« 古代播磨(吉備)が栄えていたころ | トップページ | 古代の遠江国磐田郡 »

2014年1月21日 (火曜日)

古代奴国が栄えていたころ

海水面が現在よりも20メートル高かったと仮定してシミュレーションしてみた。

 http://cyberlaw.la.coocan.jp/Documents/map15.jpg

 http://cyberlaw.la.coocan.jp/Documents/map16.jpg

これまた「なるほど~~」と思った。

東征のための大型軍船の大艦隊は,那珂のあたりから出撃したのかもしれない。そして,新たに占領した土地には「那珂」またはこれに類する地名を付けたのかもしれない。

ただし,問題がある。

佐賀県の吉野ヶ里遺跡周辺は,現在遺跡とされている部分が小さな小島となって遠浅の海の中に浮かぶようなかたちになってしまうのだ。大津波があれば全滅してしまうことだろう。

ただ,垂直方向での大規模な地殻変動は当然あるので,それを計算に入れないと確かなことは言えない。

 春日市奴国の丘歴史資料館
 http://www.city.kasuga.fukuoka.jp/nakoku/index.html

 吉野ヶ里歴史公園
 http://www.yoshinogari.jp/

 地震調査研究推進本部:佐賀県
 http://www.jishin.go.jp/main/yosokuchizu/kyushu-okinawa/p41_saga.htm

|

« 古代播磨(吉備)が栄えていたころ | トップページ | 古代の遠江国磐田郡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 古代播磨(吉備)が栄えていたころ | トップページ | 古代の遠江国磐田郡 »