« 古代の紀伊国 | トップページ | 古代の多賀城周辺 »

2014年1月21日 (火曜日)

古代の三内丸山周辺

現在よりも海面が20メートル高かったと仮定してシミュレーションしてみた。

 http://cyberlaw.la.coocan.jp/Documents/map20.jpg

高殿のような建物は,海を見下ろし,外洋から軍船で責めて外敵の来襲を見張るための施設または漁労の状況を観察するための施設だった可能性がある。

小氷期の到来に伴う海退と共に海産物を入手できる海岸線が遠くなってしまい,捨てられてしまったのかもしれない。

 三内丸山遺跡
 http://sannaimaruyama.pref.aomori.jp/

|

« 古代の紀伊国 | トップページ | 古代の多賀城周辺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 古代の紀伊国 | トップページ | 古代の多賀城周辺 »