« 茨城県鹿島神宮付近の古代地形 | トップページ | 古代の加古川付近 »

2014年1月22日 (水曜日)

千葉市蘇我付近の古代地形

現在よりも海面が20メートル高かったと仮定してシミュレートしてみた。

 http://cyberlaw.la.coocan.jp/Documents/map59.jpg

生浜東小学校のすぐ脇に千葉県最大の前方後円墳といわれる大覚寺山古墳がある。また,有吉貝塚も付近にある。

おそらく,「蘇我」は,当初には有吉近辺にあったのだろうと思う。その後,小氷期の到来と共に海退が始まり,海岸線が下がったので,次第に集落も西方に移ったのではないかと思う。

ちなみに,海中に没してしまう白山神社は,当時にはもっと高いところにあったのではないかと想像している。

ちなみに,有名な加曽利貝塚があるあたりもやはり海だ。

 http://cyberlaw.la.coocan.jp/Documents/map60.jpg

|

« 茨城県鹿島神宮付近の古代地形 | トップページ | 古代の加古川付近 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 茨城県鹿島神宮付近の古代地形 | トップページ | 古代の加古川付近 »