« 韓国:全世界の個人データ流出事故件数の8割を占めている? | トップページ | 民間旅客機で利用されているインターネット通信はGCHQによって通信傍受されている? »

2014年5月14日 (水曜日)

Skypeを用いた通信はNSAによって傍受されていた?

下記の記事が出ている。

 Encrypted or not, Skype communications prove “vital” to NSA surveillance
 ars technica: May 14, 2014
 http://arstechnica.com/security/2014/05/encrypted-or-not-skype-communications-prove-vital-to-nsa-surveillance/

NSAだけが問題視されているが,他の国の諜報機関も当然同じようなことをやっているので,そのような前提でものごとを考えなければならない。つまり,米国諜報機関に対する批判は批判として,そもそもインターネット上での通信には(国家の諜報機関との関係では)最初から機密性などないものだと認識・理解し,そのような理解を前提に利用することが大事なのだ。

情報セキュリティの基本理論もまた,「機密性は一切保障されない」という前提で,根本から再構築されなければならない。

|

« 韓国:全世界の個人データ流出事故件数の8割を占めている? | トップページ | 民間旅客機で利用されているインターネット通信はGCHQによって通信傍受されている? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 韓国:全世界の個人データ流出事故件数の8割を占めている? | トップページ | 民間旅客機で利用されているインターネット通信はGCHQによって通信傍受されている? »