« Apple iOSの脆弱性による影響が深刻 | トップページ | 米国:韓国人学者が発表した偽のヒト幹細胞に基づく特許を米国特許商標庁(USPTO)が認めていたことが発覚 »

2014年2月23日 (日曜日)

Googleの3Dセンサー付スマートフォン

下記の記事が出ている。

 Google unveils smartphone with 3D sensors
 BBC: 21 February, 2014
 http://www.bbc.co.uk/news/technology-26284210

立体的に極めて深刻なプライバシー侵害が多発する時代となったようだ。

当然のことながら,各国の諜報機関はこのタイプのスマートフォンを必ずハックし,スパイ端末として利用することを避けることができない。

ただし,それを承知で利用するのは各人の自由だ。

したがって,どのような問題があるのかを事前に周知し,利用者に十分に理解させることに成功しているか否かによって違法性・適法性が分かれることになる。問題点を隠蔽し,利便性だけを強調するような宣伝広告や学術論文の類は,基本的に詐欺的なものまたは違法なものとみなすべきだろう。

今後は,国際条約により,各種機器の脆弱性や弊害等について(医薬品の副作用情報等と同様の意味で)製品に明記することを義務付ける法制の整備が望まれる。

可能な法制整備としては,それ以外考えられない。

「それでは売れなくなる」という業者の意見は,一切無視してよい。消費者を騙してまで金銭的利益を獲得する自由(権利)などというものは存在しない。

|

« Apple iOSの脆弱性による影響が深刻 | トップページ | 米国:韓国人学者が発表した偽のヒト幹細胞に基づく特許を米国特許商標庁(USPTO)が認めていたことが発覚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Apple iOSの脆弱性による影響が深刻 | トップページ | 米国:韓国人学者が発表した偽のヒト幹細胞に基づく特許を米国特許商標庁(USPTO)が認めていたことが発覚 »