« 奈女加多薬 | トップページ | Googleがスマートホームビジネスも世界支配か? »

2014年1月15日 (水曜日)

米国:FISA(Foreign Intelligence Surveillance)裁判所の前判事が同裁判所の改革に反対意見

下記の記事が出ている。

 U.S. courts oppose reform proposals for secret surveillance court
 REUTERS: January 14, 2014
 http://www.reuters.com/article/2014/01/14/us-usa-security-idUSBREA0D1LO20140114

 Judge Warns Proposed Safeguards Could Hamper Surveillance Court
 New York Times: January 14, 2014
 http://www.nytimes.com/2014/01/15/us/politics/judge-warns-proposed-safeguards-could-hamper-surveillance-court.html

行政裁判所というものの本質を考える上で非常に参考になる事例ではないかと思う。司法権は行政権(軍,諜報機関)よりも下位にある。

|

« 奈女加多薬 | トップページ | Googleがスマートホームビジネスも世界支配か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 奈女加多薬 | トップページ | Googleがスマートホームビジネスも世界支配か? »