« MicrosoftがEUの「忘れ去られる権利(right to be forgotten)」の要請に応じる準備 | トップページ | 最高裁:推定と擬制の相違を否定した事例 »

2014年7月17日 (木曜日)

株式会社MCMのちらし広告

帰宅したら,妻から,「こんなのが入ってたよ」と渡された紙が1枚。

「毎月お支払いのネット料金がお安くできます」と書いてあった。

会社の名前は「株式会社MCM」。しかし,それしか書いていない。本店所在地の記載はない。

申し込みの電話番号だけは書いてある。

 0120(984)011

しかし・・・

私なら絶対に申し込まない。

というわけで,またまたサンプル収集に成功という次第。標本として大事に保管しようと思う。

|

« MicrosoftがEUの「忘れ去られる権利(right to be forgotten)」の要請に応じる準備 | トップページ | 最高裁:推定と擬制の相違を否定した事例 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« MicrosoftがEUの「忘れ去られる権利(right to be forgotten)」の要請に応じる準備 | トップページ | 最高裁:推定と擬制の相違を否定した事例 »