« 遠山美都男『敗者の日本史1 大化改新と蘇我氏』 | トップページ | Snowden氏は,現時点でもNSAのために働いている? »

2013年12月24日 (火曜日)

「東海」はどこにあったのか?

たぶん,黄海の奥,遼東半島の東側のあたり,すなわち鴨緑江沖にある西朝鮮湾(Korean Bay)付近の海域を指す。

古代三韓国が遼東半島周辺にあると考える以上,そうならざるを得ない。

この問題は,やはり,楽浪郡の所在位置を確定する作業を経なければ解決できない。

韓国政府は,日本の戦前の皇国史観をでたらめだと言って批判している。

議論はあるが,韓国政府の主張する前提でものごとを考えてみれば,やはり,古代朝鮮は遼東半島にあったと考える以外にないことになると思う。

皇国史観を前提にしない限り,ソウルやピョンヤンのあたりに古代朝鮮国家(特に百済などの国家)があったとすることはできないからだ。

皮肉なものだと思う。

[このブログ内の関連記事]

 山形明郷『卑弥呼の正体-虚構の楼閣に立つ「邪馬台」国 』
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-7708.html

|

« 遠山美都男『敗者の日本史1 大化改新と蘇我氏』 | トップページ | Snowden氏は,現時点でもNSAのために働いている? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 遠山美都男『敗者の日本史1 大化改新と蘇我氏』 | トップページ | Snowden氏は,現時点でもNSAのために働いている? »