« 古代の薩摩 | トップページ | 古代の熊本市 »

2014年1月23日 (木曜日)

古代の八女市周辺

現在よりも海面が20メートル高かったと仮定してシミュレートしてみた。

 http://cyberlaw.la.coocan.jp/Documents/map75.jpg

 http://cyberlaw.la.coocan.jp/Documents/map76.jpg

 http://cyberlaw.la.coocan.jp/Documents/map77.jpg

広域図はこんな感じ。

 http://cyberlaw.la.coocan.jp/Documents/map78.jpg

海岸線よりもだいぶ山側に古墳が所在しているのは,珍しいと思う。何となく奈良盆地と似ている。

金達寿は,東方にある山々の名前が朝鮮語(新羅語)由来だと主張した。一時,私も「そうかな・・・」と思った時期がある。

しかし,現在では,古代倭語だと思っている。現代朝鮮語に古代倭語の残滓があるということなのだろう。

倭語は,古代の中国大陸にもあったはずなのだが,数千年にわたる諸王朝の興廃の中で消えてしまったのだと思う。

|

« 古代の薩摩 | トップページ | 古代の熊本市 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 古代の薩摩 | トップページ | 古代の熊本市 »