« ビッグデータでは従来の情報セキュリティ手法がそのままでは機能しないかもしれないとの指摘 | トップページ | ロボットは違法行為をなし得るか? »

2014年12月 4日 (木曜日)

Sony Picturesに対するサイバー攻撃から得られる教訓

下記の記事が出ている。

 The cyberattack on Sony Pictures made employees collateral damage
 Washington Post: December 3, 2014
 http://www.washingtonpost.com/blogs/the-switch/wp/2014/12/03/the-cyberattack-on-sony-pictures-made-employees-collateral-damage/

「誰でもいつでも丸裸社会」と名付けようかと思う。

ところで,一般に,不正競争防止法に定める営業秘密の秘密性についての判断では,比較的妥当なものが少なくなく,情報セキュリティ上の措置なるものが完全ではないことを理解した上での判決がみられる。

しかし,別の類型の訴訟では必ずしもそうではないことがある。

この温度差は一体何に由来するのか,極めて興味深い社会的病理現象の一種なのではないかと考察を続けている。

[追記:2014年12月4日22:23]

関連記事を追加する。

 Sony Got Hacked Hard: What We Know and Don’t Know So Far
 Wired: December 3, 2014
 http://www.wired.com/2014/12/sony-hack-what-we-know/

 Sony Hacked: Confidential Information, Including Details Of Senior Executives' Salaries, Leaked
 International Business Times: December 3, 2014
 http://www.ibtimes.com/sony-hacked-confidential-information-including-details-senior-executives-salaries-1732441

|

« ビッグデータでは従来の情報セキュリティ手法がそのままでは機能しないかもしれないとの指摘 | トップページ | ロボットは違法行為をなし得るか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ビッグデータでは従来の情報セキュリティ手法がそのままでは機能しないかもしれないとの指摘 | トップページ | ロボットは違法行為をなし得るか? »