« KADOKAWAのサーバがハックされフィッシングサイトにされていたらしい | トップページ | EFFとACLUはNSAにとって仮想敵だったのか? »

2014年3月23日 (日曜日)

Syrian Electronic Armyは,どのようにしてMicrosoftなどのサーバをハックしたのか?

下記の記事が出ている。

 Syrian Electronic Army Hacks Microsoft, and the Country Disappears from the Web
 infoSecurity: 21 March 2014
 http://www.infosecurity-magazine.com/view/37589/syrian-electronic-army-hacks-microsoft-and-the-country-disappears-from-the-web/

フィッシング攻撃は更に高度化している。電子メールに気をつけているだけでは足りない。ブラウザをハイジャックして偽サイトに誘導する手法がかなりあるようだ。提供者の別を問わず,OSもブラウザもかなり弱く,ハイジャックされてしまうことがしばしばある。クライアント側が大丈夫でも,通信経路にあるルータなどがハイジャックされてしまっていることも多々ある。

インターネットを利用する場合には,「およそ機密性が保持されることはない」ということを大前提に利用すべきだと考える。

|

« KADOKAWAのサーバがハックされフィッシングサイトにされていたらしい | トップページ | EFFとACLUはNSAにとって仮想敵だったのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« KADOKAWAのサーバがハックされフィッシングサイトにされていたらしい | トップページ | EFFとACLUはNSAにとって仮想敵だったのか? »