« 米国内にあるGoogleのDNSサーバが一時的にハイジャックされていたらしい | トップページ | PHPのバグが依然としてインターネットの脆弱性要素となり続けている? »

2014年3月19日 (水曜日)

Google Glassの利用者が知らない間に無権限でカメラを起動しリモートで操作するアプリ

下記の記事が出ている。

 Google Glass spyware app is cute but not the end of the world
 ars technica: March 19, 2014
 http://arstechnica.com/security/2014/03/google-glass-spyware-app-is-cute-but-not-the-end-of-the-world/

スパイウェアの一種と考えることができる。

同種のマルウェアは,スマートフォンの世界では常連的な存在になっている。Google Glass も例外ではあり得ないということになる。

ちなみに,カメラの操作権限を奪うことができるということは,他の機能の操作権限も奪うことができるということを意味している。

|

« 米国内にあるGoogleのDNSサーバが一時的にハイジャックされていたらしい | トップページ | PHPのバグが依然としてインターネットの脆弱性要素となり続けている? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米国内にあるGoogleのDNSサーバが一時的にハイジャックされていたらしい | トップページ | PHPのバグが依然としてインターネットの脆弱性要素となり続けている? »