« 米国NSAとカナダ諜報機関が強力な連携の下に国際的な通信傍受 | トップページ | 米国:AT&Tが利用者通話記録をCIAに売却? »

2013年12月12日 (木曜日)

米国NSAと英国GCHQは,Googleのクッキー(cookies)を追跡監視して諜報活動を行っている

下記の記事が出ている。

 GCHQ and NSA 'track Google cookies'
 BBC: 11 December, 2013
 http://www.bbc.co.uk/news/technology-25333663

もちろん,Googleだけではなく全ての種類のcookieが監視対象となっていると考えるのが妥当だろう。

従来,cookieはプライバシー侵害のおそれがあるとして議論されてきた。同様に,自動プロファイリングやビッグデータなども議論の対象となってきたのだが,これらの仕組みの全てが監視対象となっている可能性が極めて高い。何しろ,強力な国家の諜報機関の活動に対しては防御の手段が全くない。

極めて簡単な図式で示すと,プライバシー侵害のおそれがあるとして議論の対象となり得る技術は,いかなるものであれ,すべて諜報活動のために利用されていると考えるのが正しい。

|

« 米国NSAとカナダ諜報機関が強力な連携の下に国際的な通信傍受 | トップページ | 米国:AT&Tが利用者通話記録をCIAに売却? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米国NSAとカナダ諜報機関が強力な連携の下に国際的な通信傍受 | トップページ | 米国:AT&Tが利用者通話記録をCIAに売却? »