« ForbesのサーバがSyrian Electronic Armyによってハックされ,非常に多数の利用者個人データが奪われたらしい | トップページ | なぜ難しいのか・・・ »

2014年2月16日 (日曜日)

NSAは,外国の代理人をしている米国法律事務所も通信傍受していた?

下記の記事が出ている。

 Spying by N.S.A. Ally Entangled U.S. Law Firm
 New York times: February 15, 2014
 http://www.nytimes.com/2014/02/16/us/eavesdropping-ensnared-american-law-firm.html

 NSA sanctions Australia's spying on US law firm representing a foreign country
 ars technica: February 16, 2014
 http://arstechnica.com/tech-policy/2014/02/nsa-sanctions-australias-spying-on-us-law-firm-representing-a-foreign-country/

 Indonesian intel not for commercial use: Australian PM
 ZD Net: February 16, 2014
 http://www.zdnet.com/indonesian-intel-not-for-commercial-use-australian-pm-7000026391/

この事件は比較的特異なものだと思う。

しかし,一般論としては,ほぼ全ての裁判官,検察官及び弁護士が常時通信傍受されている可能性はある。

現代の社会では「機密性」を保障することが不可能または著しく困難になったと理解するのが正しい。

解決策としては,要するに,インターネットネット(TCP/IP)を使わないことだ。

[追記:2014年2月17日]

関連記事を追加する。

 NSA Australia allies 'spied on US law firm' in Indonesia row
 BBC: 16 February, 2014
 http://www.bbc.co.uk/news/world-us-canada-26216883

|

« ForbesのサーバがSyrian Electronic Armyによってハックされ,非常に多数の利用者個人データが奪われたらしい | トップページ | なぜ難しいのか・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ForbesのサーバがSyrian Electronic Armyによってハックされ,非常に多数の利用者個人データが奪われたらしい | トップページ | なぜ難しいのか・・・ »