The Switchboard: British watchdog defends bulk data collection
 Washington Post: March 12, 2015
 http://www.washingtonpost.com/blogs/the-switch/wp/2015/03/13/the-switchboard-british-watchdog-defends-bulk-data-collection/

米国や英国の行為が違法行為だという場合,民主国家なので,少なくとも理論上では,それをやめさせる方法が全くないわけではない。

ロシアや中国が米国や英国と全く同様の行為をしていることは明白なのだが,それをやめさせる方法は全くないし,今後もない。

バランス感覚からすると,素朴な疑問が生ずることは避けられない。

|

« 英国:英国原子力関連企業のウクライナを経由する謎の通信回線 | トップページ | 盗聴するバービー人形? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 英国:英国原子力関連企業のウクライナを経由する謎の通信回線 | トップページ | 盗聴するバービー人形? »