« SecureDrop | トップページ | タブレット型PCは早くも廉価品の時代に突入? »

2013年10月16日 (水曜日)

米国でも各都市に監視用モニタカメラが続々設置-プライバシーゼロ社会へ

下記の記事が出ている。

 Privacy Fears Grow as Cities Increase Surveillance
 New York Times: October 13, 2013
 http://www.nytimes.com/2013/10/14/technology/privacy-fears-as-surveillance-grows-in-cities.html

深刻な社会問題として受け止められているようだ。

しかし,最近,私は,自分の見解を少し改めた。

それは,世界中どこの国家も自治体も非常に貧乏になってしまったということに起因している。

監視用モニタを運用する費用を捻出することができなくなる日がじきにやってくる。

|

« SecureDrop | トップページ | タブレット型PCは早くも廉価品の時代に突入? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« SecureDrop | トップページ | タブレット型PCは早くも廉価品の時代に突入? »