« 英国:地上攻撃用ステルスドローン(無人航空機)の試験飛行に成功 | トップページ | 福永伸哉『三角縁神獣鏡の研究』 »

2014年2月 6日 (木曜日)

池田仁三『画像解析によって解明した古墳墓碑』

Amazonに注文していた下記の書籍が届いたので読んでみた。素晴らしい!

 池田仁三
 画像解析によって解明した古墳墓碑 上
 青林堂 (2013/5/23)
 ISBN-13: 978-4792604684

 池田仁三
 画像解析によって解明した古墳墓碑 下
 青林堂 (2013/5/23)
 ISBN-13: 978-4792604691

この本で説明されている画像解析が正しいとすれば,徐福も天照大神も素戔男尊も全て墓所が実在していることになる。

ただ,天照大神の墓所は,熊本チブサン古墳であることになり,また,イザナギとイザナミは肥後と備中になるのだが,そうなると日向への天孫降臨はなかったということにならざるを得ない。

また,徐福とその一族の墓所は,八女の古墳群ということになり,かつ,宮下文書は偽書ではなかったということになるようだ。

結局,熊本から日本の歴史が始まったことになる。

この書籍に書かれていることに賛成するかどうかは別として,必読の書であることだけは間違いない。

なお,ネット上では,下記のところで情報が提供されている。

 ようこそコンピューター画像解析の世界(Ⅰ)へ!
 http://www11.ocn.ne.jp/~jin/GAZO2.html

|

« 英国:地上攻撃用ステルスドローン(無人航空機)の試験飛行に成功 | トップページ | 福永伸哉『三角縁神獣鏡の研究』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 英国:地上攻撃用ステルスドローン(無人航空機)の試験飛行に成功 | トップページ | 福永伸哉『三角縁神獣鏡の研究』 »