« 古代の三内丸山周辺 | トップページ | 古代の横浜市北西部~川崎市 »

2014年1月21日 (火曜日)

古代の多賀城周辺

現在よりも海面が20メートル高かったと仮定してシミュレートしてみた。

 http://cyberlaw.la.coocan.jp/Documents/map21.jpg

多賀城の北西に位置する加瀬沼公園付近は港湾施設だったのかもしれない。

海面を現在よりも5メートル高いものと仮定してシミュレートしてみると,発掘された城外市街地遺跡が地表に出るから,律令時代には高くても現在より5メートルくらいのところに海面があったことになる。ただし,この周辺は古代及び現代の超巨大地震の影響で垂直移動が激かったとも考えられるので,そのことも考慮に入れて検討しないと確実なことは言えない。

 東北歴史博物館:多賀城史跡めぐり
 http://www.thm.pref.miyagi.jp/taga_tour/index.php

|

« 古代の三内丸山周辺 | トップページ | 古代の横浜市北西部~川崎市 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 古代の三内丸山周辺 | トップページ | 古代の横浜市北西部~川崎市 »