« 古代の美濃国不破郡(現大垣市垂井町)付近 | トップページ | 古代の東京都世田谷区野毛付近 »

2014年1月22日 (水曜日)

古代の東京都文京区白山付近

現在よりも海面が20メートル高かったと仮定してシミュレートしてみた。

 http://cyberlaw.la.coocan.jp/Documents/map45.jpg

弥生は海に面している。蛋白源を補給するために魚介類を入手しやすい場所を選んで暮らしていたのだろう。「縄文=狩猟・採集」,「弥生=農耕」といった簡単な図式は間違っていると考える。渡来人は,大きな船で太平洋岸を北上しながら,浜辺近くで農耕をし,かつ,漁労をしていたと考えたほうが妥当だ。その時代は,古事記,日本書紀,古語拾遺で言えば神代(天孫降臨前,大国主神や少彦名神による露払いの時期,倭武尊は,実はこれらの神と同じ氏族及びその支族を意味するものなのかもしれない。)にあたると推定したい。更に検討しなければならないが・・・

ところで,この近辺には,「白山」や「駒」など「加羅」と関連する地名が多い。現在でも存在するのかどうか知らないが,白山近辺には白山神社があったはずだ。現在でも名前を変えて存続しているかもしれない。また,「大塚」は「王塚」であり,そのあたりに大きな古墳があったのではないかと思う。

また,白山にある小石川植物園は小石川薬草園のあった場所なのだが,もしかすると,このあたりで薬草を栽培していた歴史は相当古い時代まで遡るのかもしれない。

[追記]

根津神社は古く高い格式を誇る神社で,「須佐之男命」をまつっている。

単なる空想に過ぎないが,古代において,関東地方は「根の国」と呼ばれており,まだまだ未開拓で厳しい地域であり,原住民との戦闘も絶えなかったことから,中国思想における黄泉の国と同じようにして扱われていた可能性があると考える。根津は,まさに根の国の入口にあたる水路または寄港地のような場所という意味だったのだろう。

海面が現在よりも20メートル高かったと仮定すると,根津神社の鳥居は海の中にそびえ立ち,軍船を直接桟橋に接岸して上陸・参拝できるような感じになっていたと推定される。

こうして考えてみると,古代の神社というものは,軍事的な要塞としての機能ももっていたということになる。

大国主神が軍事・政治を担当する武官とすれば,少彦名神は,港湾を整備し,神社を建築し,祭礼を行い,糧食を得るために開墾や医療等を担当する文官としての立場にあったのだと思う。

もしそれらを統率する「王」が須佐之男命や倭武尊であったとしたら,大国主神は軍事司令官,少彦名神は官僚組織や工人らを統率する総務長官のような役割を果たしていたことになる。

なお,誤解のないように付言しておくと,私は,「渡来人」を現在の朝鮮人の祖先と同じ人々だとは思っていない(三韓国に関しても,現在の韓国歴史学における通説とは全く異なる考えをもっている。)。古代において朝鮮半島を支配していた「倭」の人々の祖先と同じであり,もしかすると古代中国の王統の末裔かもしれないと考えている。徐福伝説にある須弥山とは,九州にある阿蘇山など霊山とされる諸山のことを意味するのだろう。

|

« 古代の美濃国不破郡(現大垣市垂井町)付近 | トップページ | 古代の東京都世田谷区野毛付近 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 古代の美濃国不破郡(現大垣市垂井町)付近 | トップページ | 古代の東京都世田谷区野毛付近 »