« 古代の茨城県下妻市 | トップページ | 茨城県鹿島神宮付近の古代地形 »

2014年1月22日 (水曜日)

古代の茨城県龍ヶ崎市

現在よりも海面が20メートル高かったと仮定してシミュレートしてみた。

 http://cyberlaw.la.coocan.jp/Documents/map50.jpg

貝塚の遺跡等から,やはり海面が20メートルくらい高かったことがわかる。

龍ヶ崎一帯の地形は龍の頭部のような形をしており,更に入り江の奥のほうにある筑波山や下妻付近を守護するような意味合いがあったのではないかと思われる。

なお,このあたりには小規模ながら古墳が多数ある。土着の豪族(国神)のものとするのが通説と思われるが,そうではないかもしれない。

 桜山(さくらやま)古墳
 http://www.ibaraki-maibun.org/05koza/iseki-05.htm

 貝原塚城(竜ヶ崎市貝原塚町城山)
 http://otakeya.in.coocan.jp/info02/ryuugasakizu.htm

 北方貝塚
 http://www.hi-ho.ne.jp/mizuno/isekivisit/kitakata.html

 タヌポンの利根ぽんぽ行 早尾・龍ヶ崎北方の史跡など
 http://tanuki-bayashi.com/tone-ponpokou/hayao_kitakata/

|

« 古代の茨城県下妻市 | トップページ | 茨城県鹿島神宮付近の古代地形 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 古代の茨城県下妻市 | トップページ | 茨城県鹿島神宮付近の古代地形 »