« Googleがドローン(無人航空機)による配送実験を開始 | トップページ | 人種差別を監視する機関のトップが日本人に対する人種差別主義者である場合 »

2014年8月29日 (金曜日)

夏井高人「サイバー犯罪の研究(七)」が刊行された

明治大学法学部の紀要に連載中の下記の論説が刊行された。残部があれば,法学部事務室で購入することができる。

 夏井高人
 「サイバー犯罪の研究(七)-オンライン詐欺に関する事例検討-」
 法律論叢87巻1号163~206頁
 2014年8月22日発行

なお,目次構成は下記のようになっている。

 一 はじめに
 二 公衆通信サービスと関連する事例
  1 パソコン通信の事例
  2 インターネットの事例
   (1) ネットオークション詐欺
   (2) ワンクリック詐欺
   (3) サクラを使った出会系サイト詐欺
 三 金融機関の送金システムと関連する事例
  1 詐欺罪の事例
  2 電子計算機使用詐欺罪の事例
  3 詐欺罪及び電子計算機使用詐欺罪の事例
 四 まとめ

|

« Googleがドローン(無人航空機)による配送実験を開始 | トップページ | 人種差別を監視する機関のトップが日本人に対する人種差別主義者である場合 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Googleがドローン(無人航空機)による配送実験を開始 | トップページ | 人種差別を監視する機関のトップが日本人に対する人種差別主義者である場合 »