« 中国:極限状態の大気汚染の継続は犯罪やテロ行為も誘発か? | トップページ | 米国:ファイル共有サービスBitTorrentのトラフィックが減少 »

2013年11月12日 (火曜日)

ドイツ:Deutsche Telekomが,ドイツ企業に対し,外国のスパイ等に通信傍受されない安全な通信経路のサービスを提供?

下記の記事が出ている。

 Deutsche Telekom to offer firms 'clean pipe' against hackers
 REUTERS: November 11, 2013
 http://www.reuters.com/article/2013/11/11/net-us-deutschetelekom-security-idUSBRE9AA0O720131111

一般に,非インターネットベースの物理的な専用回線を用いて通信すれば,リモートで簡単に通信傍受できてしまうという脆弱性は幾分か解消されることは間違いない。

もちろん,古典的な手法による通信傍受やスパイ行為まで避けることはできない。しかし,コストの問題を考えると,「網羅的かつ常時監視として評価可能なレベルで古典的な手法を用いることは現実にはできない」という意味で,経済的な作用による防御とはなり得ると思われる。

|

« 中国:極限状態の大気汚染の継続は犯罪やテロ行為も誘発か? | トップページ | 米国:ファイル共有サービスBitTorrentのトラフィックが減少 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中国:極限状態の大気汚染の継続は犯罪やテロ行為も誘発か? | トップページ | 米国:ファイル共有サービスBitTorrentのトラフィックが減少 »