« 米国:三次元プリンタ(3D Printer)で製造可能な樹脂製銃砲禁止法案? | トップページ | スマートフォン等のIT機器類に原料となる希少金属枯渇の危機 »

2013年12月 5日 (木曜日)

外科手術用ロボットの問題点

下記の記事が出ている。

 Robotic arms used to perform surgery may seize up and stop working mid-operation, manufacturers warn
 Daily Mail: 5 December, 2013
 http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2518603/Robotic-arms-used-perform-surgery-seize-stop-working-mid-operation-manufacturers-warn.html

従来は,手術に失敗して患者が死亡した場合には医師や病院が損害賠償責任を負うのが普通だった。

今後は,ロボット製造企業も共同不法行為者として損害賠償責任を負うことになるだろう。

ただし,裁判官が正しく理解するということが絶対状態だ。

|

« 米国:三次元プリンタ(3D Printer)で製造可能な樹脂製銃砲禁止法案? | トップページ | スマートフォン等のIT機器類に原料となる希少金属枯渇の危機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米国:三次元プリンタ(3D Printer)で製造可能な樹脂製銃砲禁止法案? | トップページ | スマートフォン等のIT機器類に原料となる希少金属枯渇の危機 »